ルフランの地下迷宮と魔女の旅団攻略感想2「「いじめる?」と問われたら「いじめないよ~」と返す世界」

ルフランの地下迷宮と魔女の旅団攻略感想2「「いじめる?」と問われたら「いじめないよ~」と返す世界」

音霧カナタ

 現在厄介な三棟アパート的ダンジョンを攻略していますが、レベリングに足踏みしています。どうしてもあいつはこの手で倒さねばならない! 今回は最初のダンジョン、その後半戦です。

不用意な返事は戦闘の元

 私ことレキテイちゃんはダンジョンに潜む住人たちの言葉を喋ることが出来ません。会話が出来ないため、彼らの言葉はこの段階では訳のわからない文字で表示されます。

 そんな時道を塞ぐように佇むゴーレムと遭遇。何事か質問されて

「是認」「否定」「沈黙」の3つを選ぶことに。ここで私のゲームセンスが問われる。必殺、メタ読み! メタ読みとは! ゲームの展開上こういう発言をこいつはするだろうという、相手の意図を勝手に汲み取る能力である!

多分『ユーは何しにダンジョンへ? ここを通るの? 私を壊していくのかい?』と言っているに違いない。

「否定」! すると次の選択肢。

恐らく『じゃあ私と争う気はないってことかな? かな?』と言っているのだろうと断じる。

「是認!」 すると戦闘開始。

 ……なんでやねん!!!? 道すがらで、この時点でアイテムを戦闘中に使うことが出来ないと勝手に思い込んでいた私は最大のピンチを迎えることに! が、辛勝。死にはしなかったが危ないところであった。

巨大精霊現る

 皆様はそれぞれのフェチ、趣味趣向を持っている。私にもある。ムチムチの体つき。だけど今回出会うのは規格外だ。沼から肩までしか出ていないのに人を飴玉のように呑み込めそうな巨大精霊が現れる! 巨人だ……駆逐しなければ……!

「やられるまえにやる」これはRPGの常識だ。まごついてたらやられるのはこちらである! 「身に覚えがなくてもやり返せ! 誰彼構わず、倍……いいえ、千倍返しだぁあ!」

巨大精霊「いじめる?」

 古くは、テレビアニメ「ぼのぼの」ちゃんを道徳として見聞き育った私にとって、この言葉を言われたら何と返すかは既に決まっている。「いじめないよ」だ。そうだ、やられてもやり返さない。そんな解決策だってある。素敵だと思う。(因みに後で知ったけど、いじめることで違う展開もあったりするらしい)

 でも会話の途中に「いたいいたいいたい」と、何か痛がっている様子なのは気になった。これを解決すれば何事か状況が好転するのだろうと思った私は、周囲の探索を続けるのだった。因みにここら辺の魔物は特に苦も無く倒せるので、やっぱり1階西のスライムは尋常ならざる強さだったのだと悟るのである。

ええっ!? こんな所で渡しを!? できらぁ!

 さらに進むと、このダンジョンの特性が分かってくる。まず汚れた川に見える沼が至る所にあって先に進めない。どうあっても無理と思うような場所も点在する。道中地面に突き刺さって抜けない妙な槍もあり、「多分これが、刺さって痛い何かなのだろう」とは思ったけど何のアイテムもないので対処できなかった。

 その先、おじさんがいて訳の分からん言葉を投げかけたところで「拠点に戻る」ことを余儀なくされる。

 メインストーリー進める度に帰還指示が来るのは正直煩わしいが、レキテイちゃんになった私に選択肢はない!

 しかし性悪魔女のドロニアから授かった「翻訳可能」機能によって会話が出来るようになった! 気になっていたのは2階にいた変な奴。「穴を掘らなければ、掘らなければ」と必死になっている。会話は出来るが会話にならないという「ワシらには救えぬ命じゃ……」とさじを投げた私は先に進むのであった。

 渡しのおっちゃんと会話が出来るようになったものの、船を出しても転覆必至らしい。「精霊の許可を取ってこい」という無茶ぶりと、マトックを貰う私が閃いたのは

「これで精霊の頭にゴチン☆とぶちけるって、コトぉ!?」

次なるダンジョンへ!

 まあそんなわけはなく。マトックを死人さんに渡し、勝手に満足昇天させたら彼の持っていた「ロープ付きの碇」を入手。

「俺は、ルカちゃんのASMRが超ほしいレキテイちゃん初号機パイロット、音霧カナタです!」と叫びながら件の槍を抜錨! これがまた超強力な武装でビビる。確かにこんなもの刺さっていたら痛い……いやいや痛いで済むのかこれ???

 無事痛いの痛いのを飛ばして精霊さんも大満足で帰っていき、彼女の友人である鳥が許可証をくれた。ありがてえ!

 渡しの先にあった小島には、別のダンジョンに繋げるポータルのような小屋を発見。次回【コビトの国】。気分はすっかりガリバーだ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
音霧カナタ

サポート1人を1億回繰り返せば音霧カナタは仕事を辞めて日本温泉巡りの旅に行こうかなとか考えてるそうです。そういう奴なので1億人に到達するまではサポート1人増える度に死に物狂いで頑張ります。

次の記事への励みになります!
音霧カナタ
アニメ・ゲーム等の攻略兼感想などの楽しい記事を書きたい人です。 名前は「霧のカナタに音在りて」とありますが音楽活動はしていません。 MCUが好き、Vtuberが好き、アニメやゲームも勿論好きです。