スホイ(shøi)

スホイ(shøi)

「スホイ」
かけられた絵を ライトが照らして
時計の針を 滑らせて行く
盤上を歩いて デンマークの匂い
肺いっぱい吸い込んで 目を見開く

どんな気持ちでいたのでしょう

振り返ることなく 女は静止して
顔 想像して 部屋に一本の光

どんな気持ちでいたのでしょう

男の目に映る 部屋はいつも灰色
脚の足りない ピアノが寄りかかる

どうやら パリは賑やかで 光の中パレット
男の作業場は いつもこの部屋

どんな気持ちでいたのでしょう

降ろされた絵は 役目を終えて
時計の針で 私は刺された
一定のリズムで 盤上を歩かされて
ちょうど一周して 目を閉じる

灰色の部屋に ストーリー描いて
役にも立たずに それでも続けた


「shøi」(English translation)
Light from the window lights up the hanged painting
Steering the hands of the clock
Walking on the clockface, the scent of Denmark
Filling the lungs and opens the eyes

What was the feeling at that time?

Without looking back, the woman stays still
Imaging her face, a ray of light in the room

What was the feeling at that time?

The room in his eyes is always gray
Piano lacking a leg leans over

It seems like Paris is bustling, the palette among the lights
The workplace of the man is always this room

What was the feeling at that time?

Unhanged painting has no longer its role to play
I was stubbed with the hands of the clock
I am forced to walk on the clockface at a constant rhythm
After a round, I close my eyes

In the gray room, writing stories
It didn’t do any good but still, continued

©2019 tokuamimasamune All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。