ゾンビつかいの弟子 エピローグ

1-7章総まとめ 8章-1 8章-2 8章-3 8章-4 
                                                                                                                                                                                   


谷中先生は一命を取り留めた。というより、僕のほうが遥かに重傷で、一命を取り留めたと言われたのは僕のほうだった。

結局、谷中先生は準備していた学会には出られず、9割がた出来上がっていた論文を向山先生が仕上げ、久山さんが代理で発表をしてきたらしい。
その話は向山研究室のなかで、それから数年は定期的に蒸し返される定番ネタとなった。

神白が僕を見舞いに来たのは一度きりで、しかも僕はそのとき深く眠っていた。


僕と神白がもう一度直接会ったのは、それから2年後だった。それなりに連絡は取り合っていたが、神白の仕事が不定休だということや、その後互いに恋人ができたり、別れたり、一人暮らしを始めたりと、目まぐるしく生活が変化する中で、わざわざ予定を擦り合わせて会うほどの用事もなく、月日は飛ぶように流れていった。

神白が僕のアパートを訪ねてきたのは、嵐の真夜中だった。
この地方には滅多に来ることのない、雨よりも風のほうが強い台風が近づいていた。安アパートの2階部屋は突風が来るたびに揺れていた。僕がちょうどテレビを消した直後でなければ、チャイムの音を聞き逃していたかもしれない。

玄関口に立つ神白は、青ざめて疲れ切った顔をし、目だけが燃えるように輝いていた。

「何か用?」と、僕は言った。

「僕、今からA県に行く」神白は唐突に宣言した。「しばらく連絡が取れなくなるかも知れないので、いちおう、それだけ言いに」

僕は黙って部屋の奥に戻り、財布と鍵を取り、すべての家電の電源を落とし、明かりも消した。

部屋を出ると、階段の下に神白の車がハザードランプを焚いて停まっているのが見えた。

僕は何か色んなことを言っている神白の言葉を全部無視して、無言で鍵を閉め、階段を降り、車のドアを開け、助手席に乗った。

「伊東君、僕、そんなつもりじゃなく……」神白は運転席に乗り込みながら、まだごちゃごちゃ言っていた。

「いいから。出して」と、僕は言った。

雨はまだ弱い。風だけが、不思議な熱気を持って大気をかき混ぜている。わずかに開けたままの窓の隙間から、むっとくるような湿気が繰り返し吹き込んだ。
中央分離帯に植わった街路樹が、異様なリズムで枝をうねらせている。
旅立ちの日としてはものすごく不吉だった。

車は点滅する赤信号を突っ切り、市街地を抜け、県北へ繋がる国道へと向かって行く。

僕は次第に笑いを抑えられなくなった。

「で、次はどこへ行きたいの?」
と、僕は聞いた。

「それなんだけどね、」
神白はアクセルを踏み込みながら、急にぱっと笑顔を見せて、明るい色の目を輝かせながら勢い込んで話し始めた。




(了)


2016.6.3〜2019.7.11

mori_toma


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

それはともかく「ゾンビつかいの弟子」「怪獣をつかう者」は二次創作、ファンアート、絵、歌、朗読、コスプレ、無断転載、再配布、全て自由です。作者を偽らないでくれればあとは何をしてくれてもかまいません。もし面倒なら、特に報告なども不要ですので、皆で可愛がってやってください。

27
アラサーのママです。長編小説「ゾンビつかいの弟子」「怪獣をつかう者」目次ご覧ください→ https://note.mu/toma_mori/n/n40761080856c SFとかパルプ書きます。

この記事が入っているマガジン

コメント (16)
[最初から読み直しキャンペーン]から入りました。
このコメント欄に感想を書いていいのか迷いましたが……。

『ゾンビつかいの弟子』感想

毎日少しずつでしたが、読んでいくのが本当に楽しい小説でした。
実は「ゾンビ」を題材にした作品には、これまで小説はおろか映画もわずか数本観ただけで、ほとんど触れた経験のない私です。そのため、詳しいことも新しいことも分からないまま、最初は森とーまさんの文章が持つリズムや呼吸、会話文と地の文のバランスから来る気持ち良さに惹かれて読み始めていました。
私の乏しい知識からの印象ですが、従来の普遍的なゾンビ像が持つコードを生かしながら、そこから少しずらすことで、新しいゾンビ像を創出していることに私は注目しました。(壁を塗るという行為、埋め込まれた基板、アップデート可能な仕様、生体ロボットの目的など、私は既存のゾンビにはない新しいアイディアだと思って読みました)
このメインとなる題材がこの小説の中心にあるからこそ、この作品のもうひとつの読みどころである多彩で魅力的な登場人物たちに安心して心を掴まれ、どっぷりと物語にハマっていくことが可能になるのだと思いました。
まず、冒頭から伊東くんとビィの、若さゆえの攻撃的で挑発的なものの言い方にハラハラしました。自警団のリーダー神白が、いつか怒り出すのではないかと、最初私は心配でした。笑
またこの神白という人物が、物語が先に進んでいくほど、どんどん分からなくなっていくようなところがあり(いい意味で)、彼の内面をもっと深く知りたいと思うようになりました。この人物造形は素晴らしいです。(金髪で赤装束なので、うっかり最初にカズレーザーをイメージしてしまって未だに抜けられないでいます)
そして、なんと言っても数田です。最初は癖のある人物だなと思っていましたが、彼の健脚がこんなにも頼りになり魅力的に思えてしまうとは。さらに弟ヨシオも面白く、ボーナストラックの3.5章は、私には外すことが出来ない場面となっています。
またトモ君の存在もこの物語には重要で、不自由な体であることや、兄弟のやり取りから浮かぶお互いの人柄、そこから滲んでくる複雑な愛憎の心理など、この兄弟の設定が物語に果たす役割と意味は大きいと感じました。
私は六章の終わりがとても心に残りました。ゾンビは元は人間だということに対する葛藤は、やはり主題にならざるを得ないと思うからです。
谷中先生が関わってくる七章と八章は、この物語をビシッと締めてくれて、とても読み応えがありました。
楽しくてスリリングな作品を、ありがとうございます。
つい、感想をだらだらと長く書いてしまいました。読み方を間違えて失礼なところもあったかも知れません。どうかお許しください。
この作品は書店に並んでいる数ある小説本と比べても遜色はないし、一緒に並べてあってもいいはずだ、というのが読んでいて思った私の素直な感想です。また別の作品を読みたいと思いました。
海亀湾館長さん
わーっ! こんなちゃんとした感想を!! ありがとうございます〜っ

場面や各キャラクターへの具体的な感想とても嬉しいです。カズレーザー、私も思いました(笑) 1章の途中まで書いたときに、この特徴だとカズレーザーだったな…と。

六章の終わりはお気に入りです。ここまで書いたときに、え、ここで終わりにしたいのになんでまだゾンビ騒ぎ解決してないの…と自分の中で文句タラタラでした(^^;; 事前にプロットをちゃんと作れてないので、自分でもどれくらいの長さになるのか分かっておらず。しかし何とか書き上げられて良かったです。

長い作品を読み通して頂き、ありがとうございました!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。