見出し画像

安里屋ユンタとは?

沖縄の民謡で一番有名な「安里屋ユンタ」

サー君は野中のイバラの花かー サーユイユイ
暮れて帰れば ヤレホニ 引き止める
マタ ハーリヌ ツンダラ カヌシャマヨー

この歌詞を改めて解説しますと、、

あなたは野原のイバラの花でしょうか?
日が暮れて帰ろうとすれば引き止める

男性が女性に会いに行って日が暮れたので帰ろうとすれば女性が引き止める
という情景ですね。

ヤレホニっていうの標準語ですが古い言葉でよくわからないですけど
やれやれ 本当に という感じでしょうか。

マタ ハーリヌ ツンダラ カヌシャマヨ

このマタは繰り返しのマタ
ハーリヌ はハーリ(お囃し言葉)の
ツンダラ は「可哀想」という意味ですが「可哀想」と「可愛い」はもともと同じみたいです。ここでは「可愛い」ですね。
カヌシャマヨ は「愛(かな)しゃ」よ で可愛い人よ

「マタハリ」なのでインドネシア語からきている。なんていう珍説があるけど、戦中に「マタハリが死んだら神様よ」という替え歌があったのでそれと混同していると思われますね。

安里屋ユンタの歌詞は標準語で作られています。これは1934年にコロンビアレコードで録音されたもので作詞は星克(ほしかつ)さんという石垣島の方です。

こちらで少し聞くことができます。


驚いたことにピアノとヴァイオリンの演奏です。三線入ってません。
沖縄の民謡を録音するにあたって洋楽風で標準語のアレンジも入れてみようとなったのかもしれないないですね。全国的に知られているので初めてヒットしたオキナワソングではないかと思います。
あとちなみにSP盤っていうのは蓄音機のことですね。

この「安里屋ユンタ」の元歌は八重山民謡の「安里屋ユンタ」です。タイトルが同じなので紛らわしい。標準語バージョンは「新・安里屋ユンタ」にすべきでしたね。


安里屋のクヤマちゃん。美しく生まれたよ。
首里から来た役人の目指主(みざししゅ)が賄い女(現地妻)に欲しいと言った。「与人親(あたりょうや)」も欲しいと言ったよ。首里から来た役人の目指主(みざししゅ)が賄い女(現地妻)に欲しいと言った。「与人親(あたりょうや)」も欲しいと言ったよ。クヤマ「目指主も与人親も私は嫌ですよ。どうして嫌かと言いますと私は島の男と一緒になりたいのです。それが島のためになるのです。」クヤマ「目指主も与人親も私は嫌ですよ。どうして嫌かと言いますと私は島の男と一緒になりたいのです。それが島のためになるのです。」
当時は人頭税といって離島は首里王朝から過酷な税金を取られていたので賄い女になればそれも免除、畑ももらえるとセレブ待遇だったのにそれを断った。クヤマちゃんは偉いね!という歌です。当時は人頭税といって離島は首里王朝から過酷な税金を取られていたので賄い女になればそれも免除、畑ももらえるとセレブ待遇だったのにそれを断った。クヤマちゃんは偉いね!という歌です。
男女が交互に歌っていますね。これがユンタ(結歌)なんです。畑仕事しながらみんなで歌う歌です。
男女が交互に歌っていますね。これがユンタ(結歌)なんです。畑仕事しながらみんなで歌う歌です。

しかし!これにもさらに元歌があったのです。
オリジナルの安里屋ユンタとは竹富島の民謡です。
友人の竹富島の萬木忍が歌います。

目差主(みざししゅ)が安里屋のクヤマちゃんを賄い女に欲しいと言った。
しかしクヤマはもっと上の役職の「与人親(あたりょうや)」がいいと断った。ガッカリした「目差主」はそのあとに「イスケマ」ちゃんにお願いしたら「OKよ」ということで、大事に持ち帰ったとさ。という内容です。

なんと最初の安里屋ユンタの主人公は役人の「目差主」だったのです。びっくりです。おそらく本当にこういうことがあったんだろうというような歌ですね。

お囃子もハーリヌ チンダラ チンダラヨー となってます
カヌシャマヨは後から付け加えらたのかなと思いきや
これは竹富の集落の東バージョン。元歌は西なんだそうです。
そこでは「チンダラ カヌシャマヨー」だそうです。
(もうどこまで元歌があるんだ、、、)
合いの手で繰り返す時に「マタ」ハーリヌ 
なのでマタとハーリヌは別々なんですね。インドネシア語のマタハリ(太陽)とはやっぱり関係ないですね。

まとめると安里屋ユンタは3つ

竹富島のオリジナル
(西)「ヒヤ安里屋ぬクヤマ〜チンダラ カヌシャマヨー」
(東)「ヒヤ安里屋ぬクヤマ〜チンダラ チンダラヨー」

八重山民謡バージョン「サー安里屋ぬクヤマ〜ツンダラ カヌシャマヨー」

標準語バージョン「サー君は野中の〜」

一番有名な標準語バージョンでは元歌と全く関係のない内容になってクヤマちゃんも出てきませんが「サーユイユイ」や「マタハーリヌ チンダラ カヌシャマヨー」は残った。お囃し言葉ってすごいなと思いますね。

そして実はもう一つバージョンがあります。
「安里屋節」

安里屋ユンタは庶民の歌う労働歌ですがこれが八重山の士族の中で「節歌」として作られました。節歌は何かというと士族が三線に乗せて歌う歌です。つまり元のユンタは三線がなくて手拍子なんかで歌うんですね。高価な三線は宮廷音楽、士族のものなのでもともと庶民にはありませんでした。メロディは全く違うので歌詞だけ使った感じです。もともと士族を茶化すのが安里屋ユンタだと思うんだけど、、それを士族側が採用したってことなんでしょうかね?不思議な感じがしますが。こちらはツンダラはなくて代わりにウヤキ(富貴 金持ち)ヨーヌ ユバナウレ(世ば直れ)が入ります。世も栄えてよくなれーみたいなお囃子言葉です。

そのクヤマちゃん。ちゃんと実在の人物です。与人の賄い女となり与人が首里に戻る時に畑を献上され77歳まで生きたようです。独身で子供はいないと思うけど。いたとしても与人が首里に連れていっちゃうんだろうなあ。残されたクヤマの人生幸せだったんだろうか。間引きで殺される子供を引き取って育てたという話がある。ほんとだろうか?
竹富島グーグルマップで生誕の地を見ることができます。お墓もあります。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
1968年、宮古島生まれ首里育ち。東京在住ミュージシャン。イチャリバーズで年間ライブ150本。二胡、絵画、平和、フレブル、お問い合わせ、出演依頼、三線教室、個人レッスン、 はこちらへe-Mail toyobox@yahoo.co.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。