見出し画像

秋学期 半分を終えて

#ATC #AthleticTraining #AT #アメリカ大学院 #アメリカ留学 #アスレティックトレーナー #英語


皆さんこんにちは、こんばんは。Tomoです。


タイトルにも示した通り

早くも秋学期の半分が終わってしまいました。


振り返ると

本当に毎日が充実していたなと感じますが


過ぎた月日を数えると

あっという間に過ぎてしまったように思います。


そこで今回は

秋学期前半戦を

振り返りたいと思います。


日常生活


まずは日常生活から。


寮は4人で共有ルーム

2人でトイレとシャワーを共有です。


初めての寮生活に

ドキドキとワクワクの期待を抱いて

割り当てられた部屋に入った瞬間、


「汚い!!」


と衝撃を受けたことは

今でも忘れません。


すでに

自分よりも先に住み始めていた

ルームメイトが共有スペースを

これでもかというくらい


ほったらかしだらけに

使っていました。


さすがに

自分のプライベートの部屋は

寮の担当の方に

きれいにしていただいてありました。


あの衝撃からはや2ヶ月。


あまり気にならなくなりました。


というのも

ルームメイトとはちゃんと話ができて


「ここはきれいに保とう」

「ここは誰のスペース」

うるさかったら「ちょっとボリューム下げて」


という話ができているからです。


それでも

「もっとここはきれいにして!」


と思うところはたくさんありますが

そこは文化や価値観の違いとして受け入れ


ひとつの経験だと割り切るようにしました。


じゃないとメンタルが持ちません😂


やはり

アメリカに来て最初に


「ここは日本と違うな」


と感じたことは

清潔感

です。


私は特別

潔癖症というわけではありません。


これは

カナダやフィリピンに留学したときにも

思いました。


海外に出て初めて


「日本の衛生環境は他国と比べて整っているな」


と感じます。


普段

私たちが考えている常識が

海外に行けば異常になり得ます。



自分がどれだけ守られた環境で育ってきたか


それを自覚するには

十分の経験です。


過去のブログにも書きましたが

食生活は日本位いる時と比べて

一気に変わりました。


今ではすでに慣れましたが

初めの頃はどうなるかと思いました。


また

11月後半に

今学期で卒業される日本人の方から

炊飯器やザルなどの

家具をいただく予定です。


これであとは

Amazonで日本のお米を注文すれば

久しぶりのお米を堪能することができます!


正直

今の食生活に慣れてしまったため

それほど待ち遠しいわけではありませんが


きっとお米を食べ始めたら

お米の良さを思い出して

お米メインの生活に戻ってしまうかもしれません。


そちらの変化については

その時が来たら

ブログで書きたいと思います。


授業


続いて授業についてですが

初めの頃に比べて

だいぶ講師のしゃべっている内容が

聞き取れるようになってきたなと感じます。


ネイティブ同士の会話だと

まだまだというところはありますが


AT roomや授業の合間の時間に

周りが喋っている内容を盗み聞きして

耳慣れするようにしています。


それでもやはり苦労。


その一番の原因は

マスクです。


口の動きがわからない分

さらに聞き取ることが難しくなっています。


しかし逆を考えれば

今の難しい状況で耳が慣れてしまえば


マスクが無くなった時は

もっとスムーズなコミュニケーションが

取れるんじゃないかと思います。


今がListeningの修行の時期だと思って

諦めずに日々成長していきたいと思います。


日本のもので恋しくなったもの


日本を離れて2ヶ月強。


今一番恋しいものは

お寿司です。


もっと広く言えば

お魚です。


私はアメリカ内でも

内陸の州にいるため

新鮮な魚を食べる機会がありません。


冷凍のお魚も売っていますが

鮮度や値段を考えると

手が出ません。


そのため

主要のタンパク質は

お肉です。


もちろん

お肉も大好きなので

問題ありませんが


やはり時々魚が食べたくなります。


渡米前に


「魚食べなくなるだろうから」


ということで

家族が手巻き寿司を用意してくれました。


あの手巻き寿司が今は一番恋しいです。


日本の友人とも時々連絡をとっていますが


そこでは

帰国した際にBBQをする約束になっています。


まだまだ先の話ですが


サーバーを借りて

盛大にやろうということになっているので

今から楽しみです。


いつになることやら。。。笑


まとめ


秋学期の半分を振り返ろうと思いましたが

日本が少し恋しくなった話が

メインの内容になってしまいました笑


ただし

ホームシックになっているわけではないので

ご安心ください。



今一度強調したいのが


当たり前だと思っていることは

他の人にとって

実は当たり前ではなくて


あなたの今いる立場が

誰かの理想かもしれませんん。


しかし

それがその人にとって

幸せかどうかは別の話です。


私は今

アメリカの大学院で学んでいることが

すごく楽しいです。


大変な時も多々ありますが

それは


ワクワクの苦労


なので

一度も嫌だと思ったことはありません。


アメリカに来て

今の学びの環境が当たり前だと思ったことも

一度もありません。


2年間のプログラムの中の

秋学期の半分しかまだ終わっていませんが


自分が恵まれた環境で学んでいるということは

常に心に刻んで

日々を過ごしていきたいと思います。


ゆくゆくは日本に帰国して

働く予定なので


ある意味では

既にアメリカ滞在期間の

カウントダウンは始まっています


滅多にできない経験

今の若さだからできること


後悔しないように

挑戦し続けようと思います。


後半戦も

張り切って頑張ります!


今週も良い一週間になりますように。


それではまた。


Tomo




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます(^^)
1
アメリカの大学院でAthletic Trainingを学ぶATS(Athletic Training Student)です! このブログでは、アメリカでの生活や学びの様子を綴ります。 Instagram: https://www.instagram.com/tomo_uno_5/