見出し画像

レオ・シャープ逮捕のとき『運び屋』原案記事を読んでみる

 いよいよ今週金曜日に公開が迫った、クリント・イーストウッド主演・監督最新作『運び屋』。孤独な老人が麻薬の運び屋となり、DEAに追われながらも家族との関係を修復しようとする物語です。イーストウッドとしては4作連続の実話ベースストーリーにして、『グラン・トリノ』以来10年ぶりとなる自身監督作への出演。まさに彼の集大成的色合いが強い一作です。
 この作品の原案は、ニューヨークタイムズが2014年に発表した新聞記事、The Sinaloa Cartel's 90-Year-Old Drug Mule。サム・ドルニックが執筆したこの記事には、87歳の運び屋レオ・シャープがDEAに尾行され計画的に逮捕される場面や、彼のユリ農家としての成功と挫折、そして麻薬ビジネスに手を染めるようになった原因が、詳細に記されています。記事の権利はインペラティブ・エンターテインメントが買い取り、一時は『ヴェノム』のルーベン・フライシャー監督のもとに映画化の話がいったあと、クリント・イーストウッド監督・主演で制作されることが決まりました。
 今日はこの原案記事の中から、シャープが逮捕される瞬間を記した部分を翻訳しました。またニューヨークタイムズのサイトでは、レオ・シャープが逮捕される場面の実際の記録映像も観ることが出来ます(おそるべきアメリカ)。『運び屋』鑑賞前に、レオ・シャープがいかなる運び屋で、どのようにして捕まったのか、確認してみましょう。

レオ・シャープの逮捕記録映像(The ‘Grandfather’ Gets Busted)

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

The Lincoln pickup truck with Iowa plates was hurtling down Interstate 94, headed for Detroit. A dozen D.E.A. officers in unmarked cars were scattered along a 70-mile stretch, from Kalamazoo to Jackson, Mich. From on-ramps and overpasses, they watched traffic flash by as they tried to spot the truck. They believed it was carrying a major shipment of cocaine.
アイオワ州のナンバープレートを付けたリンカーンのピックアップトラックが、州間高速道路94号線をデトロイトに向かって猛スピードで走り下っていた。覆面車に乗った十数人の麻薬取締局(DEA)職員たちは、ミシガン州のカラマズーからジャクソンまでの70マイルに沿って散らばった。そのトラックを見つけようとしていたので、彼らは高速道路の入り口や迂回路から、交通を見守った。彼らはそれが大半のコカインの貨物を運んでいると信じていた。

Special Agent Jeff Moore and his team in the Detroit field division had spent months investigating a local branch of the Sinaloa cartel, the world’s most notorious and powerful drug-trafficking ring, led by Joaquín Guzmán, known as El Chapo. With a sprawling network of distributors, couriers, wholesalers and street dealers, the organization had pumped thousands of kilos of cocaine from the Mexican border through Arizona safe houses and into Detroit. It was by every measure the biggest cocaine operation Detroit authorities had ever seen. In previous years, a significant bust might be a dozen kilos; now the cartel was bringing in 200 kilos a month.
デトロイト地区部門の特別捜査官ジェフ・ムーアと彼のチームは、エル・チャポとして知られるホアキン・グスマン率いる世界で最も悪名高く強力な麻薬密売組織シナロア・カルテルの地方支部を調べるのに数か月を費やしてきた。販売店、宅配業者、卸売業者そして街のディーラーの広大なネットワークとともに、この組織は数千キロのコカインをメキシコの国境からアリゾナの安全な小屋を経由してデトロイトへ供給してきた。それはあらゆる点において、デトロイト当局がこれまで見てきた中で最大のコカイン事業だった。過年度では重要なガサ入れは数十キロだったかもしれないが、現在そのカルテルは月に200キロをを持ち込んでいた。

Moore’s colleagues had wiretapped 11 phones and had spent so many hours listening to the drug traffickers’ coded Spanish conversations that they knew all the leadership’s tics: The wholesaler called Juanito had a goofy, childlike giggle; the courier called Tata was sometimes the butt of their jokes. The cartel exclusively used nicknames; in most cases, its members didn’t even know one another’s real names — they were simply Gordito, Primo, Cuatro, Viejo.
ムーアの同僚たちは11の電話を盗聴し、麻薬密売人たちの暗号化されたスペイン語の会話を聞くのに多くの時間を費やして、指導者たちの癖をすべて知った。フアニーノと呼ばれる卸売業者は、間抜けで子供っぽく笑った。タタと呼ばれる配達人は、時々ジョークの的となった。そのカルテルはもっぱらニックネームを使った。ほとんどの場合、そのメンバーたちは他の人の本名をさえ知らなかった。彼らは単にゴルディート(デブ)、プリーモ(いとこ)、クアトロ(4)、ビエホ(老人)だった。

The organization worked with Detroit’s biggest drug dealers, people like Antonio (Pancho) Simmons, a fearsome, one-legged man with a long criminal record. But in some ways, it was the couriers driving across the country’s highways, their cars’ hidden compartments packed with kilos of drugs, who played the most crucial role. And no courier had been more prolific than Tata, the one driving the Lincoln pickup on Oct. 21, 2011. Tata had become a one-man cocaine fountain, working on a scale the Detroit D.E.A.'s office had never encountered. According to the cartel’s handwritten drug ledgers that the government obtained, he delivered 246 kilos in February 2010; 250 kilos in March; another 250 kilos the next month; 200 kilos the next; and another 200 the next. “Before you know it,” Moore said, “he’s an urban legend.”
その組織は、長い犯罪歴を持った、恐怖の隻脚の男アントニオ(パンチョ)シモンズのような、デトロイト最大のドラッグ・ディーラーたちと仕事をした。しかしある意味では、最も重要な役割を果たしたのは、国内の高速道路を運転し、車の隠された部分に数キロのドラッグを詰めた配達人だった。そして2011年10月21日、リンカーンのピックアップを運転していたその人、タタ以上に利益を生み出す者はいなかった。タタはデトロイトのDEA職員が遭遇したことないほどの規模で働き、コカインのひとり源泉になった。政府が入手したカルテルの手書き元帳によると、彼は2010年2月に246キロを配達した。3月には250キロ、その翌月にまた250キロ、その次に200キロ、そしてまた次に200キロ。「あなたが知る前に」ムーアは言う「彼は都市伝説なんだ」。

He always drove alone and had managed to avoid detection for nearly a decade. The D.E.A. agents listened to key cartel figures talk about Tata many times, and they had even caught a glimpse of him once. Now, for the first time in months, Tata was coming back to Detroit.
彼はいつも一人で運転し、10年間近く、発見されるのを回避するのに成功してきた。DEA職員は主要なカルテルの人物がタタについて何度も話すのを聞き、彼の姿を一度見かけたことさえあった。さていま、ここ数か月ではじめて、タタがデトロイトに戻ってきていた。

The D.E.A. officer David Powell was the first to spot the pickup that October day — at 3:13 p.m., not far from Kalamazoo. Powell “maintained the eye,” following the truck from about a half-mile behind. As they barreled toward Detroit, Powell called out the mile markers on the radio so that the other D.E.A. agents along the highway could join the ever-growing procession as the courier passed their waiting spots.
Tata wasn’t driving fast, but he was swerving erratically. At one point, “he cut so close to a semi, I thought he was going to rip the front of his truck off,” Moore said.
DEA職員デヴィッド・パウエルはその10月の日、午後3時13分に、カラマズーから遠くないところで、そのピックアップをはじめて見つけた。パウエルは半マイル後ろからそのトラックを追って「目を離さなかった」。彼らがデトロイトへ向かって疾走する間、パウエルは無線でマイルマーカーたちに呼びかけたので、高速道路に沿った他のDEA捜査官たちは、配達人が彼らの待機地点を過ぎるにつれてますます長くなるその行列に加わることが出来た。タタは速く走ってはいなかったが、不規則に蛇行していた。「彼はセミトラックのすぐ近くで向きを変え、私は彼が自分のトラックの前部をはぎ取ろうとしているのかと思った」とムーアは言った。

Had Tata learned of the sting? Was he trying to lose them? At 3:56 p.m., the truck suddenly cut across traffic and sped toward Exit 97, sending the D.E.A. agents scrambling. Several D.E.A. cars roared past the exit. They spotted the pickup in a hotel parking lot near a Steak ‘n Shake. The agents were nervous. “Was this guy so good that he spotted surveillance?” Moore wondered.
タタは捜査のことを知っていたのか?彼らを逃れようとしていたのか?午後3時56分、DEA捜査官たちを緊急発進させながら、トラックは突然交通を横切り、97番出口に向かってスピードを上げた。何台かのDEAの車は音を立てて出口を通り過ぎた。彼らはピックアップをステーキ・アンド・シェイクの近くのホテルの駐車場で見つけた。捜査官たちは緊張した。「この男は監視に気づくほど優れているのか?」ムーアは疑問に思った。

After a few minutes, the truck pulled out from the hotel and slowly headed back toward the Steak ‘n Shake. The agents watched as the driver found the drive-through, pulled in and ordered French fries and an Orange Freeze milkshake. With his shake in hand, Tata headed back to the highway, and the pursuit continued.
数分後、トラックはホテルから出て、ゆっくりとステーキ・アンド・シェイクに戻る方向に進んだ。捜査官たちは、運転者がドライブスルーを見つけ、車で入ってフレンチフライとオレンジフローズンミルクシェイクを注文するのを見ていた。シェイクを手に、タタは高速道路に戻り、追跡が続けられた。

Cartel leaders expected the courier at 6:30 p.m. “Mi tata was delayed by a train, another half-hour,” one of them said on a wiretapped phone call that day. But he would never arrive. At 5:45 p.m., State Trooper Craig Ziecina, who was working with the D.E.A., threw on his siren. In order to avoid compromising the investigation, the plan was to handle the stop like a routine traffic violation. Ziecina pulled the truck over for tailgating while Moore and the other agents watched from nearby.
カルテルの指導者たちは配達人を午後6時30分に待っていた。「私のタタは列車のためもう30分遅れた」彼らのうち一人がその日盗聴された電話で言った。しかし彼は決して着かなかった。午後5時45分、DEAで働いていた州警察官のクレイグ・ジエシナは、サイレンを急に付けた。調査を危うくすることを避けるため、計画は日常的な交通違反のように停止させることだった。ジエシナは、ムーアと他の捜査官たちが近くで見ている間、うしろにぴったりと張り付くためトラックを道端に止めさせた。

Instead of waiting for the trooper to get out of his patrol car, the driver of the pickup opened his door and gingerly climbed out. If the D.E.A. was correct, this was Tata, the most formidable courier of them all.
その州警察官がパトカーを下りるのを待つ代わりに、ピックアップの運転者はドアを開け、用心深く下りた。もしDEAが正しければ、これが配達人の中で最も手ごわい、タタであった。

The driver was wearing a plaid shirt with khaki pants, white socks and brown shoes. His hair was unkempt, his gait uncertain. He was unshaven and had thick white mutton chops. He carried his glasses with both hands and cupped his ear at the trooper’s instructions. He looked old enough to be Ziecina’s grandfather.
運転者はチェックのシャツに、カーキ色のパンツ、白の靴下、そして茶色の靴を身につけていた。髪はぼさぼさで、足取りがおぼつかなかった。彼はひげを剃っておらず、濃く白いヒツジの肉片の形をしたほおひげを生やしていた。彼は両手でメガネを運び、州警察官の指示に耳を傾けた。彼はジエシナの祖父に十分なほど高齢だった。

“What’s going on, officer?” the man asked. “At age 87, I want to know why I’m being stopped.”
「何事だ、おまわりさん」その男は尋ねた。「87にしてなぜ止められたのか、知りたいね。」

The truck was a mess — the back seat was covered by a mound of food wrappers, cheese-puff bags, half-eaten sandwiches, crumpled newspapers, a milk bottle and an old bag of golf clubs.
トラックは乱雑だった。後部座席は食べ物の包み紙、スナックの袋、食べかけのサンドイッチ、しわくちゃの新聞、牛乳瓶そして古いゴルフバッグの山で覆われていた。

The trooper asked for the driver’s license and registration. “He began to ramble about his age and took a very long time to produce any of the requested information,” Ziecina wrote in his report about the incident. The man seemed confused about what day it was.
警官は運転者に免許証と登録証を求めた。「彼は自分の年齢について大騒ぎしはじめ、求められた情報を言うのにとても長い時間を要した」ジエシナはこの出来事について報告書に書いている。男は何日だったかについて混乱していたように見えた。

The trooper patted him down while the driver found his wallet, and inside it, his license. His name was Leo Sharp, born in 1924. He was a World War II veteran and a great-grandfather. He had no criminal record.
警官は運転者が財布とその中の免許証を探している間に彼を衣服の上から叩いて調べた。彼の名前はレオ・シャープ、1924年生まれ。彼は第2次世界大戦の老兵で、ひとりの曾祖父だった。彼に前科は無かった。

The trooper asked if he was carrying any weapons. “Weapons? At age 87? For what? Officer, please!”
警官は彼がなにか武器を持ち運んでいるか尋ねた。「武器?87で?何のために?おまわりさん、いい加減にしてよ!」

Sharp kept talking — he told the trooper he owned an airline in the 1970s and had lived in Florida, Hawaii, Indiana and Iowa. He said he was in the business of hybridizing plants. “I create new plant hybrids to make the world a better place,” he told the trooper.
シャープは話し続けた。彼は警官に、1970年代には航空会社を所有し、フロリダ、ハワイ、インディアナ、アイオワに住んでいたと言った。彼は、自分は植物を交配するビジネスに携わっていた、と言った。「私は世界をより良い場所にするために、あらたな植物の雑種を作り出すんだ」と彼は警官に話した。

Sharp said he was on his way to visit an old war buddy, Vanvelder. But he couldn’t remember Vanvelder’s first name. (“I’ve always called him Van.”) Or his address. Or his phone number.
彼は、古い戦争仲間ヴァンフェルダーを尋ねようとしている、と言った。しかし彼はヴァンフェルダーのファーストネームを思い出せなかった(「私はいつも彼をヴァンと呼んでいたんだ」)。あるいは彼の住所も。彼の電話番号も。

Ziecina asked Sharp if he was carrying any drugs. “No, sir,” Sharp replied. He said he would prefer that the trooper not search his car so he could kindly be on his way. “I need to get where I’m going before dark, officer,” he said. “I don’t drive very well after it gets dark.”
ジエシナはシャープになにかドラッグを持っているか尋ねた。「いいえ」シャープは返答した。彼は、優し気に道にいるために、警官に車を捜索しないでもらいたい、と言った。「わたしは行き先に暗くなる前に着く必要があるんだ、おまわりさん」彼は言った。「暗くなると上手く運転できないから」

Ziecina told him he could leave as soon as a colleague’s drug dog cleared the truck. Sharp was so nervous that an artery on his neck was visibly throbbing, Ziecina noted in his report.
ジエシナは彼に、同僚の麻薬犬がトラックを片付けたら出発できると伝えた。シャープはとても緊張し、首の動脈が目に見えてどきどきしていた、とジエシナは報告書に記した。

The drug dog, Apollo, arrived and expressed great interest in the covered truck bed. Sharp said he didn’t have the keys — he said his sister in Iowa had them — and it had been days since he last opened it.
麻薬犬アポロが到着し、覆われた荷台に大きな興味を示した。シャープは、鍵を持っていない、と言った。アイオワにいる姉妹が持っていて、最後に荷台を開けてから数日経つ、と彼は言った。

The troopers told him that Apollo’s response gave them probable cause to search the truck. “Why don’t you just kill me and let me, just, leave the planet,” Sharp said.
警官は彼に、アポロの反応がトラックを調べる相当な理由を与えた、と伝えた。「ただ殺して私をこの惑星から旅立たせてくれよ」とシャープは言った。

As they pried open the locked cover, Sharp was caught on the trooper’s recorder saying, quietly, “Oh, my God.”
彼らが鍵のかかったカバーをこじ開けている間、シャープが静かに「神よ」と言うのが警官の記録に残った。

What the troopers found amid piles of old clothes and food wrappers were five duffel bags. And inside the duffel bags were 104 kilos of cocaine.
警官たちが古着や食べ物の包み紙の山の中で見つけたのは、5つのダッフルバックだった。そしてその中身は、104キロのコカインだった。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

ドラッグビジネスにおいて、運び屋は"mule"すなわち「ラバ」と呼ばれます。他セクションと同様、麻薬取引では運び屋の仕事も高い報酬を得ることが出来、アメリカ国内では会計士、主婦、学生などさまざまな属性の人々がドラッグを運んでいます。彼らの大半は、前科はもちろん、交通違反さえしたことのない「善良」な市民で、捜査の網目を掻い潜りやすいため、カルテルに重宝されています。

麻薬やカルテルについては、この本が非常に詳しく、また読みやすいです。
映画とドラッグは切っても切れない関係にあり、作品を楽しむ基礎知識として手元に置いておくといいと思います。

『メキシコ麻薬戦争: アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱』
著ヨアン・グリロ、訳山本昭代

amazon prime videoで鑑賞できる、『世界の麻薬産業2』もおすすめです。
各種ドラッグの製造方法やビジネスの仕組み、クスリそのものの効果効能など紹介する全6話のドキュメンタリー。

『世界の麻薬産業2』

映画『運び屋』では、イーストウッド演じるアーロン・ストーンもユリ栽培に携わっています。記事後半に記されていた、レオ・シャープの園芸家としての生涯も興味深いものでした。なぜ、ユリだったのか。彼は如何にしてユリで財をなしたのか。そして富豪の彼がなぜ運び屋を手掛けるようになったのか。時間があれば後日訳して紹介します。とりあえずは『運び屋』みなさんムビチケ買ったりして待ちましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
もっと面白い記事書くから。こんなもんじゃないから。見てて。
16
世田谷区在住の大学生。1日1作品、映画やドラマの短評をお届け。その他映画コラムやエッセイを書いています。 映画監督、映画祭の司会、審査員、映画館スタッフなどを経験。熊本県出身。 【10月のおすすめ】フェアウェル・シカゴ7裁判・スパイの妻・朝が来る・異端の鳥
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。