INSEAD MBAに実際に提出した出願書類(Waitlist/補欠→合格)その1:履歴書・エッセイ

こんにちは、2019年1月からINSEAD MBAに留学するトムです。

外資コンサル会社で8年以上、米国アクチュアリーという資格を取って働いていました。ブログやTwitterで海外MBA留学生活のアレコレを発信してます。

ブログ:INSEAD MBA 留学"後"記
Twitter:@tominsead

画像1

さて、INSEADに留学するからには受験・合格というプロセスを経ているのですが、実は僕、珍しい事にWaitlist(補欠)入りを食らっています。

補欠から繰上合格を勝ち取るまでの2ヶ月間、辛かったです。というのも、Waitlist(補欠)自体あまり例が多くないので、そこからの繰上合格となると生きた情報が全く無い訳です。

闇の中を手探り状態で、報われるか分からない努力を数ヶ月続ける事の辛さと言ったら・・。

幸い、色々と作戦を立てて対策に臨んだところ、下記の記事のように、無事に繰上合格を勝ち取る事ができまして、その経験が同じような状況の人の役に立てば良いなというのがブログを書き始めたモチベーションの一つになっています。

画像2


この記事に、自分の考える勝因はまとめたつもりなのですが、エッセイなどの出願書類の実際の体裁・文言が気になる方も中にはいらっしゃるかと思います。個人情報ガンガン入ってますので、有料noteとしてフィルタリングさせて頂いた上で、本当にこの情報を必要とする人には、これが届いたら良いなと思います。

こんな構成での共有を考えています。
1) 正規の出願書類 - 主要エッセイと履歴書(本記事の後半)
2) Waitlist(補欠)入りを宣告されてから提出した2つの文書(下記のnote)

この記事では1)について僕が実際に提出した内容をまとめますが
・INSEADあるいは他のMBAに出願予定で、
・Waitlist(補欠)入りという大変ビミョーな立場に陥ったMBA受験生のエッセイのレベルを把握し、(自分はそうならないよう)参考にしたい
という方には役に立つかもしれません。

また、Waitlist(補欠)入りした方であれば、2)の方が有意義な情報なのですが、2)は1)における弱点を補強する文書なので、1)が無いと片手落ちかもしれません。

逆に、これらに該当していなければ購入はおすすめしません。また、あくまでINSEADという数あるMBAプログラムの中の1つの学校についてのものである事はご了承下さい。

以下、目次です。これらの項目について、実際の出願書類と重要な箇所には僕の考え・意図もコメントつけています。

また、内容につき質問がある場合は、購入画面のスクショを添えてTwitterのDMにご連絡下さい。疑問にお答えしたり、相談に乗れたらと思います。

(1)履歴書
(2)主要エッセイ
            a. Exam Results
            b. Job Description(エッセイ5つ)
            c. International Exposure
            d. Activities and Interests
   e. Motivation Essays(エッセイ3つ)

なお、これらの出願書類はエッセイカウンセラーと契約してアドバイスを受けながら作りました。詳しくは下記の記事を。

それでは、以下、有料部分となります。

----------------------------------------

この続きをみるには

この続き: 4,826文字 / 画像7枚

INSEAD MBAに実際に提出した出願書類(Waitlist/補欠→合格)その1:履歴書・エッセイ

トム

990円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂き、ありがとうございます^^ 少しでも参考になりましたら、「スキ」かご感想を頂けるとすごく嬉しいです!

ありがとうございます、嬉しいですっ!!
4
INSEAD MBAを卒業した33歳。ブロックチェーンを仕事にした。ブロックチェーン・DX・留学の事など発信してます。経歴:ブロックチェーン←INSEAD←M&Aアドバイザリー←フィリピン駐在←外資コンサルで米国アクチュアリー←金融工学 | Twitter @tominsead
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。