Togo
ブック100ドルチャレンジ
見出し画像

ブック100ドルチャレンジ

Togo

こんばんは、Togoです。今回はにっしさんがTwitter上で呼びかけて始まった企画「ブック100ドルチャレンジ」にチャレンジした内容や今後に向けた提案など参加者目線からnoteに書いておこうと思います。
断っておきますが、自分でも書いてて特に面白くなかったので、面白さを求めてる人は今すぐタブを閉じよう。

1) ブック100ドルチャレンジとは

詳しくはにっしさんのnote参照↓
https://note.com/nbaction32/n/nf7c46b6ed522

簡単に言うと3週間強で100ドルを500ドルにしよう!という試みです。
冷静に考えると相当条件きついです。
クリア条件①:100→500ドルまで資金を5倍にする
この条件のみで考えると、正直そんなにきつくないかと。(実際に結構多くの人が資金を5倍にしたことはあると思います)チャレンジ前も「5倍とか余裕やろ!」と思ってました。
クリア条件②:期間は3週間強、正確には4/8~5/2までの25日間
きついのはココです、ココ。日数に縛りがある=タイムリミットが迫ると必然的にbet額を上げる&的中率を高くする必要があります。当然ですがbet額を上げたのに的中しないとめちゃ苦しくなります。

2) ブックチャレンジの経過

4/8~5/1までの残高推移です。ざっくり言うと
・最初に半額くらいまで落とす
・その後3倍くらいまで伸ばすが4万の壁に阻まれる
・残り日数が迫り、大勝負をかけて一気に転落
って感じでした。

画像1

(バブル崩壊時の日経平均株価の推移みたいな折れ線グラフになったw)

3) 感想

私の場合はTwitterでbet内容&Unit数の事前公開を半年近くやっているので
チャレンジ自体に抵抗感はありませんでした。それよりもきつかったのはやはりタイムリミット。

資金を短期間で5倍にするためにはbet額を途中から上げないと相当難しいんですが、それにしても3週間強は短すぎた。
この期間でこのラインをクリアするには実力+運がないと難しいかなと。
チャレンジ終了のタイミングを直前になるまで忘れてて一気にbet額を引き上げないといけなくなったのはきつかったですね。
ただし、このチャレンジ自体はめちゃくちゃ面白かったです!

そして何よりベッターにとっては凄く勉強になる機会かなと。
・全員がやってた訳ではなさそうですが、Twitterで自分の買い目を全部公開するってのは中々プレッシャーある。(bet内容を普段以上に考えないといけない)

原資が決まってるので、負けられない(的中率を求める)戦い方が大事になる。普段のバンクロールなら100ドル負けても特になにも感じないベッターがほとんどでしょうが、原資が決まってるとそれでチャレンジ終了なので。

・期間が決まってるので、プランニングが必要になる。(漫然と毎日何かに賭けるという賭け方では駄目)

4)提案

期間や金額のクリア基準の変更などは既ににっしさんがいろいろとご検討されてる&私の考えは伝えていますが、
・100→300、300→500みたいな二段階制にする
・もうすこし期間を取る
みたいな流れにするのが面白いかなと。

で、こっからは提案です。
めちゃくちゃおもろいコンテンツになる要素はあると思う一方で、みんなどんどん負けてにっしさんが原資なくなって辞めますとかなったら勿体ないなと。とはいえめちゃ応募ある中で儲かりそうな挑戦者を選ぶのもむずそう。

てことで、予選を実施したらいいんじゃないでしょうか?

・予選自体は参加free、ただし自分のお金でbetしてもらう
・不正が無いように#つけてbet内容&金額載せてTwitterに公開
・予選期間の中でスタート金額からどれだけ増やせたかで順位決定
・順位の上位者に100ドルプレゼントして、チャレンジスタート

って感じにしたらベッターにとっては自分自身のbet力向上にも繋がると思うし、ブックチャレンジ自体も盛り上がるし、にっしさん的にも挑戦者選びめんどくなくて良さそう。

以上!終わり!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
プレミア豆知識:クロップも植毛してる
Togo
プレミアリーグのブックメーカー予想をやってます。 2002-03シーズンの再昇格時からマンチェスターシティに惚れて約20年。 イギリス留学時代にサッカーベッティングにはまったのが全ての始まりです。