見出し画像

【こよみごと 水無月】 夏至 げし

6月21日ごろ「夏に至る」と書く夏至がやってきます。

まだまだ梅雨の季節ではありますが、この日を過ぎるといよいよ本格的な夏の始まり。北半球では太陽が一年でもっとも高い位置に来ます。

12月の冬至にくらべると北海道の根室では約6時間半、東京では約4時間40分も昼の時間が長くなります。なんとなく使える時間が増えたような感覚になるので得した気分になったりして。

関西では夏至の日にタコを食べる習慣があったかと思います。タコの足のごとく稲の根が深く張るようにと願ってのことですが、この日でなくとも関西は普段からタコ率が高いかもしれないです、たこ焼き美味しいし。


【まめ知識】 夏至祭

夏至祭は世界各地で行われるようですが、日本では三重県二見浦の夫婦岩(めおといわ)の祭が有名。各地に夫婦岩はありますが岩の間から朝陽が登るのはここだけで夏至のころだけの神秘的な現象です。


次回は「蛍狩」になります、どうぞよろしくお願いします。

… … … … … … … … … … … … … … … … … …
はじめて訪れてくださった方へ:TOPに固定で簡単な自己紹介あります。
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
・ᴗ・ Twitter https://twitter.com/tomokoishikawa_
… … … … … … … … … … … … … … … … … …


・ᴗ・ 記事のシェア歓迎 ・ᴗ・

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

見ていただきありがとうございました。サポートしてくださった方にも感謝。身近な生き物の為にありがたく使わせていただきます。まずは猫缶 ( ´ ▽ ` )ノ

ありがとうございます♪ヽ(´▽`)/
31
イラストレーター。動物好き。noteでは暦の雑記を1年ほど続けていました。絵本試作品などをはさんで【ひらがなさんぽ】をはじめました。わりとのんびりしています。http://tomoko-ishikawa.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。