箱夢の詩集 第三集

68
記事

【詩】朽ちたる流木

けだるき目覚めのそこもとに  漂う倦怠 朽ちたる流木  Son of a bitch !  いずくんぞ知...

【詩】お花畑

アタシ お花畑で死にたいな ダッテ 生きてるうちに マルデ 天国にいるみたいに キット 感じ...

【詩】蠢く春

春になれば  目覚めなければ  ならなくて   まだ眠りたのに  なんとも  息苦しくなっ...

【詩】儚い夢

なんにもなれなかった。 棋士にもなれなかった。  科学者にもなれなかった。 なんにもなれ...

【詩】冷たい水

ポタッ ポタッ ポタッ ・・・・  冷たい水の雫が  私の額に落ちてくる。 いつまでもいつま...

【論説】おめでとう

「おめでとう」 と言われて素直に喜ぶ人がいる。 「関係ない」 そう思う人もいるだろう。 「...

【短歌】眠れぬ夜

頭に釘刺して 眠れぬ夜  「プロジェクトX」読みながら 自炊す  魚肉ソーセージ 噛んで吐き...

【詩】逃げる鳥

春告げ鳥が   逃げてゆく  追いかけて  なにをしようと云うのでせう   なにをしたいと...

【詩】跳ねるよ兎

兎よ 兎  跳ねろよ 兎   誰だ おまえは  偉そうに   そんなこと  言われなくて...

【詩】秘めた想い

愛し 恋しは  あのねのね  どうにもならない  ことなのね  どんなに秘めても  ばれば...