見出し画像

食欲が乱れてしまう要因の一つに低血糖が原因かも⁈vol.585


どうもTOMです!

岡山県津山市にて、パーソナルトレーニングスタジオ経営し現在3年目に突入しています。


コンセプトは、【身体作りをライフスタイルに】Quality of Life、生活や人生の質を高める結果と場所・空間を届ける事をビジョンに掲げています





さて
今日は【食欲が乱れてしまう要因の一つに低血糖が原因かも⁈】




ダイエットにおいて高血糖は
悪者扱いされがちですが、

低血糖に関しても
食欲が乱れる要因として

十分に考えておく必要はあります💡


「糖質を摂取すると、太るから」
「ご飯は一切食べない」
「糖質を食べると眠たくなる」

そういった単純な話ではなく

例えば、

特に夜中空腹で目が覚めたり
朝、極端に甘いもの
菓子パンなどが食べたくなる方、

日中、強い眠気、めまい、倦怠感など

もしかすると、
低血糖に原因があるかもしれません。


また、
もともと、筋肉量が少ない方や、
運動量が少ない方が糖質制限などをすると


糖質を処理する代謝の機能が低下したり


糖質がないことにより、体内にあるアミノ酸、などを分解して自ら等を作りだすなど、

これらは、結果的に
肝臓に負担がかかり、アンモニアなど
老廃物として、体に負担がかかってしまうこともあります。


出来ること、考えられる事は
やはり「食事」にあるかなと。



ダイエットや減量において


よくある間違いなパターンとして
ファスティングや断食をしたとして(僕は基本反対ですが)

デトックスをするならまだしも、

結局同時にほぼ99%の確率で
筋肉量の低下に加え、


=基礎代謝も下がり、
低血糖状態から再び甘いものが欲しくなったり

血糖値を上げようと働いたり、


あくまでそれを理解、知った上で、選択するのであれば、反対はしませんが、

僕のパーソナルトレーニングには向かないと思います。


過去に、断食もやったことがあるのですが、



経験談として、

①極端に筋肉量が下がった感覚があります。そもそもまず運動やスポーツ、トレーニングでパワーが出ない。

②なんだか顔に覇気がなくなる。健康的に引き締まったと言うよりも、顔が痩せこけてしまう。そんな感想がありました。

③結局続かない。食べたい欲が出てくる。
であるなら、極端に食べない断食よりも、毎日、ゆるゆる、コツコツでもいいから、食事改善を強い、食事量を調整しながら、好きなモノものも量を調整して食べる。


この③が個人的にはオススメだったりするのですが、



もちろん、年齢、
過去のスポーツ歴
運動経験、トレーニング年数、
生まれ持った骨格筋量
生活習慣、
これらも加味して、人によって異なるので
あくまで目安でしかないのです。


僕がダイエットや、減量中のカロリーになると
この基礎代謝を下回らない
ギリギリをベースにした食事内容になってきます。

もちろん、ここでは
筋トレや活動量増やすことも
ベースにしてお話をしてますが、

あくまで大事なのは、食事。

食事8割
運動2割であります。

これを話すと、「じゃあ運動が簡単でいいんだ」と話される方がおられますが、

それはまぁ確かにその通りなのですが、
その2割を「集中して、質の高い、正しく、筋肉に刺激を入れる。効果的な運動にしてほしいのです。」

つまり、ここには、
「正しく、効果的に、刺激を与える」

ということが含まれていることをご理解いただきたいです。



やはりダイエットやボディメイクは、

7割が食事

ここがベースにあると思っているので
参考にしていただきながらが、


長続きする、
身体作りをご自分の中で確立していただければと思います。


ということで、本日は
食欲が乱れてしまう要因の一つに低血糖が原因かも⁈


このテーマでお話しさせていただきました。

最後まで今日も読んでいただきありがとうございます。



それではまた明日😊



この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?