見出し画像

[7/18 公開] 泊まれる演劇 In Your RoomのZoomチュートリアル

こんばんは。泊まれる演劇 運営事務局でございます。

今回も作品をよりお楽しみいただくためのzoomのチュートリアルをお伝えさせていただきます。過去作品にご参加いただいた方、zoomの操作を熟知されている方も是非ご一読頂けますと幸いです。

なお、本noteは公演前 / 公演中に随時更新される場合がございます。その場合、更新箇所は随時以下に表示いたします。
-----
▶︎ 7/18 初回note 公開


zoomとは

zoomとは自宅にいながら遠くにいる友人や会社仲間とテレビ電話ができるアプリケーションサービスです。当作品では演出上、パソコンからご利用ください。

アカウント登録なしでもzoomを使用することは可能ですが、事前にパソコンへのzoomアプリインストール(無料)、および必ずzoomの通話 / 接続確認をされた上でご参加をお願いいたします。操作上で不明点がある場合Zoomヘルプセンターを参照ください。


ご参加の流れ

まずは作品にご参加頂くまでの流れを簡単にご紹介します。

(1)当日までにインターネット環境に接続されたパソコンまたはスマートフォンをご用意ください。ご自宅のインターネット環境によっては映像や音声の乱れ、何らかの通信トラブルが発生する場合がございます。事前に必ずzoomの通話 / 接続確認をされた上で、可能であれば有線ケーブルなどをご用意頂けますと幸いです。

(2)ご鑑賞用のzoomページの招待URLをご指定公演の前日夜にメールにてご連絡いたします。もし届かない場合、公演への参加ができませんので、tomareruengeki@gmail.com までご連絡ください。

(3)各種zoom設定(※次章で説明)をお済ませの上、公演時間になりましたら招待URLから『ANOTHER DOOR』にご参加ください。ぜひお部屋の灯りを落として、お好みのドリンクを片手にお楽しみください。


zoomチュートリアル

ここからは『ANOTHER DOOR』に参加される前のzoomのアカウント設定、および公演中のzoomご使用のルールをご説明させて頂きます。

(1)zoomのプロフィール名を役職・ニックネームに
今作でも、みなさまには指定の『ニックネーム』がございます。(こちらは招待URLのメールに記載されています。)物語の世界により入り込んで頂けるように、zoomのプロフィール設定もこの『ニックネーム』で登録してみましょう。

A:すでにzoomアカウントをお持ちの方
以下に沿って、事前にプロフィール名を変更してみてください。ちなみに役職が『ホテルスタッフ』でニックネームは『ベン』であれば、画像のような形になります。また画像のようにプロフィール写真もご本人を特定できないものに変更頂いた上でご参加頂けると幸いです。

画像1

B:zoomアカウントをお持ちでない方
zoomアカウントをお持ちでない場合でも『ROOM 102』には参加可能ですが、ご使用のブラウザよってはGoogleアカウント名などがそのままzoom利用時のプロフィール名として表示される場合がございます。その場合、参加中でも「メニューの参加者 > 詳細 > 名前の変更」でプロフィール名の変更が可能です。(※今作ではzoomのミーティングを複数使用するため、事前に変更 <A>の上ご参加ください。)

画像2


(2)公演中のビデオ / 音声設定は原則ミュート
本作ではzoomのビデオ / マイクは原則ミュートとなりますが、一部ONにしてご参加頂くことが可能なシーンもございます。(もちろんミュートでもお楽しみ頂けます)
※音声マイクは演者からの指示がない限りミュートにしてください。

画像3

公演中、演者とのコミュニケーションを是非活発におこなってみてください。コミュニケーションはマイクまたはチャットの両方でおこなえます。その際、出演者の一人としてコミュニケーションをしていただくようお願いいたします。

なお、チャットは個人宛ではなく全体宛にお願いします。送り先に「皆様」を選ぶと全体宛となります。

画像4


(3)表示は"ギャラリービュー"がおすすめ
zoomの画面表示方法には"ギャラリービュー"と"スピーカービュー"の2種類があるのですが、複数の演者が表示されている際は、"ギャラリービュー"でのご鑑賞がおすすめです。(少しややこしいのですが、右上に「スピーカービュー」への切り替えボタンが表示されていれば正解です。)

画像5

なお、もしスマートフォンで鑑賞される場合は画面を右スワイプすることでビュータイプを変更できます。


(4)ビデオなしの参加者を非表示に
メニューの「ビデオの開始」右横の上三角ボタンを押すと、その中の一番下に「ビデオ設定」というボタンがあります。そこから詳細設定の画面が開くのですが、下から3つ目に「ビデオなしの参加者を非表示」という項目がございます。そこにチェックを入れてください。
そうするとスピーカー(演者)のみが表示されます。よろしければ画面を最大表示にして、じっくりと見てくださいね。

画像6

画像7

なお、『ビデオの開始』横の上三角ボタンが表示されない方がいらっしゃいましたら、ギャラリビューの状態で、ビデオをミュートにしてる人の画像の上で右クリック頂ければ、「ビデオなしの参加者を非表示」の選択肢が出てまいります。


(5)公演中の写真撮影 / スクリーンショットも大歓迎
本公演では公演中の写真撮影、スクリーンショットを歓迎しております。(動画撮影はご遠慮ください)
SNS投稿の際はハッシュタグ #泊まれる演劇 をつけていただけますと幸いです。


最後に

長文を最後までお読み頂きありがとうございます。最後に鑑賞にあたってお願いごとが2つございます。

1つ目は、上でも書かせて頂いた『ニックネーム』のキャラクターになったお気持ちでご参加頂ければ幸いです。オンラインでの交流は最初は緊張されるかと思いますが、この1時間だけは普段のあなたを解放されて、目一杯ストーリーの世界に浸って頂ければと思います。(もちろん公演マナーはお守りください。)

2つ目は万が一トラブルが発生した場合についてです。

普段の演劇やイマーシブシアター同様、ストーリーはリアルタイムで進み、またインターネット回線を使った作品のため、公演中にどんなトラブルが起きるかわかりません。(もしかすると途中でホテルが停電になってWi-Fiが落ちてしまう可能性も。)

ですが、そのようなトラブルさえも物語の一部に変えてしまうくらい、私たちは念入りに準備をしておりますし、出演キャストも胆力と対応力を備えた人たちに参加してもらっております。ですので、万が一の場合も、そんな ”事件発生版シナリオ" を楽しんで頂けるような寛大なお心でご鑑賞頂けると大変幸いです。

それでは、皆さまのお手元に案内状が届き、当ホテルのチェックイン時間になるまで今しばらくお待ちください。




※公演の最新情報は公式ツイッターでも随時更新いたします。





リアル宿泊版イマーシブ・シアター「泊まれる演劇『STRANGE NIGHT』」もチケット販売中です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
ホテルシーの『ホテルはメディアである』という理念の元、泊まれる演劇では革新的な宿泊体験を提供します。 https://www.tomareruengeki.com/