えんやこら(Enyakora)

えんやこら(Enyakora)

「えんやこら」
陽が落ちるまで
ずっと こうしていたいから
街に光が灯り 
ゆっくりと 街にでる 

えんやこらと 網を引いて
深く 深く 自分へと潜り
転がる想いを  
そっと抱きしめて

昨日 脱ぎ捨てた Tシャツを
今日 着直して 出かける時に 
光が僕をかすめ       
ゆっくりと 自分へかえる

えんやこらと 畑に鍬いれて
深い 深い 自分から目が覚めて
転がる想いを
そっと抱きしめて

道の上に 転がる言葉を
蹴とばし 蹴とばし あの娘の元へ
転がるあの娘を そっと抱きしめて
転がる言葉を  そっと抱きしめて
転がる自分を  そっと抱きしめて


「Enyakora」(English translation)
Until the Sun goes down
I want to stay this way
The light turns on in the town
Go out in the town slowly

Enyakora, take the rope
Go deep, deep inside myself
My mind, rolling on the floor
Take it softly in my arms
   
The T shirts I took off and left yesterday
I put it again and go out
The light goes by my side
And I come back to myself slowly

Enyakora, break the ground
Wake up from me, deep, deep inside
My mind, rolling on the floor
Take it softly in my arms

Words rolling on the road
Kick them again and again to that girl
That girl rolling on the floor, take her softly in my arms
Words rolling on the floor, take it softly in my arms
Myself rolling on the floor, take it softly in my arms

©2020 tokuamimasamune All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。