見出し画像

【投機の流儀 セレクション】長期の見方の一つとして上場来安値を付けた日銀株

日銀株は現在ジャスダックに上場している。21日に3万300円を付けて上場来の安値を更新した。

将来のためにここでひとこと付言しておく。
日銀株(8301)は普通の株とは少々違う。しかし、何年に一度は大きな投資妙味がある。1949年東証再開と同時に再開し、店頭市場というところに上場したが今はジャスダックに上場している。資本金は1億円で政府が55%の筆頭株主である。したがって絶対に破綻はさせない。株が大暴落すれば今まで大量に買ってきたETFが下がるから債務超過になる可能性はある。一国の中央銀行が債務超過で上場廃止となれば諸外国はどう見るだろうか?
楽しみでもある。楽しみだ、などと、平気で述べる者は「非国民」(第2次大戦中に使われた標準語)だ、という人は筆者に言わせれば正義感依存症候群を患っている人だ。

将来のためにひとこと付言しておく(筆者が実行したことだ)。
この株は普通は動かないが、金融政策の大変化があった時に大幅に動く。安倍政権が誕生して「三本の矢」で第一の矢が「大胆な金融政策」とあったので筆者は3万円台でこれを買い、短期間で7万円台で売ったことがある。拙著にその詳細を開示した。その後は再び3万円台に戻って無相場になってしまった。本来は無相場の株であるが、金融政策の大変化があった時に大幅に動く。

アベノミクスが始まる前は3万円台だったものが安倍政権が12年12月に成立して翌年3月には9万4000円を付けた(約4年半ぶりの高値だった)。3万円台が9万円台になる。今すぐ買えという意味ではない。金融政策の大変化があった途端に2倍になるから、その予兆(金融政策の大変化の予兆があった直後で、株価が上昇する先に買うのだ。これこそ筆者のよく言う陰流の極意であるところの「後の先(ごのせん)」である。その時のために今から付言しておく。

【今週号の目次】
第1部 当面の市況
第2部 中長期の見方
第3部 ゴーン氏が仕掛けた情報戦、これに迂闊に乗った日本のメディア(特に朝日新聞)と森雅子法相の愚かさ
第4部 景気循環、そのサイクルから考える見方(株価変動で言えば専ら日柄から見る見方)


【プロフィール】
山崎和邦(やまざき・かずくに)
1937年シンガポール生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。野村證券入社後、1974年に同社支店長。退社後、三井ホーム九州支店長に、1990年、常務取締役・兼・三井ホームエンジニアリング社長。2001年、同社を退社し、産業能率大学講師、2004年武蔵野学院大学教授。現在同大学大学院教授、同大学名誉教授。大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は現職の投資家。投資歴57年、前半は野村証券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築、晩年は現役投資家で且つ「研究者」として大学院で実用経済学を講義。
趣味は狩猟(長野県下伊那郡で1シーズンに鹿、猪を3~5頭)、ゴルフ(オフィシャルHDCP12)、居合(古流4段、全日本剣道連盟3段)。一番の趣味は何と言っても金融市場で金融資産を増やすこと。
著書『投機学入門』『投資詐欺』(講談社)など多数。

ツイッター https://twitter.com/toukinoryugi

【著書】
『賢者の投資、愚者の投資』
https://amzn.to/2AebYBH
『投資で勝ち続ける賢者の習慣』
https://amzn.to/2vd0oB4
『投機学入門 不滅の相場常勝哲学』(電子書籍)
https://amzn.to/2AeQ7tP
『会社員から大学教授に転身する方法』(電子書籍)
https://amzn.to/2vbXpZm
その他、著書多数。以下よりご覧ください。
https://amzn.to/2va3A0d

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
証券業界の第一線で活躍し、現在大学教授として投機学を講授。バブルやリーマンショックなど乱高下する相場を好機と見て資金を増やし、現在約6億円を運用しています。直近の相場の概況と展望を語っていきたいと思います。

こちらでもピックアップされています

投機の流儀 セレクション
投機の流儀 セレクション
  • 107本

メールマガジン配信大手の「まぐまぐ」で好評を博し、堀江貴文氏(ホリエモン)と並んで2年連続「メルマガ大賞」を受賞、殿堂入りした週報「投機の流儀」。 人生の前場をセルサイドとして、後場をバイサイドとして、そして現在は研究者として。 半世紀にわたって利益を出し続け、6億円もの運用益を稼ぎ出した哲人投資家の奥義を、伝授します。 セレクション版では、「週報 投機の流儀」の中から一項目を、皆様に共有いたします。 投資歴半世紀を越える経験から培った相場観、ぜひともお役立てください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。