見出し画像

エンゲージ・リンク【Sample/投銭モデル】

下のA~Dは、それぞれ1~9のいずれかの数字を表しています。同じ記号は同じ数字、違う記号は違う数字を表しているとき、A,B,C,Dはそれぞれ何でしょう。

※ 本記事は投銭モデルを採用しております。解答・解説まで無料で閲覧できます。

答え:

4つの数字を1つずつずらす、つまり、「1/4回転」させているわけですが、この「1/4回転」にはよく関連付けられる数学ネタがあります。

それは、複素平面上において、「1/4回転」が「iをかける」ことを表している、ということです。(「i」というのは2回かけると-1になる数のことです。)

「i(愛)で結ばれた2つの数式」というと、なんだか素敵な感じがしませんか。

・解き方のポイント

基本的には、1つ目の式のA×Bにさまざまな組合せを入れてみて、そうして確定したA,B,C,Dの組合せが2つ目の式にうまく当てはまるかどうかを調べていきます。うまくあてはまるものが見つかればそれが答えです。たとえば、Aに6、Bに7を入れてみると、6×7=42となります。しかしこれを2つ目の式に入れてみると、7×4=26となるので、この組合せは正しくないとわかります。

すべての組合せを調べるのは面倒ですので、ある程度は候補の絞り込みが必要です。(たとえば「AやB、Cには1が入らない(かけた答えが2桁にならないので)」「AやB、Cには5が入らない(かけた答えの1の位が0か5になってしまうので)」など。)

※ その他の問題は、以下のリンクからどうぞ。(解答・解説の閲覧は有料ですが、問題は無料でご覧いただけます。)

https://note.mu/toshihiro_oda

~本記事は投銭モデルを採用しておりますので、ここで全文終了です。~

この続きをみるには

この続き: 0文字

エンゲージ・リンク【Sample/投銭モデル】

小田敏弘(Toshihiro Oda)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
数理学習研究所所長。子供から大人までさまざまな「算数・数学」の学習ニーズに対してそれぞれに応じた学習支援を展開している。著書『できる子供は知っている 本当の算数力』(日本実業出版社)、『東大脳さんすうドリル』(幻冬舎デュケーション)など。http://kurotake.net

この記事が入っているマガジン

数理パズル
数理パズル
  • 11本

オリジナルの数理パズル(算数パズル・数学パズル)です。問題閲覧無料、解答・解説の閲覧は有料です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。