見出し画像

トレタのCI(Corporate Identity)リニューアルのプロセスを共有します!

お疲れ様です、組織開発部の山王です。

以前にお知らせさせていただいておりましたが、トレタのCI(Corporate Identity)が新しく生まれ変わりました

新しいVISION/MISSION/5つの原則(行動指針)を決定した経緯・プロセスを改めて共有しますので、よろしくお願いします。

なぜCIリニューアルをしたのか

トレタは、外食産業の課題解決を目指す会社です。

創業から約7年、扱うサービスは単一プロダクトから複数プロダクトへと変わり、社員数も約150 名の規模へ拡大するなど多くの変化がありました。

今後も外食産業の発展に寄与していくために、私たち自身が様々な変化に柔軟に適応し、新しいトレタを創り続けていく必要があります。

そこで、
私たちは何者か?
私たちの使命はなにか?
私たちはなんのために存在するのか?
私たちは何を成したいのか?
私たちはどうありたいのか?

といった項目にしっかりと立ち返り、VISION(トレタが目指す未来)、MISSION(トレタが担う役割)、行動指針などを再定義することで、指針として掲げることになりました。

どんなプロジェクト体制だったのか

今回は「トレタの未来は全員で創る」という考えのもと、社員巻き込み型でプロジェクトを進めていくことにしました。

ブランディングの知見を多く持つ外部企業様にもご協力いただきながら、経営陣、各部署から集まった社員8名で主にプロジェクトを進行していきました。

FinalFIX_visionday当日スライド1217.002

どんなステップ、スケジュールで進めたのか

CIリブランディングプロジェクトは2019年6月頃に本格的にスタートし、同年12月末に社員へ発表することを目指して約半年間活動しました。

発表機会を、ただ発表する場にするのではなく、VISION(トレタが目指す未来)の実現に向け社員全員が同じ方向を向きVISIONを叶えていく「通過点」になる様な機会にしたいと考え、イベント名は「VISION DAY」に。

VISIONDAYでの新CI発表に向け、どのように進めたかスケジュールはこちらの図をご参照ください。

FinalFIX_visionday当日スライド1217.003

初期は、組織開発部と経営陣を中心にプロジェクトがスタート。

CIリブランディングするために必要な情報の整理を行うタイミングで、各部署から2〜3名ずつ約30名の社員を集め、ワークショップに参加してもらいました。

主に以下のポイントをテーマに、部署の垣根を超え徹底的に議論しました。

・トレタの良いと思うところ
・悪いと思うところ
・それぞれが思い描く飲食業界の未来
・トレタが飲食業界のためにできることは何か
・トレタは社会においてどんな存在でいたいのか

その大勢の想いが詰まったワークショップの結果をもって更にCI制作を具体化していくべく、8人の社員をプロジェクトメンバーとしてアサイン。多角的な視点が必要であると考え、エンジニア、事業開発、セールス、デザイナーなど様々な職種のメンバーに参加してもらいました。

トレタが創業初期から大事にしてきた「挑戦せよ=ファーストペンギンであれ」という想いを乗せプロジェクトメンバーのことを「PENGUINS 」と呼ぶことにしました。

画像3

約20回のMTGを通して経営とPENGUINSが徹底的に議論を重ねました。

決定予定日の朝まで白熱した議論が続いていたので、VISIONDAY発表に間に合うのだろうかと担当としては少々ヒヤヒヤした時もありましたが、無事に策定に至り、発表することができました。

VISIONDAYでの発表

VISIONDAYは前半にCI発表、後半に忘年会企画の2部構成で実施しました。前半のCI発表内容はPENGUINSと、後半の忘年会企画は有志で集まってくれた約8名の運営メンバーと準備を進めました。

CIリニューアルの背景・意図や新しいVISION、MISSIONの発表は代表の中村から。

画像4

そして、行動指針である「5つの原則」は、私たち社員1人1人が実際に体現していくべき指針であるというメッセージを込めて、PENGUINS プロジェクトのメンバー全員が前に出て、自分自身の決意表明と併せて発表しました。

画像5

画像7

策定で終わるのではなく、浸透までやり抜く

無事に策定、発表できた次のステップは「社内浸透」だと考えています。

PENGUINS プロジェクトのメンバーと話し合い、同じメンバーが活動するのではなく様々なメンバーが携わっていった方がより浸透が進み、新しい文化ができていくのではないかと考え、VISIONDAYの発表タイミングで「2代目PENGUINS プロジェクト」のメンバーを募集することにしました。

そして、年始に「2代目PENGUINS プロジェクト」を発足させることができました。

現在、6名の社員からなる「2代目PENGUINS プロジェクト」が始動しています。今回もデザイナー、事業開発、セールス、労務など様々な職種のメンバーが参加してくれています。

様々な議論を重ねて、現在いくつか浸透施策を計画しています。

詳細は、また後日共有させていただきます。

画像6

トレタのブランドを形作っていくのは、社員である私たち1人1人。 形骸化させず、2代目PENGUINSと共にしっかりと浸透までやり抜いていきたいと思います!


この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります!
9
トレタの社内・社外に伝えたいことをオープンに記載していきます。 フォローやコメント歓迎いたします。 トレタは飲食業界の課題をテクノロジーで解決し産業改革を目指すVartical SaaSです。 https://corp.toreta.in/

こちらでもピックアップされています

組織開発部より
組織開発部より
  • 15本

組織開発部は、トレタのVertical SaaSとしての組織作りを担う部署です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。