三線持ち方

左手で棹を持たない

三線の基本的な持ち方です。
大事なことは「左手で棹を持たない」ってことです。
左手で持つと左手が自由に動かないのです。これはエレキギターもアコースティックギターもみんな一緒なんです。
なるべく右手だけで支えましょう。右手をだらんとさせて右手の重みで三線をバランスよく固定する感じです。三線の胴を体の外側に置く感じです。蛇皮の裏面をお腹には当てません。右手の力でギューっと力んで挟まないように。力を抜いた状態で三線を固定してください。うまく三線が固定できると、左手が自由に動くようになります。結構難しいので最初はできなくても大丈夫です。なかなか慣れないと思いますので、開放弦を弾くときは左手を棹をから離してみてください。いつの間にか左手で棹を持っちゃってると思いますので、時々思い出したように左手を離してみてくださいね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
1968年、宮古島生まれ首里育ち。東京在住ミュージシャン。イチャリバーズで年間ライブ150本。二胡、絵画、平和、フレブル、お問い合わせ、出演依頼、三線教室、個人レッスン、 はこちらへe-Mail toyobox@yahoo.co.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。