見出し画像

あの時フラれてよかったと思う女性の話

今回は、僕個人の学生時代の恋愛の話を書かせていただきます

きっとあなたの恋愛にも何かお役に立てるかもしれないので、もしよければ最後までお付き合いいただけると嬉しいです

**サークルで知り合ったMさん **

僕は大学に入学してから2年生の終盤まで、イベント運営のサークルに所属していました。そのサークルでMさんという女性と知り合います

家が結構近い、話がかなり合う、そして楽しいということもあって僕はMさんのことが気になっていました

大学入学当初の僕は恋愛に対してかなり消極的でしたが頑張って親しくなり、なんとか食事に行く約束をすることができました

ある日、一緒に食事をしている時に僕はそれとなく聞いてみたんです

「そういえばMって彼氏はいるの?」

対してMさんの答えは、

「いないけど…気になっている人はいる…」

という返答でした。

その人はサークルの先輩Aさんで、僕もよくお世話になっていた方でした

この時、僕はかなりショックを受けてしまい、その後はたわいもない会話しかできませんでした

**諦めずにアプローチをする **

まだお付き合いには至っていないということは、頑張ればまだ希望はある

当時の僕はそう考えていました

なので、誕生日にちょっとしたプレゼントをしたり、恋愛本やサイトでアプローチ方法を調べたりするなど、自分のできることはなんでもやってみました

Mさんも、僕が異性としてアプローチをしていることには薄々気づいていたらしく、Mさんの方から今度はデートに誘ってくれたんです

僕はそれが嬉しく、当時はかなり舞い上がっていました

今までの努力が実ったと心から思い、今度のデートで告白しようと決心しました

**努力が実るとは限らない **

画像1

デート当日

新宿駅で待ち合わせをし、予約したお店で食事をし、その後はカフェに寄って1時間程おしゃべりをしました

その後は電車に乗ってお互いの自宅方面へ

最寄り駅が一駅しか変わらないくらい家が近くなので、Mさんの最寄り駅の1つ手前で降りて歩こうという話になり、電車を降りました

駅を出て、川沿いを歩きながらたわいもない話をしていました

周りに誰もいない、しかも夜でとても静か

とてもいい雰囲気になってきたので、僕は立ち止まり、

「好きです。付き合ってください」とはっきり伝えました。緊張のあまり足がガクガク震えていたと思います

そして、Mさんの答えは

「気持ちは嬉しい…けどごめんなさい…」

という答えのあとMさんは続けました

「実は先週、Aさんから告白をされたんだ。それでお付き合いすることになったんだけど、とうげつにはなんて言おうかずっと考えていたの。今日何度も言うチャンスがあったのに…本当にごめんなさい…」

と、完膚なきまでにフラれてしまいました

確かその後2日は学校に行かずに凹んで、サークルも1週間は休みました

サークルで会っても、もういつものように会話をすることは出来ず、気まずい雰囲気になってしまい、その後サークルを辞めるまでMさんと関わることはありませんでした

**正直フラれてよかったと思う **

現在、大学を卒業してからもう1年が経とうとしています

大学時代の人たちとつながっているツイッターアカウントは、今でもたまに見ます(基本は閉じています)

先日タイムラインを見ていたら、Mさんのツイートが流れてきました。

大学を卒業後、地方の会社に就職したのは間接的に聞いたのですが、本人のツイートを見るのはかなり久々

ちょっと気になったので直近のMさんのツイートを見てみたんです

中身を見ると、

**人生疲れたーとか、
酒飲みすぎてやばい笑
仕事辞めてー
久々に吐いた **

といったツイートばかり

大学時代、ツイートではこんなことは呟いていなかったのですが、当時のイメージとは全く違う人になっていました

素がついにでたのか、性格がガラッと変わってしまったのかは定かではありませんが、これを見て、僕はあの時フラれてよかったなと思いました

**あの時フラれてよかったと思える時はきっとくる **

画像2

勇気を出して告白をした。それはとてもすごいことで、誇っていいんです

しかし、うまくいくかどうかは相手に委ねるしかありません。もちろん、失恋してしまうこともあります

ですが、失恋をしたからといって人生は終わるわけではありませんし、むしろあの時フラれてよかったなと思える時が来るでしょう

なので気になる異性がいるならどんどんアプローチしてください。失敗は必ず素敵な出会いを生みます

少なくとも僕はそう思っています

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
新卒就活に失敗し、自立のために現在はブロガーと4年目のカフェのマネージャーとして働いています☕️/カフェスタッフとして身につけた会話のテクニックや人との接し方、恋愛についてブログで発信しています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。