九州ファシスト党〈我々団〉座談会「〝助成金アートの首領〟を弾劾する!」(もくじ)

 【外山恒一の「note」コンテンツ一覧】

 「九州ファシスト党〈我々団〉」の党員3名(外山、山本桜子、東野大地)による座談会である。2015年8月20日におこなわれ、紙版『人民の敵』第11号に掲載された。
 山本と東野は党内の「芸術部門」を称して、その機関誌『メインストリーム』の発行を2011年9月に開始した。彼らがとりあえず攻撃対象として設定したのが、「地域アート」などと総称される、行政などからの助成金に依存し、市街地活性化など〝街おこし〟〝地域おこし〟に貢献することを謳う全国各地の大小の芸術(とくに〝現代美術〟)イベントであり、その旗振り役とされる東京芸大教授・中村政人氏である。
 実は、2人が「地域アート」を問題視して何やら動き回っていること自体はもちろん外山も把握していたが、それが一体どのような〝問題〟なのか、そして彼らがその〝頭目〟と見なす中村政人氏とは一体どのような人物なのか、詳しい話を2014年11月に初めて聞いたのが、すでに公開した「現代美術シーンという“原子力ムラ”」である。
 この座談会はその9ヶ月後に改めて、彼らの闘争状況や問題意識の変化について聞いたもので、このさらに1年以上後(2017年3月)に、これまたすでに公開済みの「“助成金まみれアート業界”を叩き潰すための作戦会議」がおこなわれた、という時系列となる。

 その1(原稿用紙20枚分・冒頭9枚分は無料で読める)
 インチキ漢詩ごっこ
 〝助成金アートの最高司令官〟中村政人氏
 もはや〝美術〟シーン総体がウサン臭い
 そもそも世界の〝美術〟が総じてヌルい
 我々こそが国際指導部である

 その2(原稿用紙22枚分・冒頭11枚分は無料で読める)
 〝オリンピックに貢献する(したい)〟現代アート
 〝助成金アート〟を日本各地に移植する策謀が……
 アートで街は〝街おこされ〟てるのか?
 山本桜子の〝ガッツある〟単身決起

 その3(原稿用紙27枚分・冒頭11枚分は無料で読める)
 美術シーンから広告ギョーカイ人を排除せよ!
 むしろ真に〝役に立つ〟芸術イベントを考えてみる
 地方Fラン芸大の〝現代アート〟講座
 赤瀬川原平の業績を台無しにする中村政人氏
 シールズ絶賛派と〝助成金アート〟礼賛派は一緒?

 その4(原稿用紙26枚分・冒頭12枚分は無料で読める)
 中村政人氏の話に真摯に耳を傾けてみる
 ダダ&シュルレアリスムと〝民主芸術〟
 〝助成金アート〟は物理的に叩き潰すしかない
 〝賑わいを創出〟したきゃ芸能人でも呼んでろ
 被災者をダシに使う〝復興支援〟アート



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
革命家。マルクス主義、アナキズムを経て03年よりファシスト。福岡市在住。九州ファシスト党〈我々団〉総統。サイト「外山恒一と我々団」(link: http://bit.ly/1wp0Ggi)

こちらでもピックアップされています

「ファシスト党〈我々団〉」党員座談会シリーズ
「ファシスト党〈我々団〉」党員座談会シリーズ
  • 4本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。