見出し画像

♯018 精神科病院を退院後の受療中断をいかにして防ぐか(約束やルール決めをする)

画像1

退院後、本人が受診や服薬をやめてしまうことがあります。主治医の判断で徐々に投薬を減らしているのでないかぎり、自己判断で治療を中断してしまうことは、症状の悪化にもつながります。

家族からの相談を受けていると、「過去に通院(入院)したことはあるが、途中でやめてしまって、そのまま何年も経ってしまった」と話すなど、受療中断した際に、家族も対応をとっておらず、結果として、病気の方を長年、放置したことになってしまっています。

そもそも、本人とのコミュニケーションがとれておらず、通院や服薬を自己管理に任せているケースもあります。当然、受療中断したことによる状態の変化にも気づかず、病状がひどくなってから受療中断の事実を知るのでは、あまりに遅すぎると言えます。

退院後に受療中断しないための環境を整えることはもちろん、受療中断となった初期の段階で、いかにして対応をとれるかが重要です。

退院前を前提とした面会で、ルール決め

受療中断した方を再び医療につなげることは容易ではありません。とくに、もともとの親子関係、家族関係が希薄なケースでは、第三者が介入・訪問(受診勧奨)しやすい環境にしておくことが重要です。

よって入院中から、「退院後に受療中断した場合、家族の力だけでは服薬管理や受診につなげる自信がない」と不安があるのであれば、病院のカンフレンスでそのことを伝え、そうならないようないくつもの手段を講じておくことです。

この続きをみるには

この続き: 1,616文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
♯011~♯019まですべてお求めの方は、マガジンをご購読いただいたほうがお得となります(1870円→1380円)。

本人を精神科医療(入院治療)につないだあとに大切なことは、本人が病識をもち、退院後も治療を継続できるよう環境を整えることです。そのために、…

または、記事単体で購入する

♯018 精神科病院を退院後の受療中断をいかにして防ぐか(約束やルール決めをする)

(株)トキワ精神保健事務所

220円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
3
トキワ精神保健事務所は、創業者・押川剛が1992年に起業し、1996年より病識のない精神障害者を説得により医療につなげる「精神障害者移送サービス」を創始。社会復帰のサポートも行っています。一覧 →http://www.tokiwahoken.com/tokiwanote.html