見出し画像

【スタッフレビュー】「新豆 ゆで落花生」はこの時期だけの秋の味

こんにちは。とことこ暮らし編集部Yです。
先日、「小林の落花生」さんから「ゆで落花生が新豆になりましたよ!」とご連絡をいただきました。

画像1

「新豆」はその年に収穫したばかりの落花生。
最大の特徴はその爽やかな、新豆ならではの「香り」です。
このシーズンを待ちわびている新豆愛好家の方もいるのだとか。

茹で落花生

一般的な殻付き落花生やピーナッツなどは収穫後天日干しなどを行いますが、掘りたての落花生を即茹でる、「ゆで落花生」は、落花生商品の中でも真っ先に新豆が味わえます。

小林の落花生さんの豆菓子はどれもとびきりおいしいですが、私(スタッフY)は中でもゆで落花生が大好物。落花生観が変わったといっても過言ではありません。
実際、ゆで落花生未経験の方は「まあ、落花生ってこんな味でしょ」というイメージがあるかと思うのですが、その「こんな味」とは全然違うんです!
もちろん文字で伝えようとしても限界があるのですが、なんとかお伝えしたく、自分が家で食べる前に写真を撮ってみました。

画像3

おいしそう! (手前味噌)

ゆで落花生は柔らかく、ほくほくなんです。殻をむいて薄皮ごといただくのですが、薄皮も渋さはなく、口当たりもなめらかで殆ど気になりません。
実は薄皮にはワインと同じ抗酸化作用の強いポリフェノールが含まれており、健康に良いそうでこれも喜ばしいことですが、正直ここはおいしさの方を訴えたいと思います。

画像4

断面の、このみずみずしさが伝わるでしょうか?
冷凍で届いた落花生を常温で40分ほど自然解凍するだけで、この通りゆでたてのフレッシュなおいしさがよみがえります。

爽やかな豆の香り。そして大地の恵みを感じるうまみ。ほんのり甘く、茹で栗を思い出すような味、とも言えます。食べ始めたらもう止まりません。

地元・茅ヶ崎ではそのおいしさは広く知られており、催事に出店した際にも人気No.1なのだとか。

秋の夜長、部屋でのんびりお茶でも入れて、1つ、また1つと食べていると幸せを感じます。
ぜひぜひ、一度お試しください。

商品ページはコチラ↓↓↓

小林の落花生さんについての記事はコチラです↓↓↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
「とことこ暮らし」は、湘南の魅力発信オンラインショップです。 noteではショップの最新情報に加え、取材の裏側やスタッフによるこぼれ話なども発信していきたいと思います。よろしくお願い致します!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。