見出し画像

2020/02/11 MCバトル、ええで。【106】

俺が初めてMCバトルというものを見たのは、2015年。日本一ラップが上手い高校生?みたいなタイトルでYoutubeに上がってた動画やった。内容は第5回高校生ラップ選手権の決勝戦、RACK vs YZERRの試合。後にこのYZERRは兄のT-Pablowやそのほかの面々と共にBADHOPというクルーで楽曲を出していて、今じゃ日本のhiphopシーンを牽引する存在になっている。RACKも音楽活動は今でも続けており、古くからいるRapperとして界隈では有名。

そんなことがきっかけでMCバトルにハマってかれこれ5年くらい経つけど、俺がハマった当時よりも市場は何倍にも大きくなってて、小学生からおじさんまでマイクを握って言葉と音で戦ってる。陽キャの高校生とかだったら結構マストで流行ってるんじゃないか?ってくらいの規模なんじゃないかな。

そんなMCバトルは、少し前であれば現場に行って観に行くか、デカい大会のDVDが発売したら買って観るくらいしか触れるところが無かったけど、最近はYoutubeで公式がバンバン動画上げているので、興味持った人とかが入りやすい環境にはなっている。しかし、MCバトルはhiphopが土台の文化なので動画とかで入るような人たち(所謂ネットなので現場に来ないで批判するような人、リアルじゃない人)を見下すような風潮も少なくなってきてはいるけど多少は存在する。

まあでもMCバトル自体はすごく面白くて是非これを見てる人にも勧めたいので、今日は俺のオススメのMCバトルを紹介していく。Youtubeに存在するやつの中から紹介するので比較的新しめの奴ばっかになるけどそこは許してちょ。

1.Lick-G vs MOL53/戦極MCBATTLE第15章(2016.11.06)@BEST BOUT1

この戦極っていう大会はMCバトルの中では恐らく一番か二番目に有名な大会で、歴史も長く、全国から多くのMCが参加する。そんな大会の一試合、当時若手最強と名高いLick-Gと、古くからMCバトルのシーンで強者として名を連ねるMOL53(現在はRAWAXXX)のバトル。この二人は肥大していっているMCバトルの環境で、中身のないMCが増えた事に対して何か思うことがあったり、流れるビートに対してのアプローチが数多くのMCの中でも特に優れており、気持ちの良いラップをする。仲が良いわけではないけど、お互いの実力を認め合っているといった関係性。(クソ偏見)

そんな二人がゴリゴリのビートでバトルするんだからベストバウトにもなるよね。っていう感じ。

MOL53の曲

Lick-Gの曲

2.藤KooS vs キョンス/戦極CrossoverⅢ(2018.12.31)

共に若手で実力派の二人。芯のある言葉をグサグサ刺していくというよりかは気持ちよすぎる音の乗り方で現場の空気を掻っ攫っていくタイプ。そんな二人のイケイケな空気感でのバトルは何処を切り取っても聞き心地がよく、何回も再生してしまうところがフロー系のMC魅力。

キョンスの曲

藤Koos(現在はFuma no KTR/八咫烏)の曲

3.百足 vs FRANKEN/戦極新年杯 2019(2019.1.04)

00世代と呼ばれるMCバトルに新しい風を吹かした世代の代表格の百足。そして最近になってバトルシーンに復帰したFRANKENの一戦。このバトルは多彩な乗り方をかっこよくこなす百足と、普段は少しバカにされているFRANKENの早口が謎の相性の良さで面白く、そして何故かかっこよくなっている。

百足の曲

FRANKENの曲

4.ULTIMATE MC BATTLE2017 THE CHOICE IS YOURS MU-TON vs 輪入道

2017年はMu-tonの年と言っても過言ではないくらいMu-tonが飛躍した年だった。正直Mu-tonはこの2017年のUMBまで知らなかった。でもそれ以降どこのバトルでも現れて優勝を掻っ攫っていくような実力派MCとして一世を風靡した。輪入道は昔から多くの大会に参加しておりどの試合もベストバウトにしてしまう実力がある。そしてなによりの武器は熱さと説得力。ノリのMu-tonと熱さの輪入道が相対するこのバトルは延長、そして再延長と互角のバトルを繰り広げた。

Mu-tonの曲

輪入道の曲

5.ID vs 句潤/戦極MCBATTLE第19章 (2019.3.31) 公式BESTBOUT2

ACEと同じようなMCと呼ばれていたIDだったが、多くのバトルシーンに出るたびにベストバウトを残していき、いつの間にか出ると絶対に良い試合を残すシーンに必要なMCとなっていった。外国人特有の音楽性の持ち主でノリノリのビートに乗らせたら最強格の一人。見た目とは裏腹に人柄がよく、人格者で、Peaceな試合が多く、人としてが好きな人も多い。一方で句潤も日本人離れした音楽性の持ち主で声色も好きという人も多い。IDと同様ノリノリのビートに乗らせたら最強格であり、この二人のバトルはお互いを罵倒せず、客をノリノリにさせたほうが勝つといった、楽しいバトルになる。

IDの曲

句潤の曲

正直ほかにもたくさん良いバトルはあって、呂布カルマ vs Ry-laxとか、ふぁんく vs MC松島とか、R指定からしうた君まで正直全部乗せてたら俺が死ぬし、Youtubeにもないのも沢山あるので興味持ったら是非現場に足を運んで、声上げて勝敗決めてみてくださいな。バース集とかは比較的入りやすくてそのバトルで出た一番いいところを切り抜いてあるので是非見るのをお勧めする。

MCバトルを取り上げてるチャンネル

今日の結論、

臭さに慣れればめちゃめちゃ面白いよ。マジで。

ほな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

結婚したのか?俺以外の奴と。
1
専門学校を留年した二十歳。毎日個人日記をシェア。1万PV行ってしまいました。インターネット小学生。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。