マーケティング思考の本棚

36
記事

【読書感想文】岩田さん: 岩田聡はこんなことを話していた。

岩田さん: 岩田聡はこんなことを話していた。 (ほぼ日ブックス)をちょっと泣きそうになりながら読みました。

働くことに対する姿勢を正してくれる本だった。

忘れないうちにメモをしておこうと思う。

テーマはクリエイティビティ(創造的な仕事)とは何か?

目の前のことを「面白がる力」を磨くこと

え、こんな発想あるの!こんなアウトプットつくってしまったの!?

という人と出会うと共通していることが

もっとみる
🐼🐼🐼🐼
58

他者とつながりながら学ぶことの意味について

マーケティングトレースのコミュニティをつくりはじめて1年。

これからマーケターにとってどんな学びの場をつくっていけるのかを考えている中で、プレイフルラーニングという本と出会いました。

学びとは何か?
これから求められる学ぶ環境とは何か?

を考えさせてもらえる素晴らしい本でした!

これから求められる学びの場3つのキーワード

下記はプレイフル・ラーニングの書籍の中で紹介されている言葉。

もっとみる
🐼🐼🐼🐼
30

暇であることとマーケティングについて

お盆休みは暇だった。

暇だったので、InstagramやYouTubeをたくさん眺めていた。

アイスコーヒーを入れながら、ふと気になったことを検索したりした。

布団でゴロゴロしながら、iPadとiPhoneを並べながらコンテンツ消費しながらタグ検索かけたりした。

マーケターにとって「暇」は大事

ふと思ったのは、暇であることって大事ということ。

暇であることは、ユーザー・消費者視点を取り

もっとみる
🐼🐼🐼🐼🐼
41

マーケターの顧客と「寄り添う力」を考える

よく似たデ ータセットをよく似た分析 ・統計手法で分析していると 、そこから帰結する結論やそこから導き出される戦略は似たものになりがちです。

尊敬する経営学者である石井 淳蔵氏の著書「寄り添う力」からの引用です。

この本は、ぜひたくさんのマーケターに読むことをオススメしたいです!

自分たちは、日常のマーケティングの仕事で「顧客の課題」と向き合えているか?

を考えさせられる内容です。

シン

もっとみる
🐼🐼🐼🐼🐼
51

『information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美』展から考える、クリエイティビティと脳の使い方

サントリー美術館で開催されていた「information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美」展に行ってきました!

nendの佐藤オオキさんが企画をした展示会。

コンセプトが大好物であり、クリエイティビティを刺激してくれる展示でした!

予告動画も素敵です。

左脳と右脳でたのしむという視点について、どう仕事にも繋げられるかという視点で書いていきます。

右脳と左脳そ

もっとみる
🐼🐼🐼
64

マーケターとソーシャルワーカーが協働することの可能性について考えたこと

「ソーシャルワーカーから学ぶ顧客の本質的な課題を特定する力」というイベントをNPO法人Social Change Agencyの横山さんと一緒に開催しました!

ソーシャルワーカーの方々の思考・視点からの学びが多く、非常に有意義な時間でした!

学んだ内容と今後の構想をメモしておこうと思います。

イベント背景

「マーケティングとは、顧客が抱える問題をいかに解決するか」
「顧客が抱える問題を特定

もっとみる
🐼🐼🐼🐼
47

【模倣は独創の母】模倣の経営学から考える「良いマネ」について

GWは読書の時間もゆっくりとっている。

もう一度自分の原点に立ち戻ろうと思い、「模倣の経営学」を集中読書中です。

トヨタもセブン‐イレブンもスターバックスも、優れた企業を「真似て、超える」ことで成功した。古今東西、新たなイノベーションは徹底した模倣からこそ生まれている。お手本とする他社の本質を見抜き、自社で生かせる“儲かる仕組み”を抽出する創造的な模倣の方法を、多くの偉大な会社の事例から鮮やか

もっとみる
🐼🐼🐼🐼
36

スタートアップ以外の組織も「起業の科学」を取り入れよう

起業をする時の教科書と言われている名著。

起業の科学!

スタートアップが必ず直面する課題とその解決策を、時系列に整理。
失敗を潰せる「科学的な起業」の教科書。
あなたの失敗は99%潰せる!

基本的には、起業した人に向けた本ですが、「スタートアップ以外の組織や人」こそ読むべきだと感じています。

なぜ起業の科学を読むべきか?

それは、起業の科学に書かれているのは、新たに市場を創造するためのヒ

もっとみる
🐼🐼🐼🐼🐼
45

良いコンテンツと良いデータ分析の関係性について

バズるコンテンツを大量生産するある人と話をしていた時のエピソード。

私:コンテンツ作成する時ってデータどれくらい見ていますか?

その方:いや、全然見ていないですね。TwitterやNewspicksなどを眺めながら自然と考えています。コンテンツをつくるために、データ集めて分析はしないですね。

まあ、そうだよな・・・

と思うと同時に、マーケティングの仕事(特にコンテンツマーケティング領域)の

もっとみる
🐼🐼🐼
82

当たり前のことを当たり前にやり続けること-成約のコードを読んで考えたこと-

成約のコードという本を読みました。

「成約率を確実に高める暗号(コード)」を見出すプロセスが大公開されている本。

「デジタル手法と人間的な営業をつなぐ」が本書のコンセプト。

成約のコード
=インターネットで見込客を獲得し、高い成約率を実現する新たな手法。

新たな手法とありますが、目新しさより、当たり前のことを当たり前にやることの大切さを再実感させてくれる本です。

普通にマーケティング・セ

もっとみる
🐼🐼🐼🐼
38