見出し画像

【音楽】ノスタルジックなロックを奏でるClaire

今回は私が個人的にとても好きなバンドです。少しノスタルジックで情景が目に浮かぶようなロックは私のツボでもあります(笑)。

Claire(Germany)
ドイツ ミュンヘンを拠点に活動しているエレクトロポップバンド。2012年にバンドを結成、ネットを中心に人気が広まり、現在はヨーロッパを中心に活動中。
website: http://claireofficial.com

~Interview~
-ではまず皆さん、自己紹介からお願いします。

こんにちはClaireです。ギターのフロー、シンセサイザーのネピ、メッセル、ドラムスのフリドル、そしてボーカルのジョジーです。ドイツ ミュンヘンをベースにしたエレクトロポップバンドです。

-最初はとあるプロジェクトのために集まった仲間だったけど、セッション後にバンドとして継続することを決めたと聞いてますがどのような経緯だったのでしょうか?
偶然というか必然だったんだと思う。クリックして自分にピッタリの人を見つけたりとかなかなか出来るものじゃないでしょ?もちろんお互いの人柄や音楽性とか全部ひっくるめて一緒にやりたいなって思ったの。皆全く違う音楽のバックグラウンドを持っているんだけど、例えばフローとかはインディーロックやハードコアが好きで、ハードコアを通じてフリドルにミュンヘンで出会ってたり、ネピとメッセルはフローと同じスタジオで働いていたんだけどそこはヒップホップやエレクトロ音楽のスタジオだったしね。私もインディーロックはよく聴いていたけど、主にポップソングやシンガーソングライターものをよく聴いてたから本当に皆バラバラの音楽を聴いてきたの。でもそんな私たちが一緒に音楽を作ってる、それが本当に楽しいのよ。

-Claireのサウンドはとてもキャッチーでポップだけど、どこかノスタルジックな要素もあり、聴いている人を曲の中に引き込む力が強いと感じます。またこのノスタルジックで美しい楽曲にジョジーのハスキーなヴォーカルが乗ることで更にはかなげな感じが増していると思いますが、自分たちではどうのように感じますか?
そう言ってくれてありがとう。皆が聴いて好きだと思えるものをどうすれば生み出せるのか考えるのは本当に難しいんだけど、たぶん自分が好きなことに一生懸命に取り組んでいれば人は自然とついてくるんじゃないかなと思うの。 それに私たちの色んな音楽への興味をブレンドすることでいいものが生まれればいいと思ってるわ。

-以前リリースしたEP “GAMES”がインターネット上で話題となりましたが、この曲が生まれた背景を教えてください。
この楽曲を制作した時は、気分的にとてもノっていたときだったの。色んなサンプルやグルーブを試しているときにこの”Games”の音を見つけたっていう感じだった。この曲が形になるまで結構試行錯誤したんだけど、結果的にいい感じに仕上がっててとても満足しているわ。

-この曲がここまで成功すると予測していましたか?
正直言ってリリースするかどうか悩んだほどだったから受け入れられるとは全く思ってなかった。でもレコード会社の担当者から、ファーストシングルとしてリリースするにはピッタリだから出した方がいいと強く説得されてリリースしたの。結果的に皆からのフィードバックも良かったから嬉しかったわ。

-“Games EP”に続き、2013年にアルバム“The Great Escape”をリリースしていますが、どのようなテーマを掲げて制作されたアルバムだったのでしょうか。
“友人同士のポジティブなバイブ”っていうのをテーマを掲げてたかな。ノスタルジックな思い出とか愛とか、自分が思い描いてたものがかなった時とか、なんとなく過去を懐かしく思ったりする感じってあるじゃない?そういう感じの雰囲気を詰め込みたかったの。私たちにとってスタジオでの作業はとても大事な作業だった。アルバム名を”The Great Escape”にしたのは、あまりに長い間スタジオで作業をしていてちょっと現実とかけ離れた気がしていてからスタジオに逃避行していたっていうイメージでこのタイトルにしたのよ。

- ではその重要な作業が行われたレコーディングですが、大変だったことなどありましたか?
時々自分がやっている作業がすべて無駄に思えるときってあるじゃない?それを大丈夫、自分は間違ってないと自分に言い聞かせて奮い立たせるのにもがいたりしたことが大変だったかな。時々上手くいかなくて投げだしたくなったりするときもあったけど、諦めたらだめだって思って頑張ったの。

-以前Facebook上で、ツアー先のロンドンで楽器を盗まれるハプニングに見舞われたニュースを見ましたが、そのニュースを見て私も大変ショックだったのを覚えています。そんな辛い体験をどう乗り越えたのですか?
私たちにとっても、それを理解して乗り越えるまでだいぶ時間がかかったわ。持っていたすべてのものが盗まれてしまったから全部買い直すお金もないし・・・だからあれは私たち自身、もうダメだと思ったくらいダメージだった。でも皆の温かいメッセージや、サポートがあったからここで諦めたらダメだと思って、四方八方手を尽くして探し回ったの。
結局盗まれたものは最終的に見つかったのよ。見つかったらいいなっていう希望はあったけど、そういうのって滅多に起こらないことだから信じられなかったわ。 運もあったと思うし、本当にすべての出来事に感謝しているわ。もちろん見つけてくれた人にもね。

-新曲“RASEINIAI EP”について教えてください。
このEPは同時に同名のショートムービーも公開しているんだけど、今話した楽器が盗まれたことを題材にしているの。楽器が手元に戻った後、匿名で情報を寄せてくれた人は誰なんだろう?ってずっとひっかかっていて。そこからもしかしてこうだったんだろうか、ああだったんだろうかってそのことについてずっと考え始めたの。ちょうどそのときテレサ・ホール(ドイツ女優)と一緒に映像を撮ることになったから、その出来事を私たちなりに予測した内容のシナリオを元に映像にしようってことになったの。

-もし日本に来日したらやりたいこと、行きたいとこはありますか?
日本に行けたら本当に最高ね。たぶん興奮して完全に浮かれていると思うわ。私は日本のスノーボードのTVゲームを散々やってたから、もし雪が降ってる時期でスノーボードが出来るならやりたいなって思ってる。それと日本庭園や近未来的な日本を見たいな。ほかにも桜の時期に行くのもいいかもね。ちょうどこの間、桜の時期の日本の写真を見て、あまりに美しくて言葉を失ったくらい!

-では読者に向けてメッセージを頂けますでしょうか?
私たちが今こうやって音楽を続けられているのはファンのみんなのおかげよ。本当にいつも感謝しているわ。早くアルバムをみんなに届けて、またライブでみんなと思い出を作って行きたいわ!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります♪
2
語学好き。通常は英語使い、現在は韓国語の習得目指して勉強中。 語学で人の役に立つことを目指して日々奮闘中。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。