見出し画像

漲水のクイチャー

ぱる水のクイチャー

保良真牛 沖縄から 上り参ばヨ
ヤイヤヌ ヨイマーヌーユ 
上り参ばヨ ニノヨイサッサイ
漲水の舟着ぬ砂んなぐぬヨ
粟んななり米んななり上りくばヨ 上がりくばヨ 
島皆ぬ三十原ぬ兄小達やヨ
ピラ取ぅらだ 鍬(カニ)や押さだゆからでぃだらヨ 
大神グス フヂ 並び折波小ぬヨ 
糸んちゅなり かしんななり 上がりくばヨ 
島皆ぬ 三十原ぬ 姉小達やヨ
苧麻やんうまだ 綛掛だ  ゆからでぃだらヨ

宮古島の人々を長い間苦しめた人頭税。明治になっても続いていた。そこにやってきた新潟出身の中村十作。宮古の農民達の窮状を放って置けず真珠の養殖のための資金を人頭税廃止運動に注いだ。那覇の城間正安、宮古の保良村の平良真牛、福間村の西里蒲らとともに東京に上京。帝国議会に働きかけ10年の年月をへて1903年ついに人頭税は廃止されることとなった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1968年、宮古島生まれ首里育ち。東京在住ミュージシャン。イチャリバーズで年間ライブ150本。二胡、絵画、平和、フレブル、お問い合わせ、出演依頼、三線教室、個人レッスン、 はこちらへe-Mail toyobox@yahoo.co.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。