見出し画像

【クリエイティブな仕事をビジネスにする方法】安いが判断基準になっている案件は受けない

クリエイティブな仕事をいかにビジネスにするかについて、今までの経験を元にお伝えしています。

今回は、「安いが判断基準になっている案件は受けない」ということについて。

昨日は、「相見積もりを取られないようにするには」というテーマで書かせていただきました。クリエイティブな仕事をしている方の多くは経験していると思いますが、相見積もりを取るというケースが多々あります。複数ある同業者から相見積もりを取り、おそらく1番安いところに依頼をするのではないかと思いますが、その判断基準が安いになっているので、案件としてはあまりオススメではありません。

相見積もりを取られている時点は、1社に決めかねない何か理由があるんだと思うのですが、それは、お互いの間に関係ができていない段階なので、見積もりや実績で判断することになるのではないかと思います。

たまに、見積もりや実績で判断したにも関わらず、依頼した内容が上がらない、途中で放棄された、やり取りがうまくいかないみたいな理由で、再度依頼をいただくことがありました。紙ベースの資料や電話で話しただけで判断しているので、その先の人間性までは見ることができないと思います。実はここが案外大事だと思うのですが、多くの企業はそれで失敗しているように見られます。

私も今までは、外部の方に何か依頼をする場合に、見積もりや実績を取って判断していたのですが、正直、その後、続いて依頼する方はほとんどいません。続いている方の多くは、知人からの紹介ばかりです。

結局、依頼する際の判断として、見積もりや実績だけでは判断できない部分が重要なんだと思うのです。ただ、これはあくまで結果論なので、最初の段階では見積もりや実績で判断されてしまうのか仕方ないと思います。

なので、私は逆を取り、来年からは相見積もりをされない環境を自分で作っていこうと決めました。今までは見積もり一括する外部サイトを利用していましたが、今年で全てやめました。

同業者の中に埋もれてしまうと相見積もりを取られてしまうので、自分だけにしかないものを打ち出していこうと考えています。かといってマイナー路線をいったところで、依頼があるわけではないので、そのバランスを取る必要があると考えています。


クリエイターの同業者からの下請け、孫請け卒業プログラムのオンライン講座を開講いたします。クリエイター業界の中では、同業者の下請けや孫請けといったビジネスをしている方を多く見かけます。同業者の下請けや孫請けでないとビジネスが成立しないと思っている方も多く、手法がそれしかないと思っている方もいます。

下請け、孫請けでやっている仕事は、自分の実績ではありません。あくまでも下請け、孫請けで受けている企業の実績になります。他人の実績に協力しているだけになります。

私もかつてそう思っていました。それではいつ仕事が終わるか、急に終わることもあります。そうなった場合、また次の下請け、孫請け仕事を探し続けるだけになります。そうならないように自分のビジネスというものを確立させていくことをオススメします。そうすることで時間に余裕もでき、新しいアイデアや提案ができるようになり、さらに仕事が増えていきます。

この講座では、クリエイティブな手法をお伝えするのではなく、ビジネス脳の作り方やビジネス的目線、自分だけのオンリーワンのフィールドを作る方法などをお伝えいたします。

初回は、個別相談会になります。今後の方向性などを考え、もしご興味があるようでしたら、本講座をご案内いたします。

ぜひ、お申し込みフォームからお申し込みください。

クリエイタービジネスでなく、下請け、孫請けビジネスをしている方にもオススメの講座内容になっています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これからもよろしくお願いします!
17
アジア圏でのビジネスを多数展開中。「クリエイティブな仕事をビジネスにする方法」というテーマで書いています。ただ今、ツイッター強化中。https://twitter.com/umeda_aimpro フォローお願いいたします
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。