見出し画像

女優やタレントさんのボディメイクやダイエットを真似すると失敗しやすい理由vol.566

どうもTOMです

岡山県津山市にてパーソナルトレーニングスタジオを経営しており3年目に突入しております。

コンセプトは、
【身体作りをライフスタイルにQuality of Life、生活や人生の質を高める結果と場所・空間を届ける事をビジョンに掲げています】


さて今日は、女優やタレントさんのボディメイクやダイエットを真似すると失敗しやすい理由

このテーマでお話していきたいと思います。


最近はSNSをはじめ
映える身体など魅せるカラダ作り、
もちろんダイエットのために筋トレをはじめる人が増えていますが
そもそも筋トレに取り組む方は
痩せるためにも筋肉を鍛える必要は知っておくとそうでないでは大きな違いがでるかと思っています。


また、

ダイエットや減量をする中で
モデルさん女優さんのトレーニング内容や
食事内容を参考にするケースがある人も多いかと思います💡




もちろん、参考にするのは良いのですが、
あくまで参考程度にするのが正直な部分かと。



確かにスタイルも良くトレーニングをしていて、
食事内容もボディメイクの為の意識が高い食事にしているかと思います。

そのタレントさんや女優さんのインスタやYouTubeを見れば
綺麗なキッチンに綺麗なお皿、
デニムにノースリーブで引き締まった身体で
動画などが今では簡単に見れる時代ですが、



でも忘れないでいただきたいのは、
モデルさんや女優さんなど、
いわゆる

「表に出る人は意識が高く、実はパーソナルトレーナーやプロの指導ではなくても、ある程度は痩せれるし、体型をキープできる人達である」


こういった部分があります。


それだけ人前に出る、
見られる意識が高い職業の方たちは
体作りにおいて、意識が高く、
結果が出やすいと言う部分を
踏まえておくだけでも、

それを参考にして、うまくいかず、

メンタルダウン

になることを防げるかと思います。

ユーチューバーも同じです。
「足パカパカ運動で痩せました」
「腰くねくね運動で痩せました」

確かにそれはあるかもしれません。
でも、それ以前に視聴者からよく見られる為に
綺麗に見られるための意識が高く、
自分でも痩せておく必要があるという点です。

これは僕自身も似ている部分があり、
この職業についた以上、身体作りも仕事であります。

少なくとも僕自身はそう思っていますし

そうである必要があると思っています。

ただ、一方で

例えば、
「ついついプリンを食べちゃったり」
「シュークリームを食べちゃったり」
「筋トレもすぐにサボりがちだったり」

と言った
リアルなメンタルの中で、
どうしたらストレスを最低限にし、
ダイエットを上手くいかせる事ができるかといった

お客様のほうが僕が対応している方々は多かったりします。




年間約1000セッションの
ダイエットや減量の指導で、

痩せにくい、

体が変わりにくいと悩む女性の方と向き合ってきましたが

共通点は意外と同じだったりします💡

「食事制限をしてるつもりで、
実は思ったより食べている」




「若い頃に、過激な極端なダイエットをした経験がある」



「10年以上前と同じ食事、同じ運動量で痩せれると思っている」




これら3つはよく見る特徴です💡


ある論文によると「太っている人ほど摂取カロリーを過小報告する」と言うデータが報告されています。


これは食べたいことへの罪悪感から、自分の都合の良いように記憶を書き換え、無意識に食べたものを頭中から削除している。

といった論文内容です。


僕も、ダイエットや減量中の食事、カウンセリングや食事データを送っていただく中で、話を聞いてみると

「そういえばジュースを飲んでいました」

「そういえばアイス食べました」

と思い出す人がいます。


だからこそ、まずは現状を知った上で、まずは1週間自分の食生活と摂取カロリーを記録して向き合いながら、食事改善に取り組むことが、ダイエットや減量の成功への

小さな大切な1歩であると思っていますので、


タイトルの女優やタレントさんのボディメイクやダイエットを真似すると失敗しやすい理由のように

前提条件が異なる部分とのギャップで挫折してしまう部分もあったりすると感じるのが正直な現場感覚です。



また
食事の内容を報告したりするのはストレスな部分かもしれませんが、

ただそれでも女優やタレントさん、有名ユーチューバーさんと立場が異なるからこそ、


現状把握

計画

実践

改善

このサイクルが大切だと思っています。



個人的にはトレーナーとして
明日、一週間後の体重の数値や変化ではなく、

3ヶ月後、半年後、1年後と
少し先の未来を快適にするために

現場の分析は必要だと思っていますし、
客観的にアドバイスや指導を心掛けることが大切だと思ってます。

最後に個人的なおすすめとしては、
やはり筋トレここは健康的に痩せる、見た目も良くしながらダイエットしていきたい方にはぜひおススメ部分です。

たまに筋トレ以外で痩せれる方法ありませんかとご質問いただくことがありますが、もちろん食事制限や毎日ウォーキングやジョギングなども方法はあるでしょうが、



よほど基礎代謝が高く、
遺伝的に恵まれている人でない限り、
大半の一般女性は、
どんなに頑張っても食事だけでは体脂肪率は20%前半までが限界かなと思ってますし、
やはり見た目の変化が大きく異なるかなと。



効率面を考えても筋肉を増やし
代謝を上げる必要がダイエットにあると思っていますし、


そもそも、
体脂肪率は、
筋肉量を増やさないとなかなか下がらなかったりします。



ダイエットや減量の目的はもちろんですが、

それ以外にも、筋トレは
成長ホルモンの分泌を促したり
筋肉の成長を促進したり
体の酸化を防いで細胞レベルを若返らせたり
髪の毛や肌、爪を美しくしたりし

多くのアンチエイジングの効果にもつながるので、そういった恩恵を考えながら自分のトレーニングするのも良いかなと思います。

ということで、今日はトレーニングをするにあたっての大切なマインドの部分でもある、

女優やタレントさんのボディメイクやダイエットを真似すると失敗しやすい理由

このテーマでお話させていただきました。

少しでも参考になれば幸いです。


ということでまた明日です。


では☺


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?