見出し画像

徹底的な低コスト投資家が気にする、投資のコスト kenzさん

 個人投資家の方々に、投資遍歴から投資に対する考え方まで聞いていくインタビュー企画「個人投資家列伝」。第7回は、徹底的な低コストを意識してインデックスに投資するkenzさんに話を聞いた。

※kenzさんのブログ「インデックス投資@川崎」

アクティブファンドはインデックスファンドにコストで勝てない

 「もともとは定期預金だけだった。ネットバンクだと普通よりも高めの金利だったので預けていて、元本保証しか知らなかった。それ以外は、株といえばチャートを見て売り買いする短期売買だと思っていた」

 大手メーカー勤務のエンジニアのkenzさんは、東京近郊で奥さんと2人で暮らす40代だ。資産といえば、定期預金。それが普通だったkenzさんだが、2007年に勤務先の会社が確定拠出年金(401k)を導入したことで、投資に目覚めた。現在は数千万円の資産を運用している。

 「1カ月で資産配分を決めて入力しろと言われた。土日に検索して調べると、インデックス投資ブロガーの記事がたくさん見つかって、読んだ。これは、やらなきゃダメだと思った。アクティブファンドよりインデックスファンドのほうがコストが安くて分散されているので、長期で利益が出やすい」

 調べた結果、たどり着いたのがインデックス投資。その大きな決め手は低コストだった。kenzさんのブログは「インデックス投資日記@川崎」だが、実はお眼鏡にかなうアクティブファンドがあれば、それを買ってもいいと話す。

 「参考指標ではなく、ベンチマークとなる指標を明示しているアクティブファンドは少ない。そしてコスト。なぜインデックス投資をやっているかというと低コストだから。アクティブファンドがどう頑張ろうが、インデックスにはコストで絶対勝てない」

 インデックスファンドが、TOPIXやS&P500などの指数に連動して受け身で銘柄を選んで買うのに対し、アクティブファンドはファンドマネージャーが企業や市場を分析して、購入する銘柄を選ぶ。腕のいいファンドマネージャーならばインデックスファンドよりも良い成績を上げることも可能だが、どうしてもコストは高くなる。

手数料だけでなく税金もコスト

 kenzさんのコストへのこだわりは徹底的だ。新たに購入するインデックスファンドは、毎年かかるコストである信託報酬を重視する。以前はカブドットコム証券の「フリーETF」という売買手数料無料の仕組みも使っていたが、現在は投資信託に集中している。

 「ETFはまとまった値段で買わないと手数料負けするが、フリーETFを使うと手数料が無料なので、10口ずつ指値をして買えたら買うというのが好きだった。ただ、今はインデックスファンドの信託報酬が安くなって逆転した」

 配当についても、税金というコストに注意すべきだと話す。日本では配当金や分配金には約20%の税金がかかる。ところが投資信託では、配当や分配金を出さずに再投資するので、税金分を複利で運用することができるからだ。


 「日本のファンド(投資信託)の税制は良くて、米国だと税引き後の配当を再投資するが、日本だと配当の税金を払うことなく再投資できている。なるべく分配金をもらわないで再投資するのが重要。信託報酬のコンマ数%の違いよりも、税金のほうが大きい」

 この税払いを極力避けるため、実はkenzさんのポートフォリオは複雑だ。投資を始めてから10年、その時々で最良のファンドを購入してきたが、年を追うごとに優良なファンドが登場してきたためだ。新たに買い増すファンドは変わっていくが、過去に購入したファンドは、含み益への課税を嫌い、売却せずに保有し続けている。

無リスク資産のうまい活用で信託報酬分を取り返す

 kenzさんは、資産の半分を預金などの無リスク資産にしており、ここでもコスト感覚を遺憾なく発揮している。ブログ上では、インデックス投資に関連した情報以外に、「ネット銀行定期預金金利比較」などの最新情報を頻繁に掲載している。これは無リスク資産を放っておくのではなく、リスクゼロの運用をしっかりやるべきだという考えからだ。

 例えば、ネット銀行の短期定期には金利0.3%のものもあるし、証券口座と連携させることで普通預金でも金利0.1%となる銀行もある。新規口座開設のキャンペーンなどもうまく活用すれば、無リスク資産でもコンマ数パーセントのリターンを生むことができる。これはちょうどインデックスファンドの年間信託報酬に近い。

 「無リスク資産も定期預金などを使って、リスク資産の信託報酬くらいは取り返そうよ」

 リスクを取らずにリターンは上がらない。しかし、投資にまつわるさまざまなコストは、確実にリターンを削っていく。コンマ数パーセントの違いでも、長期に複利運用した場合、大きな違いになる。たとえば1000万円を20年間運用した場合、0.1%の信託報酬の違いで利益が50万円程度変わってくる。コストに徹底的にこだわるkenzさんの姿勢は誰もが参考になる点だろう。

最も低コストな投資先は? kenzさんのポートフォリオ解説

 コスト重視のインデックス投資に向けて、シンプルながら骨太の考えに基づいたkenzさんのポートフォリオを、積み立て中の銘柄を中心に紹介しよう。

無リスク資産の比率は50%

 まず、無リスク資産(現金同等物)の比率はちょうど半分、50%にしている。無リスク資産の比率をどのくらいにするのがいいかはいろいろな考え方があるが、大きなリターンを取りたいから無リスク資産の比率を小さくするのはやめたほうがいいとkenzさんは話す。

 「利回りが何%ほしいからと逆算すると、無茶しちゃう。リーマンショックの経験から、リスク資産は最大で60%減になる。全資産がそこまで減るのは、私には耐えられない。25%下落なら耐えられる。逆算すると無リスク資産は50%」

アセットアロケーションは世界の株式時価総額に基づいて

 投資先の性質(資産クラス)ごとに、投資配分を決めていくことをアセットアロケーションという。kenzさんは、「世界の資本主義の比率に合わせて株式がほしい。米国が時価総額の半分以上を持っているので約半分。日本が約10%。好みで新興国の比率を増やしたのと、物件からの賃料が入ってくるREITという仕組みが好きなので5%入れている」と説明する。

 年金基金などでポートフォリオに必ず入っている債券については、現在組み込んでいない。

 「外国債券は為替リスクが高い。外国債券の価格が上がっても、為替がもっと大きく変動する。債券を入れることで分散になるのは分かっているが、意味がないのではないか。為替のリスクに債券のリターンは見合わないだろう」

 ただし一時期は、国内債券のファンドも持っていたという。日本国債はほぼ利回りがゼロに近い商品だが、債券は金利の上下によって価格が変動するという特徴を持っている。つまり、金利が下がれば債券価格は上昇する。
 
 「昔は国内債券ファンドを持っていた。10年前から2割くらい上がっていた。金利が下がるほど債券の価格は上がる。年間3〜4%で上がってきていた。マイナス利回りになって、(これ以上の金利下落は難しいと思い)さすがに売却した」

 続いて、各資産クラスで何を買っているのかを見ていこう。

先進国株式


 先進国株式は、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスだ。購入手数料がかからないノーロードファンドであるだけでなく、業界最低水準の運用コストを目指すというポリシーを持っている。2018年7月には信託報酬の引き下げを行い、0.1095%から0.1090%(税抜き)に引き下げた。「他社類似ファンドの運用コストに注意を払い、業界最低水準の運用コストを目指します」とうたっている。
 
 「ちょっと前まではニッセイ外国株式インデックスファンドが(信託報酬の安さで)最強だった。後で出てきたので、今はeMAXIS Slim 先進国株式インデックスを買っている。日本を除く先進国の平均株価指数であるMSCIコクサイがベンチマーク」

日本株式


 日本株式は、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)。TOPIX指数がベンチマークだ。先進国株式と同じポリシーで低コストが特徴。信託報酬は2019年2月にも変更となり、0.159%から0.155%(税抜き)に引き下げられている。

 「ETFではTOPIX上場投信(1306)(信託報酬 0.11%)などもあるが、配当を出さないeMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)を買ったほうがいい。コスト追随を宣言しており信託報酬の安さで選んでいる」

新興国株式


 新興国株式は、現在目標アセットアロケーション15%に対し、保有比率が16%と上回っているので追加の購入を行っていない。ただし購入するなら、やはり信託報酬が最安のeMAXIS Slim 新興国株式インデックスを購入予定だという。信託報酬は0.189%。

国内REIT


 国内REITは、信託報酬最安(0.25%)だったニッセイJリートインデックスファンドを保有。今後は、Smart-i Jリートインデックス(0.17%)への切り替えも検討中だという。

海外REIT

 海外REITは、ニッセイグローバルリートインデックスファンド(0.27%)を保有中。今後は、より信託報酬の安いSmart-i 先進国リートインデックス(0.2%)も検討中だ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
人生100年時代といわれる中、国や会社に頼らず、自分でお金について考えるための情報を提供します。 運営:アイティメディア(株) http://www.itmedia.co.jp/news/subtop/features/money/