見出し画像

ラスト・オブ・エルフ(邦題:エルフですが何か?)

「貴様は…貴様は絶対にエルフなんかじゃなピィッ…!」

ナイスショット!

聖騎士の頭は兜ごと砲弾の如く飛び、燃える世界樹に叩き付けられ、石榴の様に爆ぜた。
神木より削り出された巨大な棍棒によって。

◆◆◆


聖人理教会が【この世界は人間の為に在る】と教義付けた日、全ての“亜”人間と定義付けられた者達への侵攻が始まった。
人理十字軍の始まりである。

◆◆◆

エルフヘイムが炎上している。

辺り一面に広がるエルフの射手や魔法戦士たちの亡骸…対魔装聖騎士団の急襲には成す術も無かっただろう。
だが同様に対魔装聖騎士たちの亡骸も地を埋め尽くしている。

一体何が!?

燃えるエルフヘイムに生ける者は二人!
一人は聖騎士、そしてもう一人はエルフと呼ぶには余りに大きく異形だった。

「…ぼ、ボくは、ダれよりモえるふのせんしナんだァ!」

ブォブ、古エルフ語で“熱狂する者”

狂いし光るエルフに育てられたオークの子。

そして最後のひかりのえるふのせんし。


【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
【シルバートロフィーを獲得しました】
15
ニンジャヘッズ。 たまに小説や映画やボードゲームの感想的なモノを書きます。 只今、 #逆噴射小説大賞2019 に絶賛参戦中!

こちらでもピックアップされています

逆噴射プラクティス(小説)
逆噴射プラクティス(小説)
  • 65本

2018年10月に開催された「逆噴射小説大賞」(字数400字の物語冒頭部分で【続き】を読みたくなるパルプ小説作品)投稿作を纏めています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。