新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

LINE公式アカウント(旧:LINE@)活用でよくある質問まとめてみました

こんにちは。LINE API Expertの金谷です。

今や厚生労働省のアンケートでも活用されるLINE。公式アカウントも増加の一途をたどっています。LINE API Expertとして、企業や店舗のLINE公式アカウント活用をサポートしておりますが、メッセージを送信する側から活用について、よくいただく質問をまとめてみましたので、ご紹介させていただきます。

これからLINE公式アカウントの導入をお考えの方、必見です!

LINE公式アカウントの活用に関する『無料オンライン相談会』を開催

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に関する対策に伴い、現在LINEを使った情報配信に注目が集まっています。

◎新型コロナウイルスに関する問合せに対応するLINE公式アカウントを開設
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3075
◎店舗から1日2回まで無料でメッセージ配信!「新型コロナ対応無料配信」機能がリリース
https://www.linebiz.com/jp/column/service-information/20200416/

LINE公式アカウントは、LINEが公開しているAPI(Messaging API)を使うことで、商品や店舗検索、予約や購入、チャットボット、会員証など企業や店舗独自のアプリを開発できます。このような情勢のなか、今LINEを使ったアプリやボットの提供を検討されている方も多いのではないでしょうか。

そこで、そのような担当者の方を対象に、無料でLINE公式アカウント活用(LINE Messaging API etc.)の相談をお受けするオンライン相談会を開催することにしました。

以下のbosyuページからご応募いただけます。
(※予告なく締め切らせていただく場合が御座います。ご了承ください)


よくいただくご質問まとめ(2020年4月現在)

 4月16日から、かんたん募集サービス『bosyu』上で募集を開始させていただき、既に何人かの方とオンライン相談の場を持ちました。

そこで、今回のオンライン相談会とこれまでイベントで登壇した際によくいただいていた質問をまとめてみましたので、ご紹介させていただきます。

個人アカウントとの違いは?

 LINE公式アカウントは、友だちへの一斉配信などビジネス向けの機能が利用できる他、LINEが公開しているAPI(Messaging API)を使うことで、商品や店舗検索、予約や購入、チャットボット、会員証など企業や店舗独自のアプリ開発が可能になります。また個人アカウントの商用利用は利用規約で禁止されています。

ユーザーがアカウントを見つける手段は?

 認証済アカウントは、LINEアプリ内での検索結果に表示されます。

画像1


その他、店頭での販促用ポスターやPOPといったオフライン、WEBサイトやSNSでのQRコードやURL経由といったオンラインでユーザーは友だち追加可能です。

認証済みアカウントとは?

 認証済アカウントのバッジ(青色)が付与されたアカウントです。

画像2


認証済みアカウントの申請は無料でできます。販促用ポスターやPOPなど、友だち集めに有効なツールがDL/発注できる、支払い方法として、クレジットカードに加えて請求書決済が選択可能になるなど、LINE上で利用できる機能が増えます。

料金プランは?

 メッセージ配信数による従量課金です。フリープランであれば、無料で使い始められますので、まずはこちらからスタートされる方が多いです。

画像3

メッセージ配信のカウント方法は?

 LINE公式アカウント管理画面からのメッセージ配信とMessaging APIを使ったメッセージ配信がカウント対象となります。そのため、例えば、ユーザーが何か入力したことにシステムで自動応答する「チャットボット機能」など(以下参照)は、メッセージ配信のカウント対象になりません。

【カウント対象となるメッセージ】
・メッセージ配信(セグメント配信を含む)
・Messaging APIの「Push API」「Multicast API」「Broadcast API」

【カウント対象とならないメッセージ】
・チャット送受信(旧1:1トーク)
・自動応答メッセージ
・キーワード応答メッセージ
・友達追加時あいさつ
・Messaging APIの「Reply API」

絞り込み(セグメント)配信はできる?

 LINE公式アカウント 管理画面 (LINE OFFICIAL ACCOUNT MANAGER)上で絞り込み(セグメント)配信が可能です。選択できる絞り込み条件は以下の通りです。
・性別
・年代
・居住地
・利用しているOS
・友だちになってからの期間で絞り込みが可能

Messaging APIを使うことで、企業が管理する既存のシステム(顧客DBなど)と連携した絞り込み(セグメント)配信の開発も可能です。


以上について、最新情報・詳細情報は公式サイト LINE for Businessをご覧ください。

--

微力ながら、新型コロナウイルス感染拡大により、影響を受けている企業や店舗の方々のお力になれればと考えております。

宜しければTwitterもフォローいただけると嬉しいです!

オンライン相談については、以下のbosyuページからお気軽にご応募ください。(※予告なく締め切らせていただく場合が御座います。ご了承ください)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ありがとうございます!喜びます!
11
テクノロジー×アイデアで世の中に貢献する / Honde Next の共同代表 / LINEの外の人(LINE API Expert '19〜)として、LINEを使ったアプリの企画・開発をやっています / 無断フォロー大歓迎!

こちらでもピックアップされています

LINE関係
LINE関係
  • 3本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。