ツチヤタカユキ『笑いのカイブツ』

引き続き、本の話です。

先週、オードリーの若林さんの本の話の流れでこの本のことを教えていただき、次の日、本屋で買って、読み始めて3日くらいで読みました。(すごくいい本でした。ありがとうございました。)

ツチヤさんのことは若林さんのエッセイに出てきたのを読んだことがあって、印象かなり強めの話だったので、お名前は忘れてしまってましたが、少し調べてみて、「あー、あの人か!」とすぐに思い出しました。


ツチヤさんはオードリーさんのラジオ(ANN)にハガキ職人として投稿していた方で、若林さんがラジオで紹介していたエピソードが有名→ツチヤさんに「作家とかやらないの?」と誘ったところ、「人間関係不得意」と一行だけ書いたメールの返信が返ってきた。

その後、ツチヤさんは大阪から上京して、作家見習いとして、オードリーさんの仕事(ラジオやテレビのネタ番組の漫才など)の手伝いをして、さらにはオードリーさんの単独ライブに作家として参加していたけれど、ライブの1ケ月前に大阪に帰ってしまいます(作家の仕事の悩みとバイトの悩みともろもろあって)。

このエピソードもラジオでは半分面白おかしく紹介されていましたが、若林さんのエッセイの中ではもう少しシリアスにこのときの話が触れられていました。


ラジオや若林さんのエッセイでは、この上京してから大阪に帰ってしまうあたりまではわかるのですが、ツチヤさんの本では、ハガキ職人になる前のケータイ大喜利に投稿していた時の話から始まって、上京し大阪に戻って以後のエピソードが書かれています。

この本の帯のところには「青春私小説」と書かれています。が、読んだらわかるんですけど、小説というよりは、自伝でありドキュメンタリーですね。

ほかの全てを捨てて笑いに打ち込む感じや、周りの人々や世間とのズレに苦悩し、怒りや失望する感じ、これは小説の設定ではなくて、ツチヤさんそのままですよね、きっと。

小説(創作物)であれば、「主人公のこの設定が嘘くさい」とか「このストーリーが安っぽい」とかそういう批判が出てくるものですが、この本に書かれている内容は基本的には事実しかなくて、小説のように読者の要望に応じて登場人物を変えたり、ストーリーを変えたりとか、そういった変更出来る要素が何も無い。なんだか小説かと言われると違う気がしますし、もし小説の賞があったとしても、応募出来ないような気がします。

実際、cakesで連載していたそうですし、そういった媒体を通してでないと世に出すのは難しかったんじゃないかなという気はします。

そして、個人的にはむしろ、そういった、「小説」じゃない部分にこそ魅力を感じています。

そこに読むべきものがあるならば、自分の経験したことを、自分の言葉で表現するだけで十分。それを創作物として、設定や登場人物を変えて物語を作るのはまた別の作業ですよね。

…。何が言いたかったんだったけ?

そうそう。noteにしても、実際に色々経験した人の生の声を読むことができるのが好きで読んでたりします。

「たとえすぐには受け入れられなくても、発信さえ続けていればいつか誰かに届く」。そういった単純なところに希望を見出させてくれる本でした。

ちなみに、この本の中で、ツチヤさんが岡本太郎の「明日の神話」(渋谷にあるそうです)を見ていると誰も足を止めること無く素通りしてゆくのに気づくという場面があります。そして、死ぬほど努力を重ねてきたのに世間に受け入れられなかった自分の姿を「明日の神話」に重ねる...。この部分、すごく良かったです。

また今後のツチヤさんの今後の活動に期待しています。

#本 #読書 #笑いのカイブツ #ツチヤタカユキ

7
主に音楽、写真、アート、本のこと書いてます。週1くらいで更新中。(ギター/アナログシンセ/レコード/フィルムカメラ/モノクロ写真/現代アート/ラジオ/夏目漱石/散歩/etc...)

こちらでもピックアップされています

その他
その他
  • 39本

その他の話題(カテゴリー分けがはっきりしてきたら整理します)。

コメント (2)
初めまして
私も『笑いのカイブツ』を読みました。かなり、心に刺さりますね。こちらは漫画版もありますよ。
また、ツチヤさんの近況はInstagramで確認出来ますよ。しかし、非公開なので承認される必要がありますのでそれを覚悟してくださいね。
>積み木ちゃん さん こんばんは。ツチヤさん、漫画とあと、文藝春秋からもう1冊出ているのは知っているのですが、インスタアカウントもあるんですね!今のところ一番気になっているのは自費出費(?)で出されている詩集の方で、何がのタイミングで買って読んでみようかなと思っています。インスタはあまり使ってないので無理して見る感じじゃないのですが、そちらで情報発信されているということであれば、自然と情報がフォロワーから漏れ出てくるような感じになれば、ツチヤさんらしくて面白そうです。どちらかというとこの本(「笑いのカイブツ」)の存在に2年近く全く気づかなかった自分にビビってます!コメントありがとうございました〜
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。