ユニコーンステークス回顧

ユニコーンステークス回顧

まず回顧の前に。
このレースで命を落としたピンクカメハメハ号へ。
3歳から世界を股にかけ活躍し、凱旋初戦となったこのレースがまさか最期のレースになるなんて思いも寄らなかったです。
きっとサマンサトウショウの血を残してくれる種牡馬になってくれると信じていたのに残念でなりません。
どうか安らかにお眠りください。
また落馬した北村宏司騎手も重篤な怪我にならなかったのがせめてもの救いです。
早く復帰出来ますように。

さて回顧です。
1着△スマッシャー
2着 サヴァ
3着 ケイアイロベージ

サヴァを買うのは難しいですね。
きめ細かく見ていったらぎりぎり買えるか買えないかくらいで他馬をバッサリ切れないと無理ですし、そんな簡単に切れません。
ケイアイロベージも道悪では能力半減と思っていただけに誤算でした。

ちょっと買えない組み合わせでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます♪