彼、深瀬昌久の残像を追って

【始めに】この記事はトモ・コスガのウェブサイトにおいて公開された内容を適宜調整したものになります。文中に遺骨の写真が含まれます。気分を害する恐れがあるため、予めご了承下さい。

画像1

8月10日、北海道北部に位置する中川郡美深町にて、深瀬昌久の納骨式を執りおこなった。

2012年の没後、昌久さんの遺骨は諸事情により第三者が保管していたが、今年7月に遺族へと返還された。すぐに納骨式の日程が決まった。私はかねてより昌久さんを故郷の大地に還してあげようと提案してきただけあって、北海道行きのフライトを手に入れ、昌久さんの甥にあたるTさんと一緒に、遺族式に参加させてもらった。

数日前から関東地方を直撃するのではないかと騒がれていた台風13号。フライト日程を変更することでようやく旭川にたどり着いたが、式をおこなう当日の朝はあいにくの雨模様だった。深く霧がどんよりと立ち籠めていた。

画像2

画像3

8月10日 8時30分。レンタカーで旭川を出発。

向かうは昌久さんの故郷、美深町。旭川からはざっと2時間。比布(ぴっぷ)、和寒(わっさむ)、士別(しべつ)と辿りながら北上していく。士別では、街の至るところに設置された看板がわざわざ士別という漢字を崩して「しべつ」と表記しているのを見て、なんだか悪趣味に感じられた。

1時間半も走ると名寄市に着く。この辺りまで来るとすっかり天気は好転して、じりじりと焼きつける日差しが出てきた。私は思わずスーツを脱いだ。

名寄には陸上自衛隊の駐屯地がある。地元民から見ても僻地の名寄が維持できているのは、自衛隊の隊員が飲食店などを利用するおかげもあってのことらしい。ここでイオンに立ち寄った。Tさんが「ここは日本最北のイオンなんだよ」と説明くれたのち、献花やワンカップを探しに店内へと消えた。

思いがけず晴れたので、趣味の昆虫採集をしたくてムズムズし始めた私は、ここで捕虫網を買い求めることにした。この日の晩には帰京するため、4時過ぎには旭川まで戻る必要があった。美深町に滞在できる時間はたった3時間足らず。それでも昌久さんが生まれた美深で昆虫を捕りたいと思った。

目当ての物は、イオン2階のキッズコーナーで見つかった。携帯に便利な伸縮式の捕虫網がわずかワンコインで手に入れられたことに小躍りしたが、すれ違う人々の視線が妙に突き刺さる。それもそのはず、スーツに黒ネクタイの男が捕虫網を持つ姿はきっと奇妙に見えたのだろう。

画像4

さらに北上していく。

士別を越えた辺りから天塩川が目に入るようになっていた。日本最北端の稚内駅から旭川駅まで引かれた宗谷本線に寄り添うように流れる天塩川。その看板が目に入った瞬間、私の脳裏には1枚の写真がフラッシュバックしていた。

1935年、天塩川畔でピクニックをする家族を捉えた1枚の写真。それは昌久さんの父、助造さんが一家を撮影したものだった。被写体となった家族には当時1歳の昌久さんも写っている。その写真は、昌久さんが70年代に入って故郷を頻繁に帰省するようになった頃、生家で見つけたものだった。

1956年に日本大学芸術学部写真学科を卒業後、昌久さんは故郷や家族を振り返ることなく東京で写真家として活躍し続けたが、私生活では妻との衝突が絶えることがなかった。そこで家出を企て、9か月ものあいだ新宿でヒッピー達と暮らした時期も。

次第に疲弊していった彼は、1971年に故郷を懐かしみ、十数年ぶりに帰省をすることにしたのだ。以降は毎年帰省するようになり、生家を中心に自分自身のルーツをいくつも発見していった。そのきっかけを作ったのが、ほかでもない、天塩川畔に佇む家族の写真だった。

画像5

「セピアに変色した1枚の記念写真、家族がいる、皆こっちを見ている。〈中略〉母は23才だった。とうの昔亡くなった祖母『みやの』がいる。母の妹2人がいる。〈中略〉 私の記憶はこの辺からのようだ」
深瀬昌久「明日は釣るぞ!」(『WORKSHOP 第4号』1975 年)

昌久さんが生涯、写真を通じて持ち続けた私性の眼差し。それは、この天塩川を舞台に、父の助造さん(とカメラ)を見つめることから始まった。その天塩川を横目に、私は得も言われぬ感動に包まれていた。

画像6

程なくして、美深まで1kmというところまでたどり着いた。深瀬昌久について調べ始めてかれこれ18年が経った今年、いよいよあの美深に足を踏み入れるのだ。

この続きをみるには

この続き: 8,913文字 / 画像28枚

彼、深瀬昌久の残像を追って

トモ・コスガの言葉なき対話

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂きありがとうございました。写真にまつわる話を書いています。基本的に無料公開としておりますので、楽しんで頂けましたらサポートしていただけると嬉しいです。

私もあなたのことがスキです
17
写真表現を語る人/オランダはアムステルダム在住/深瀬昌久アーカイブス 創設者兼ディレクター/YouTubeで写真表現を語るチャンネル「言葉なき対話」やってます☟ https://www.youtube.com/user/tomokaflex

こちらでもピックアップされています

好きなコラム
好きなコラム
  • 57本

私が書いたものではない、私が好きになった記事をアーカイヴします

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。