お気に入り

45

#分解のススメ 某国のロボットを分解してみました

ロボット関係の仕事をしているかたなら目にしたことがあると思われる割とポピュラーなロボットを分解用に提供いただけたので、分解してみました。

(今回、分解したのは、右側の拍手をするロボット「ビッグクラッピー」ではなく、左側の某国のロボットです)

某国のロボット、という表現なのは、記事で紹介させていただく条件として、国名、商品名を出さないことがあったためです。世界的にかなり売れたロボットのひとつでは

もっとみる
スキありがとうございます!
8

【CURA Tips】 必要なところにだけサポートを作る

どもどもYanでっす。

本日のお題は「ここにだけサポートが欲しい!」というときにCURAでどうするか。

Support Blockerを使ってここには作ってくれるなとひたすらブロックしてくという方法が一つ。CURA単体だとできないけどプラグインを使う事で実現できる方法がもう一つあったりします。

まずはプラグインを入れよう!

画面右上のMarketplaceボタンを押して。

一覧画面から「

もっとみる
ありがとうございます!
17

ANYCUBIC I3MEGAにカスタムファームを導入する

I3 MEGAのファームウェアはMarlin系列のファームウェアですが、バージョンが1.1.0と少し古めのファームウェアをベースにカスタムしたものになっています。
I3 MEGAの標準ファームウェアはヒーター温度のオーバーランでの自動停止などの機能が組み込まれていない等の少し不安なところもありますので、ファームウェアを書き換えて安全性と機能の向上を図りたいと思います。

導入するファームウェア

もっとみる
スキしてくれる人を好きになりやすいぜ!
34

分解を通じて未来が見える「分解のススメ」のススメ

ものを分解すると今まで知らなかった「世界」が見える。わたしがそんなワクワクする世界の扉に手を掛けたのは、大学生の頃でした。

大学の電子工作の授業の成果物で、「100回振ったら止まる目覚まし時計を作ろう」と計画していましたが、振る動作をどういう方法で検知すればいいのか分かりませんでした。授業にアシスタントで入っていた先輩へ相談したところ、「万歩計を分解して、そのパーツを使えば良いんじゃないか」とい

もっとみる
ありがとうございます!励みになります。
92

Stratasysのチャンバー特許消失までのカウントダウン

2000年代初頭の3Dプリンタブームの理由の1つはStratasys社のFDMマシンの基本特許の有効期間が終了したというのがあります。
それによってRepRapプリンターが生まれ、その系譜に連なる様々な形状、様式のFFF3Dプリンターが販売されています。

2021年2月27日に失効する加熱造形チャンバー特許

そして2021年2月27日に大きな特許である加熱造形チャンバー(Heated Buil

もっとみる
ありがとう!冷やし中華の画像をあげるね!
18

深センとの出会いからHax.Tokyo採択まで

今月深セン発の世界的なハードウェアスタートアップのアクセラレータプログラムHax.Tokyoに採択いただきました。創業以前から、ずっと関心を持っていたHAX、そして深センにより深く関わることができるようになってとても嬉しく思っています。

HAX Tokyo Batch 3(3期生)合格スタートアップの紹介

とはいえ、まだまだスタートをいくつか切り始めたばかりで、なにかを成していくのはこれからな

もっとみる
スキありがとうございます!
14

リモートワーク会社にoViceを導入してみた

みなさまこんにちは。
在宅ワークが大好きなりょうさん(@RyosanBIMania)です。

本業も副業も在宅で活動をしています。

今回は本業の会社で導入を検討しているoViceについての記事を書きます。
会社で部門導入をするときに、どんな検証をしたかをまとめています。まだ検証の途中のため、この記事は徐々に追記をしていく作りとなっています。

またoViceはリモート飲み会やリモート新人教育にマ

もっとみる
これからもがんばります!
32

修論プレゼン道場(オンライン版)

はじめに

WBSでは、修士論文を提出した後は、審査会があります。夜間主総合の場合は公開審査会なので、多くの聴衆の前で自分の研究を発表します。一般的に、日本の人はプレゼンテーションが本当に下手で、プレゼンテーションを聞くのは、忍耐力を養う苦行のように思うことが多々あります。

MBAの学生には、ぜひ優れたプレゼンテーションとは何かをしっかり学んで欲しい。そのために、この修士論文を提出してから、公開

もっとみる

ANYCUBIC I3MEGA改造まとめ

自分のANYCUBIC I3MEGA(-S)に対して実施した改造まとめです。
ぜひご参考にどうぞ。

Anycubic i3 Mega Tool Rig

最初はこれ。印刷テストにもちょうどいい。
付属のツール類をひっかけておくツールリグ。
3Dプリンタの周りがすっきりして非常に良いです。

ヒートベッドにコルクボード断熱材を追加

グラスウール等を貼る人が多いけど、私はコルクボードを選びました。

もっとみる

横浜のガンダムはエンジニアのブルーインパルスだ!

未踏のAIフロンティアプログラムで去年から一緒にメンターをやっている吉崎航さんがシステムディレクターを務める、横浜の「動く実物大ガンダム」を見に行ってきた。

18メートルもの巨大ロボットが歩行アクションをしたりしゃがんだり立ち上がったりする様子は、テレビやYouTubeやTwitterなどで既に散々流れていると思うが、根本的にビデオで見ると、やたら遅く見えたりCGのように見えたりするなあ、と思う

もっとみる
清水沼へようこそ
144