[最初から]ゾンビつかいの弟子 6章(前半)

(約11000字 / 読むのにかかる時間 : 約20分)

[最初から読み直しキャンペーン]
こちらは「ゾンビつかいの弟子」本連載ではありません。今後の投稿スケジュールはこちら


六章

1.

停電が起きたM県内の区域において、3ヶ所の収容センターから、『生体ロボット』が脱走した。

始まりは、ロボットたちの衛星通信機能を遮断していたジャミング装置が、地震による停電に伴っていったん停止したこと。もちろん、次の瞬間に補助電源へと切り替わったわけだが、敵はその一瞬を待ち構えていたのだった。

防壁はジャミングだけではなく、通信回線を使われないように二重三重の処置はされていたはずだった。しかし、結局は一瞬の隙をついてクラッキングが行われ、プログラムの強制的な再書き込みがなされたようだ。ロボットたちが覚醒すると、鎮静剤も革ベルトもほとんど意味が無かったことが証明された。

結果、3ヶ所の収容センターでは全てのロボットが脱出。また、安全対策が万全だった残り2ヶ所の収容センターでは、脱出できないことに気づいたロボットたちが激しく暴れた後に例の『爆発』をするという、阿鼻叫喚の眺めとなった。

ヤツラの『爆発』により、床から天井まで余すことなく血まみれになった部屋の写真がSNSで拡散し、ネットは狂乱状態となった。

問題は脱走したヤツラだけではない。この操作が可能だということは、いまだにあちこちに潜伏している『初期型』のロボットたちも、いつプログラムを書き換えられて攻撃に転じてくるかわからないということだ。

僕はほとんど眠れずに夜を明かし、ニュースサイトを回って、昨日の停電から始まった一連の事件の続報を追った。

神白はどうなる?

S町の収容センターは脱走者を出さなかったようだが、すぐ隣のK町の収容センターからは100体近いロボットが放たれてしまった。警察が道路を封鎖し、検問を敷いているが、今のところ回収できたのは2体だけ。ヤツラはほとんどがその辺りの森林に逃げ込んでしまい、自然豊かな地形が災いして、容易には囲い込めないようだ。

自衛隊による山狩りが行われるのでは、との憶測が出ている。

神白たちがあそこに留まっていると、ろくなことにならないのは明白だ。ゾンビ退治をしていたのがバレて、しょっぴかれるくらいならまだ良いが、下手をすればゾンビと間違われて『駆除』の対象になりかねない。
何より、去年の『関所法』の悪夢を思い返せば、いま現在仕事を持たず、まともな住居に帰らず、周辺住民からも孤立している神白たちは、帰ろうとしたところでとうぶん検問を通してもらえない可能性もある。

いや、そもそも、あんな廃墟と変わりない場所で無防備に過ごしていること自体、あまりにも危険だ。新型のゾンビたちがどんな性能を獲得したか、予測がつかない。神白が弟と同じ目に遭わないという保証はないのだ。
だいたい、彼らはニュースをチェックしているのだろうか?

僕は一応、神白が手紙に書いていた電話番号にかけてみたが、繋がらなかった。

ありがたくも、土曜日だった。講義や実験をサボらずに済む。それが何よりも重要だ。

スマホの通知を確かめ、サークルの先輩たちから入っていたいくつかのメッセージに返信した。
それから、家の車を借り、ナビにひとつめの住所を入れて出発した。

教習所の日程を繰り上げて詰め込んだのは正しかった。先週、学科と実技のノルマを果たし終え、日曜日に試験を受けて無事に免許を取れていた。
いずれにしろ、このゾンビ脱走騒ぎがあっても無くても、僕には車が必要となったはずだ。

市街地を離れ、山あいの国道をゆるく登りながら、こんな道だっただろうかと思った。バスで何度も来た道だが、自分で運転して進むとまるで風景が違う。目線の高さが違うというだけでなく、目に入るもの、注意が向くものの種類がまるで違った。

着いてから、ああ、ここだったと思い出す。
裏手がコンビニになっている、そこそこ歴史のありそうな一軒家。神白が赤い服を着替えてそこから出て来たときのことを、録画した映像を見返すように思い出すことができた。
ハーフだな、とあのとき思ったはずだ。

インターホンを鳴らすと、不安になるような長い間があってから「はい」と男の声が出た。

「すみません、『トモ君』はいますか」

「僕ですが」

当たり。
親が出ると面倒だと思っていた。

「あの、去年S駅で会いました。『アキちゃん』と夏の間、一緒に……」

「あ、はい、え? ちょっと待ってね」
ガチャンと素早くインターホンが切れて、また相当不安になるほどの間があってから、玄関が開いた。

神白の弟は杖で身体を支えて現れた。
けっこう動けるんだな、と僕は感心した。

「うーん。ごめん。そうだね。何となく覚えてる」
トモ君は僕の顔を眺めながら軽く首を傾げて、何か思案しているようだった。
「あっ。そうそう。伊東君、でしょ。思い出した。伊東家の食卓

僕は笑った。
「その言葉、久しぶりに聞いた」

「どうかしたの?」

「アキちゃんを迎えに行く。だから一緒に来てもらう」

「迎えに? あれ、一緒じゃない? 彼、今、どこ?」

「S町」

「S町? えーっとね。ごめん、話が読めてない。ていうかどこ」

「ニュースになってる、K町の隣。泊まり込みでゾンビ退治をしてる。もしかしたらニュースも見てないかも。あそこにいたら危ないし、たぶん彼ひとりだと検問で止められると思う……迎えに行くから、来て」

「ああ……」
トモ君は兄にそっくりな目で、遠くを見るような顔をして考え込んだ。

「迷うようなことなの?」
と、僕は聞いた。

「いや、ちょっと待って」

「待たないよ。あなたが来ないと、僕だけで彼を説得できない」

「違う違う。そうじゃなくて」トモ君は僕の車を指差した。「君、伊東君、初心者。若葉マークだね。運転得意?」

「いいえ」

「なら、僕が運転する」
トモ君は玄関の脇に停めてある、ワゴン型の軽自動車を示してそう言った。

「運転できるの?」

「この車ならね。この車、出すから、伊東君の車をここに入れて。車庫入れ、できる?」

「できますよ」

勢いよくそう答えたものの、実際には「できる」とは言い難いレベルだった。
僕はだいぶ苦労して自分の車を神白家の駐車場に収めてから、通りで待っていたトモ君の車の助手席に乗り込んだ。

トモ君の車は、足を使わずに運転できる特別仕様車だった。

僕は神白からもらった手紙を見ながら、セントラル・プラザの住所をナビに入力した。

「これ、アキちゃんの字?」トモ君は横から覗き込み、文面を読んで笑った。「何やってんだあの馬鹿は。この手紙を君に送ったの? 馬鹿だねえ」

僕は吹き出してしまった。
「弟からも馬鹿って言われてるんだ」

「だって本当に馬鹿じゃんか」トモ君は車を発進させた。「あと、僕は弟じゃなくて兄だ」

「向こうもそう言ってるけど」

「言わせておくさ。事実は変えられない」

どんよりと曇った空だった。
土曜日の午前中だというのに、そう実感できるような明るさがどこにもない。
見ていて疲れる空だ。

トモ君の運転は手馴れていた。少なくとも僕よりはずっとスムーズだった。
僕は今さらながら、運転の緊張で上半身がガチガチに固まっていたことに気づいた。

「僕の名前が伊東だって、アキちゃんが話したの?」
僕は聞いた。

「うん。聞いた。トウが東だと聞いた」

「けっこう喋ってたんだね。神白は、」

「僕も神白だよ」とトモ君は言った。

「……アキちゃんは、帰ってからあなたとは顔を合わさなかったと言ってたから」

「うーん、やっぱり避けられてたか」トモ君はちょっと考え込むような顔をした。「まあでも、多少は話してたよ。伊東君と旅をしてたと。珍しいなあと思ってさ。あいつは誰かと一対一で仲良くするような人じゃないから」

「え?」
僕は何となく、よく分からなくて笑ってしまった。

「僕はまたてっきり、ひとり旅か、もしくは、10人くらいでゾロゾロやってたんだと思ってた。アキちゃんはいつもそうだもの。けど、伊東君ていう人とふたりで出掛けてたと聞いたから、君のことは何者なんだろうと思ってたよ。意外と普通なんだね」

僕は返事に困ってしまった。

僕と神白がF県で長く足止めされたのは、単なる不可抗力だ。予定外のことだった。
だから、取り立ててそこに神白の意思が入っているとは思えなかったのだが。

でも、考えてみれば、最初にC県まで僕を送って行きたいと申し出たのは、神白のほうだったのだ。

「トモ君に自警団を取られたので、落ち込んでた、と僕は聞いたけど」

「取られた? やだなあ、あいつそんな言い方したの?」トモ君は楽しそうに言った。「先に取ったのはアキちゃんだ。僕は返してもらっただけだよ」

「え」

「ほんと、濡れ衣だよ、それは。うわあ、ひどいなあ。なんでそんなひどいこと、言えるかな? 自分が被害者なわけ?」トモ君はしかし、すごく嬉しそうだった。「ウケるわー。じゃあ何、僕がこの身体になったこと、彼は何と説明してたの?」

「うーん。ヤツラに襲われて、脊髄をやられた、だったかな……」

「そりゃそうだよ。そうだけどさ。つまり、僕が自警団をしていたときに、ミスってやられたんだ。あの自警団はもともと、僕のだぜ」

「ええ……」

神白はだいぶ自信満々に、自分が設立した自警団だと言っていたが。
いや、この場合、どちらの言い分もあまり信用できないか。

なにせ、ふたりしてお互いを「弟」と言って譲らない状態だし。

「もう帰りたい」
僕は窓に頭を押し付けて外を見た。
「一気に馬鹿らしくなった。もうここで下ろしてくれませんかね? あなたがひとりで迎えに行けばいいよ」

「そうはいかんでしょ。ていうか僕が必要なかったと思うよ。伊東君がひとりで迎えに行けば、きっとすんなり帰ってきたんじゃない。僕が行っちゃあ逆効果かもしれない。そうだ、手前のほうで降ろすからさ、僕は隠れていようか?」

「そういうのいいから、普通にやって」

「まあ、そうだね、普通に連れ戻そう」

「アキちゃんは……」これは、言わないほうがいいことなのだろうか?「……トモ君を守れなかった、自分が許せない、と」

「ふん」トモ君は目を細めて遠く前方を見た。「いかにも、アキちゃんの言いそうなことだよ」

そのあと、トモ君が涙目になってきたので、僕はすごく気まずくなった。

言わなきゃよかった。

「なんでなんだよ……ほんとにさ」トモ君は言った。「おれがそんなの嬉しいと思うのかよ。そんなの……」

「そんなこと言ったってね」僕は思わず言い返した。「兄弟という立場からすれば、気にするなというほうが無理な話で」

「そうだよ、それだからさ」トモ君は辛そうな顔をした。「僕が、楽なほうを取っちゃったんだよ。いつも、アキちゃんには申し訳ないと思っている。僕は身体が辛いから、心は気楽でいられる。アキちゃんはどこも痛くないからこそ、気持ちの上で苦しまなきゃならないだろ?」

「そう……そうかもね」

贅沢な話だ。ふたりぶんの悩みを、ふたりでこんなにも悩んでいられるなんて。

「君たちはずるいよ」と僕は言った。

「ずるい?」

「ふたりいる。ずるい。羨ましい」

「じゃあ君にあげるよ、あいつは」トモ君は笑った。「うちでは余ってるんだ。一家に一台で十分だろ?」

「いらないよ。なんでわざわざ馬鹿なほうを引き取らなきゃいけないの?」

「確かにな。そもそも家に居つかないしな」
トモ君は信号待ちの間、ずっとニヤニヤ笑っていた。

「なんか、わかる気がする」
トモ君はだいぶ無言で走らせてから、不意に言った。

「何が?」

「アキちゃんが、ずっと君と一緒に居たというのがさ」

「いや、帰れなかっただけだよ」

「そうかね」

「好きこのんで一緒にいないよ。それは向こうもそうだったと思うよ」

「じゃあ今は何なのさ? 正直傷ついてるよ。僕に居場所を知らせないのに、伊東君には知らせてきたんだな、と思って」

「そりゃ、トモ君への嫌がらせでしょう」と僕は言った。「居場所を知らせずに出かけたら、さぞかし困るだろうと思って、わざとでしょ。僕が知るかよ」

「マジかあ。だいぶ恨まれてるなあ。なんでなんだろ。僕が何かしたのかな?」

「知るかよ」僕はもう一度言った。

なんなんだ、ふたり揃って同じことばかり言って。
高度な漫才か何かなのか?

「あ、そういえば……」僕はしばらく経ってから聞いた。「トモ君とアキちゃんはハーフだよね。なんでハーフなの?」

「なんで? さあ、なんでだろう」トモ君は首を傾げた。「ハーフじゃないよ。父ちゃんと母ちゃんは日本人なんだよ。黒髪で黒目。だから、養子じゃないかといつも疑われる。けど、どっちの家系も途中で外人の血が入ってるんだ。母方はひい婆ちゃん、父方は爺ちゃんが。うちの家では、黒髪で黒目のほうが珍しいくらいだよ。一度、親戚が集まってただけで通報されたことがある。変な外人の集団がたむろしてるって。確かに地毛が黒くない奴が多いからなあ、うちは」

「へえ……」

「それに、うちは特に父方が無鉄砲な家系でさ。ひい爺ちゃん、爺ちゃん、父ちゃん、3代続けてベッドで死んでない。海、山、あと高速道路で死んだ。僕みたいな、シャレにならない怪我をする奴も、うちの家系じゃ珍しくはないって言われた。だからさ、アキちゃんがどっか出掛けちゃうたびに、思うんだよね、ここで死んでもそれが彼の寿命なんだなって。僕は死なない程度にやられたんで、きっと運が良かったんだよ」

「やめろよ、そんなこと言うのは」

「君はいい奴だなあ」トモ君は言った。「あまり悲痛な顔をするなよ。アキちゃんは何とかしてるよ。あれでなかなか、したたかなんだ。どうする、まだ帰りたくないってごねられたら? ちょっと僕らふたりで、彼のゾンビ退治に付き合ってやろうかね?」

「それが困るからトモ君を連れてきたのに」

「いやいや、それは伊東君の考えが甘いんだ。背骨折られるまで闘う奴だぜ、僕は。なぜアキちゃんのストッパーになると思ったんだ」

「もういいよ。君たちをふたりで置いて、僕だけ帰るから……」

県道は細くなったり太くなったりを繰り返して北へ続いていた。
空は少しずつ晴れてきているようだった。雲に切れ間が見え始めている。

辺りの景色はしばらく前から、ずっと田んぼか山だった。

「ああ、平和だなあ。いい眺めだ」トモ君は感慨深げに言った。「こんな時じゃなければ、ってことだけど」

「何が?」

「こんな時代じゃなければさ。今って、戦時中だよね? これって、戦争じゃない?」

「そうかも。なんか、思ってたのと違うけど」

「けど、他の時代に生まれたかったか? って聞かれると、そうでもないか……」

「他の時代だったら、まだ歩いてたかも、と思わない?」

「まったく思わない」トモ君はきっぱりと言って、笑い出した。「もっと早く死んでたかも、とは思う」

「少しは自重しなよ」と僕は言った。「まさかとは思うけど、その身体でまたいつかゾンビ退治をするつもりじゃないよね」

「ええ?」トモ君はニヤニヤ笑った。「駄目なの? なんで?」

「なんでって、死ななきゃわからないわけ?」
僕はけっこう本気で溜息をついた。


2.

S町の市境となる小さめの川の手前で、検問に掛かった。

「すみませんね」かなり、訛りの強いお巡りさんが、トモ君の開けた運転席の窓からしっかりと車内を見渡した。
「行き先と、身分証を。全員ね。後ろのそれは、車椅子?」

「僕の車椅子です」トモ君は自分の免許証を出して答えた。

僕はT大学の学生証を出した。

「あれ、T大?」お巡りさんはヘラヘラと笑った。「何、部活?」

「S町で合宿してる仲間がいて。でも、もうこの状況だから撤収しに向かうところです」と、僕は言った。

「ああ、そうしたほうがねえ」お巡りさんは頷いた。「ふたりともT大?」

「いえ、この先輩は社会人ですが」

「ああ、分かりました。あ、少し待ってね」お巡りさんはトモ君の免許証を見ながら、クリップボードの上でボールペンを走らせ、「はい、ありがとうございます。ご協力感謝いたします」
言いながら、もう次の車に目を移していた。

トモ君は橋の上に車を進めながら、「知らなかった。早く言ってよ」と言った。「伊東君、めちゃめちゃ頭いいんじゃん? どこでアキちゃんなんかと知り合ったの」

「墓地で、ゾンビと間違われた」

「あ、うーん。なるほど?」トモ君はまったく納得しない顔だった。「いや、びっくりしました。確かに、伊東君がいた方が、検問を通りやすい。すごいもんだねえ、あのおっさん、態度豹変したね。……ねえ、僕やアキちゃんと話してて、嫌にならないの? 僕たち、馬鹿すぎるでしょ、伊東君にとっちゃ」

「別に期待してないもの」と僕は言った。

「うん、そうか」トモ君は苦笑した。

「それにさ、何か変わった特技があったところで、喋ることや考えることまで大きく変わるわけじゃないよ」

「うん」トモ君は神妙に頷いてから、「けど、僕には想像もつかない世界だ」

「僕だって、ゾンビ退治する人たちの気持ちなんて想像もつかないよ」

川を越え、広く長い登り坂を行くと、まもなく温泉施設とセントラル・プラザが見えてきた。

アスファルトを剥がされ、障害物でバリケードされた駐車場を見て、トモ君は笑った。
「おい、バリアフリーって言葉をまずこいつらに教えなきゃいけないな」

「これは相手にやられたらしいよ。出られなくさせて、兵糧攻めにしてる」

トモ君は器用に車を転回させ、運転席側をバリケードの始まるギリギリ手前まで寄せた。そのまま窓を下ろし、身を少し乗り出すようにして建物を眺めた。

「アキちゃんはいるのか?」

「また、2階なんじゃないかな」

僕は助手席から降りて回り込んだ。そのとき、3人の男が建物から出てきた。

「何回来るんだよ?」地主の男が言った。

「あれ?」と、もうひとりの若い男がトモ君を見て声を上げた。

3人は障害物を避けながら来たが、そのあいだずっと、何かを見極めようとする顔でトモ君を見ていた。

僕がS駅でトモ君と出会ったときも、この表情だったのだろう。

「弟を迎えに来たんだ」トモ君は3人に向かって言った。「呼んでくれる?」

「今、森に」と、地主の男は裏手の小山を振り返った。「ヤツラを狩りに行った」

「何してるんだ。ニュース見てないのか」トモ君の声は厳しくなった。

「ニュース? ここ、テレビ無いし、スマホも圏外」

「馬鹿じゃないのか。隣の町のセンターからゾンビが脱走したんだよ。この町はそこの川の向こうで封鎖されてる。あんたら、もう帰れないぞ。何をやってる。ほんとに何をやってるんだ」

「トモ君、落ち着いて……」僕は運転席に歩み寄った。

「馬鹿野郎。早くこのゴミを全部どかして。車を出すんだよ。あと何人残ってるんだ。全員ここに呼べ!」

一番若手の坊主頭が、遅れて建物から出てきた。「なんだ、また同じ人ですか?」

「これで全員ですけど」地主の男は口ごもりながら言った。「残り3人は、今、森に入ってて」

「呼び戻せ」トモ君は静かに、そしてはっきりと相手を威圧しながらそう言った。「呼び戻すんだ」

「でも、圏外……」

「え、俺、探してきましょうか?」坊主頭が、コンクリブロックの小山を身軽に乗り越えて来ながら言った。

「いや、待った、どうせ行き違う」トモ君は目を細めて、じっと4人を順繰りに見渡した。

全員が黙りこんでトモ君を見返した。

トモ君はしばらく間を置いてから、大きな溜息をついた。
「……クソ野郎どもが」

「なんだって?」地主の男が言い返そうとしたが、

「てめえのことだよ!」と、トモ君はすかさず怒鳴りかえした。

凄まじい空気になった。僕は心からうんざりした。

「トモ君、……」

「全員、家はどこなんだ」トモ君は僕をさえぎって、4人に向かって聞いた。「ここのすぐ近くか?」

「俺はそうです」坊主頭が、意外と物怖じせずに返事をした。「俺は、ここまで歩いて来てます」

「じゃあお前は歩いて帰れ。ここを片付け終わってからな。残りは何だ?」

「俺がここの土地の持ち主で」地主の男はモゴモゴと言った。「家もすぐ、車で10分、15分くらい。こっちのふたりはK町、この坂降りてったところ」

「なるほど? そして、僕の弟に同行してるふたりは?」

「エイちゃんがF市じゃないかな」坊主頭は県北の地名を挙げた。「佐藤さんはK町だ」

「そうか」
トモ君は苛立ちを隠そうともせず、駐車場の跡地を示して、「じゃ、早くやって」と命じた。

「え、何?」

「早くこれを全部片付けろ」トモ君は聞き返した地主の男をまた怒鳴りつけた。「言われなきゃわからないのか。車を出すんだよ。このゴミをどかせろ」

「けど、これは叔父さんが……」

「叔父さんが? なんだよ?」

「弁護士から触るなと言われて」

「弁護士? ああそうか。知るか。早くしろ。あと2秒で始めなかったらぶっ殺すぞ」

「今はここを離れないと」僕は補足した。「新型のゾンビが100体はそこらへんを歩いてる。新型は相当自由に動けるはずだし、どんな機能を持ってるかわからない。それだけでも相当危ないし、このあと自衛隊の山狩りが入るはず。そういうのと鉢合わせて揉めたら、もっと面倒なことになるよ」

「2秒経ってるぞ!」とトモ君は言った。

4人の男たちは、仕方なさそうにブロックや鉄棒を拾い始めようとした。

「ほら、適当に取り掛かるんじゃない」トモ君はまた怒鳴った。「ほんっとうに馬鹿どもだな! 車の前から始めるんだよ。車の通り道のぶんだけ、どかすんだよ。車が曲がれる角度で、車1台通れる幅で、直線距離でだ、分かってんのか? なんで言われなきゃわかんないんだよ?」

「中央の赤い車が一番近いから、まずそこからやろう」僕はその直線を手で示した。「ここまで開けて。どけたものをこの両側に積み上げる」

「そうだ、伊東君の言う通りにやれ」

4人の男たちはノロノロと仕事を始めた。トモ君が怒鳴りまくって、数分経つとだいぶ効率は良くなった。僕も手伝おうとしたが、トモ君は「君はしなくていい」と押し留めた。

「ほんとしょうもないゴミどもだ」トモ君はまだ怒っていた。「おい、車の邪魔にならないものはどかさなくていいんだからな! わかってんだろうな!」

「少し落ち着いてよ。別にこの人たちがアキちゃんをどうこうしたわけじゃないんだよ」

「わかってる」トモ君は噛みつくように言い返してから、すぐに「ごめん」と言った。

「アキちゃんは戻るのかな」
僕は建物の裏手にそびえる小山を見た。遠目には、さほど大きな森には見えない。ただ、実際そこに足を踏み入れるとなると、どの程度の道のりになるのか、僕には想像がつかなかった。

「連絡を取る手段が無いなら、待つしかないだろう」と、トモ君は言った。

「あまり悲痛な顔をしないで。アキちゃんは強いんだろう?」

「だから心配なんだよ。引くということを知らないんだから……」

僕は、4人の男たちが片付けをしている脇を通り抜け、建物の外側の非常階段を登った。

空は再び重たく曇ってきていて、樹々を揺らす風は不穏に湿っていた。

以前神白がそうしていたように、手すりに寄りかかって森を眺めた。緑色の海のように見えた。見つめているだけで、呑まれて行きそうだ。

「神白!」
僕は言ってから、神白がもうひとり下にいることに気づき、言い直した。
「アキちゃん! 戻れ! 戻って!」

声が、緑の海に吸い込まれていく。まったく手ごたえがない。

「アキちゃん! 戻って! 聞こえてるか! 聞こえたら戻れ! アキちゃん!」

こんな時だというのに、僕の頭を占めているのは、この大声を下にいる全員に聞かれている、それがものすごく恥ずかしいということだった。

それでも、やれることは全てやったという確証が欲しくて、僕は何度か立ち位置を変えながら20回ほどダメ押しで叫んだ。

あまりにも無力だ。

ただ、「距離が遠い」というだけの理由で、何もできない。そこに段差があるから、樹があるから、道が敷かれていないから。それだけの物理的な理由のために、何もできないのだ。
なぜこんな無力な身体で、平然として自信満々に生きてこられたのだろう。

溜息をつき、切り上げて階段へ向かおうとした。そのとき、

手すりを乗り越えて恐ろしいものがこちらに入ってきた。

ハシゴでも登るくらいの気軽さで。

無表情な顔。ぼろぼろに薄汚れた服。全身が汗と土にまみれ、長く伸びっぱなしになった髪がべったりと頭に張り付いている。

僕と『それ』の間には、20メートルほどの間があり、ただし、さえぎる障害物は何もなかった。

虚ろな黒い目が、はっきりと僕の顔を見ている。

僕は一歩あとずさり、それから、これがもし『初期型』ならそれほど早くは走れないはずだと計算した。

僕は身を翻して非常階段へ走った。

降りているのか、落ちているのか、わからなくなるほど。階段のステップが何のためにあるのか、自分の足がどこをとらえているのか、まったく認識できない。

僕が地上に着くと、片付けをしていた4人が何事かと呆れた顔で僕を見た。

「ヤツがきた」
僕は駐車場跡を突っ切ろうとしたが、落ちていた鉄の部材に足を取られて、転んだ。

そのまま非常階段を振り返ると、『それ』が淡々と一定の速度で降りてくるのが見えた。

「なっ……」地主の男が身構えたが、

次郎じゃねえか」坊主頭が、持っていた鉄棒をそのまま振りかぶって、当たり前のように向かって行った。

坊主頭はそれが非常階段を降り切ったところをすかさず打ち据えた。

鉄棒が側頭部に打ち込まれ、何とも嫌な音がして、それがバランスを崩した。残りのふたりの若者もコンクリブロックを持って飛びかかり、膝の辺りを執拗に何度もブロックで打った。

僕は立ち上がれなくなっていることに気付いた。
転んだ時に地面についた左腕に、散っていたガラス片がいくつか食い込んで、血がにじんでいる。

3人の若者は、すでに地面に崩れ込んでほぼ動かなくなっているゾンビに、代わる代わるブロックを振り上げては打ち下ろしていた。彼らは当然のように顔のど真ん中に攻撃していた。ヤツの顔はすぐ、血まみれになって潰れていき、3人はそれでも攻撃をやめなかった。
頭を割ろうとしているのだろう。

僕は目を背けて、腕のガラス片をひとつひとつ取り除いた。
それから、呆然としてただ眺めているだけの、地主の男に声を掛けた。
「あのさ、すいません、手を貸してもらえます?」

「何?」

「引っぱってもらえる?」僕は怪我していないほうの手を差し出した。「立てない」

「大丈夫?」
地主の男は近づいてきて、僕の腕を掴んで引っぱりあげた。

一瞬、足腰が立たないのでは、と不安になったが、どうにか踏みこたえることができた。
「ありがとう」

「大丈夫?」と男はもう一度言った。真面目そうな目が僕の顔をのぞき込んでいた。「ごめんね。嫌な目に遭わせてるね」

「まあいつも、覚悟はしています……次郎って呼ばれてるの? アイツ」
僕は『現場』のほうを見やって聞いた。

「ああ。見掛けても獲れなかったやつには、順番に名前をつけてるらしい。太郎、次郎、三郎」

「というか、ほんとにゾンビハンターなんだね、あなた以外は……どうせ名目だけなのかと思ってた」

「そりゃね、だってさ、遊ぶために居座ってるだけの奴は、神白さんが追い出しちゃったから」

僕は車のほうを振り返った。
トモ君は運転席から降りて、ドアミラーと杖を支えにして立っていた。
「伊東君、大丈夫か」

僕はそちらの方へ歩み寄りながら、
「乗ってたほうがいいんじゃない?」

「余計なお世話」トモ君はぴしゃりと言った。

「足のことを言ってるんじゃないよ。何をしでかすかわからない人には、出てこないで欲しいんだけど」

「減らず口を叩くなよ」トモ君はきっちりとやり返してきた。「アキちゃんと違って、僕はそういうの許さないよ」

「そうですか、すみません」

「その謝り方も、謝ってないよね。今は大目に見るけど、次は言い直させるぞ」

「……先輩、遅いな」
車の音が近づいてきたので、僕は思わず言いながらそちらを見やった。

「先輩って?」トモ君が聞いた。

「僕のサークルの先輩です。呼んでおいたんだけど。先に着いてるかと思ったのに」

果たして、坂道を登ってきたのは清水先輩の車だった。


六章 後半につづく)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

それはともかく「ゾンビつかいの弟子」は二次創作、ファンアート、絵、歌、朗読、無断転載、再配布、全て自由です。作者を偽らないでくれればあとは何をしてくれてもかまいません。もし面倒なら、特に報告なども不要です。皆で可愛がってやってください。

17
アラサーのママです。#小説 タグを無差別に読みます。長編小説「ゾンビつかいの弟子」をよろしくお願いします。目次ご覧ください→ https://note.mu/toma_mori/n/n40761080856c 現在は続編「怪獣をつかう者」連載中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。