見出し画像

オフグリッド移動オフィス「ザリガニ号」を譲渡します

愛用のオフグリッド移動オフィス「ザリガニ号」を使ってくれる人を探しています。

電源から解放されたらどこでもオフィスになった。自作オフグリッドカーで旅するように仕事をする新井由己さんの「オフグリッド的生活」のススメ
http://greenz.jp/2014/10/20/offgrid_arai/

電気を自給できるキャンピングカー

50Wのソーラーパネルを2枚、100Ahの高性能再生バッテリーで、雨が続いても1週間くらいは電気が賄えます。使っているバッテリーは、以下のページを参考にしてください。

Vol.3「これはおすすめ! 高性能の再生バッテリー」電力会社からの送電を使わずに、ソーラー発電などで暮らし始めた人たちを紹介したい! - クラウドファンディングのMotionGallery
https://motion-gallery.net/projects/off_the_grid/updates/5816

バッテリーを床下収納箱に入れる必要があったので、背が低いGSユアサのPWL12V100(100Ah、小型制御弁式、35kg)を7000円で購入しました。チャージコントローラーもMPPTのものに新調しています。いろいろ検討した結果、評判のいいTracer-1210RN(10,300円)にして、せっかくなので、バッテリー電圧や残量の目安がわかるリモートメーター MT-5(4,600円)も接続してみました。

助手席の足下までソーラー発電したバッテリーの出力を延ばしているので、携帯やスマホの充電も車のシガーソケットを使わずに、ソーラー発電の電気で賄えます。

荷物を満載したい場合の床下収納バージョン

さらに改造して、床下収納を増やして大工道具を積み込めるようにしました。後ろ側はコの字状態の足に根太(木の棒)を渡して、ダボ穴で固定しているだけなので、簡単に分解できます。シンプルな一人用にしたり、床下収納のある二人用にしたりと、用途に応じて使い分けることができます。

前半分は箱が3つ並び、2つを後ろに上げると段差ができ、残りの箱がテーブルとして使えるようになっています。シンプルなバージョンと比べて、車内からの眺めが少なくなり、ちょっと快適性は落ちてしまいます。

僕は大工道具を床下に満載していますが、収納スペースはたっぷりあります。フラット部分は長さ190cm、幅120cmくらいあるので、布団を敷いて二人で寝ることもできます。なお、床下部分にも収納スペースがあります。

このほか、スライドドアと後方サイド窓のカーテン4枚、運転席・助手席用の網戸、スライドドア用の網戸2枚、バックドア用の網戸も付属します。防犯上の問題が気にならなければ、全面網戸になるので夏場でも快適に車中泊できます。

運転席側のダッシュボードにクリップ式のホルダーがあります。僕はiPhoneでYahoo!カーナビ(無料アプリ)を愛用しています。

【車データ】
ダイハツ ハイゼットバン 4WD
5速マニュアル(ATではありません)
年式/平成7年
走行距離/159,234km(12月27日現在、まだ使っているのでもう少し増えます)
定員/2名
装備/ETC(アンテナ分離式)、ライト消し忘れブザー
状態/エンジン等の機関は良好ですが、車体の一部にサビがあります。タイヤはスタッドレスで、3分山くらい(今シーズンは持つと思います)。フロントのサスペンションがときどき底付きする(ガツンと衝撃がある)ことがあるので、できれば交換したほうが快適に乗れると思います。古い車なので、高速は時速80〜100kmしか出せないと思ってください。僕はいつも80kmで走ってます。登坂車線があるような坂道は、パワーがないのでのろのろ運転(60km/hくらい)になります。古い車なので、のんびりした気持ちで大事に乗ってくださる方を希望します。

【譲渡価格】32万円(友人価格25万円)

車両は0円です。車検が2017年2月20日まであるので、2月の引き渡しを希望します。次の車検代(2年間)として7〜8万円くらいかかります(車検取得後のお引き渡しも可能)。ソーラー関係の設備とキャンパーに改造した材料費として、32万円(友人価格25万円)でお願いしたいと思っています。山梨県が拠点ですが、常に移動しているので、受け渡し場所や方法は相談させてください。

バッテリーは2016年7月にメンテナンスフリーのものに交換しました。オイル交換は5000kmごとにしていました。次の車検時にエンジンオイル&オイルフィルター交換をおすすめします。また、プラグコード、デストリビューター、イグニッションコイルを2万キロごとに交換しています。これも次の車検時に交換するのをおすすめします。最低限、この2つのメンテナンスをきちんとすることで、軽自動車でも30〜50万キロは走れるそうです。燃料フィルターとタイミングベルトは10万キロごとに交換するのが理想です。

【締め切り】2017年1月15日

2017年1月15日までに連絡をいただいた方のなかから、選考させていただきます。この車をどのように使いたいか、アピールしてください。また、次の車の製作費をクラウドファンディングで募っていますが、目標額に達成しない場合、ザリガニ号は希望価格からオークション形式にさせていただく場合があります。以下の応援&シェア(できればコメント付きで)もお願いします。

トラックハウスをつくって、アクティブなホームレスになりたい! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
https://camp-fire.jp/projects/view/13719


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

基本的に、noteでいただいたサポートは、ほかの方の記事のサポートに使わせていただいてます。

ありがとうございます。よかったらシェアや投げ銭もお願いします!
4
遠隔緊縛師/タントリック&KAIUNヒーラー ◎セックスと平和を愛するサル・ボノボに学び、身体と心のメンテナンス”ぼのぼり庵” を主宰。スキンシップをベースにしたセッションで平和の種を蒔き続ける。
コメント (2)
今更なのですが、ザニガニ号ってもう売れちゃいました?
問い合わせ、ありがとうございます。残念ながら⋯⋯。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。