見出し画像

【クリエイティブな仕事をビジネスにする方法】お金は後からついてくるはついてきた経験がある人だけが言える言葉

クリエイティブな仕事をいかにビジネスにするかについて、今までの経験を元にお伝えしています。

今回は、「お金は後からついてくるはついてきた経験がある人だけが言える言葉」ということについて。

今でもお金のことを全く気にしないということはないのですが、いつしか仕事をする際にお金のことをそこまで意識しなくなったのかな?とふと思いました。

おそらく起業して2、3年はお金のことばかり考えていたように思います。その当時は毎月売り上げどうしよう?経費払えるかな?とかそんなことばかり考えて仕事をしていたように感じます。そうなるとあまり使いすぎると経費が払えなくなるといけないからと思い、行動もあまりせずに交流会に参加するもできるだけ金額がかからないところへいくとか、無料の勉強会などに参加していました。本当にいかにかからないようにするかばかり考えていたように感じます。

3年くらい経ってからでしょうか。ある程度仕事の依頼も増え、増えているうちに仕事のことばかり考えるようになり、そこからお金の意識が薄れてきた気がします。そうなると、どうしたら依頼してくれた方が満足してもらえるか?良い仕事をするにはどうしたら良いか?どういう人と交流すると良いか?を考えるようになり、そこにかかる費用はあまり考えなくなりました。新しいことにもチャレンジできるようになり、機材は先行投資と思い購入したり、海外も視察で投資だと思い、いろいろいくようになりました。

まだお金は後からついてくると言えるほどではないのですが、意識が薄れてきてから急に売り上げが上がったように感じます。

お金は後からついてくる経験がない人ほど、お金に興味がないようなことを言ったりしているように感じます。

私は何かをする際にお金がないという理由でできないのがイヤで、稼ぐことにしているのですが、稼ぐことに抵抗があるにも関わらずお金がないという理由で何もしない人が多いように感じます。何の罪悪感かわかりませんが、今の資本主義社会の対価がお金です。ただそれだけなのです。すべての評価がお金ばかりではないのですが、少なからず多い人は多いなりの動きをしていますし、そういう仕事をしています。自分で選択しておきながら少ないのを嘆いていたりしていては意味がありません。

適正な価格で仕事を受け、自分の首を絞めないようにするのが1番ベストな仕事を仕方だと思います。

https://lnkd.in/faT4QmS

クリエイターの同業者からの下請け、孫請け卒業プログラムのオンライン講座を開講いたします。

この講座では、クリエイティブな手法をお伝えするのではなく、ビジネス脳の作り方やビジネス的目線、自分だけのオンリーワンのフィールドを作る方法などをお伝えいたします。

初回は、個別相談会になります。今後の方向性などを考え、もしご興味があるようでしたら、本講座をご案内いたします。

ぜひ、お申し込みフォームからお申し込みください。

すでに埋まっている日もありますので、ご確認の上お申し込みください。

クリエイタービジネスでなく、下請け、孫請けビジネスをしている方にもオススメの講座内容になっています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります!
7
アジア圏でのビジネスを多数展開中。「クリエイティブな仕事をビジネスにする方法」というテーマで書いています。ただ今、ツイッター強化中。https://twitter.com/umeda_aimpro フォローお願いいたします
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。