見出し画像

怪獣をつかう者 画像版 250話

#画像版は疲れたら急にやめる場合があります 
テキスト版 4章-2 の分割・再投稿です。

--------------------

伊東は言った。「今すぐ休むなら、どこか都合のいい場所まで送ってあげてもいいけど。今なら」

「なんだよ、セールスみたいだな」トモルは笑った。「いいよ。今はまだいい」

「いいの? 今だけだよ? ほんとにいいの? 後悔するよ?」

「しつこい」

「僕が不安なんだけど」伊東ははっきりと言った。「なんとかならないの?」

「君の修行が足りん」と、トモルは言った。「ほら、どっちが運転するんだ。早く出せよ。モタモタするんじゃない」

「僕たちお前の手下じゃないんですけど」神白はぶつぶつ言い返しながら運転席に回った。

ひとまずもう一度、澤久間村に向かってみることにした。

--------------------

#小説 #長編小説 #連載小説 #SF #ミステリー #ブロマンス


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

それはともかく「ゾンビつかいの弟子」は二次創作、ファンアート、絵、歌、朗読、無断転載、再配布、全て自由です。作者を偽らないでくれればあとは何をしてくれてもかまいません。もし面倒なら、特に報告なども不要です。皆で可愛がってやってください。

13
アラサーのママです。#小説 タグを無差別に読みます。長編小説「ゾンビつかいの弟子」をよろしくお願いします。目次ご覧ください→ https://note.mu/toma_mori/n/n40761080856c 現在は続編「怪獣をつかう者」連載中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。