『 第1027話 褒め王 / The Praise King 』


さて、美味しさとは何なのでございましょう。

その美味しさに対してこちら側の味蕾のほうがおいしいと感じる方向へ近づいて行ったのでしょうか?

それとも、こちら側の味蕾は変わらずに、その美味しさの方がこちら側の味蕾に対して絶妙な美味しさを提供すべく近づいてきたのでしょうか?

調理というものには、もちろんこちら側から美味しさに対して向かっていこうというその意気込みを味蕾で見事に感じることができます。品種改良も同じです。

しかしながら、例えば天然のお魚さんのお刺身がこちら側の味蕾に対して美味しさで攻め込んでくるはずも無いわけであります。

天然のお魚さんのお刺身にお醤油とワサビだけで美味しいと感じるこちら側の味蕾とはお醤油とワサビのおかげなのでしょうか?

偶然にしてこちら側の味蕾とマッチしたお魚さんが沖の方で偶然にも泳いでいたのでしょうか?甚だ疑問です。

ただ結局のところ、様々なヒレの中から”フグヒレ”が最適であることに落ち着いたことと同じように、あたくしたちが日頃口にする食材とは、すでに選び抜かれてきた精鋭たちであることに違いは無いわけであるからして、心して食したいと感じてしまう今日この頃なのでありましたわ。

           //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

美味しさって言えば・・・。

ちょっとしたおやつ時に美味しいのを食べているとね、ほとんど気持ちは他の事にとらわれちゃってその美味しいの詳細は素通りであることが多いわよね。

ただ、その他の事への意識を遮断させてしまうくらいの圧巻の美味しいのっていうものが確かに存在するっていうわけ。

それでその美味しいのはとある県ではおっきく展開しているようなんだけど本店はT市なんだって。

よく知られているところだと、T駅のE-site内で常時列を作っているあのお店の美味しいのであることが後に判明しちゃうんだけど、ともかく美味しいの。

いわゆるラスクっていうもので、そんなにあたくしは食べたことはなかったんだけど、

ラスクっていっても全体がホワイトチョコに覆われているものがあって、しっとりから始まるラスクっていうこれがそもそも絶妙に美味しいの。

しかしね、あたくしが美味し過ぎてパッケージの詳細を確かめたラスクっていうのは、全体がミルクチョコレートで覆われた一枚であってね、表面には金粉がパラリと蒔かれてあったの。

少し高級感があって、手はショコラって感じになるかもしれないし、ラスクだから食べたらテーブルに溢れることは必至よ。

庭先とかで食べたらきっとよろしいですわね。パッケージには「ソレイユ」ってあったわ。


        ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


最近、町を歩いていると「ひとり、この趣に身を委ね、マンゴーを」と耳にすることが多くなってきたことを告げる、そんな心地よい秋の風を感じるわけでございますわ。

ついさっきまで香っていた木犀はといえば、今度はオレンジの絨毯となって新たなるエントランスへとエスコートしてくれてるようですわ、なんて。

そもそも、「そのマンゴーっていうのは、アルフォンソなの?、ペリカンなの?、でもきっとアルフォンソなのでしょうね」と考えた後にもう一度だけブラインドの明かりを調節しに行ってそれからページをめくる、っていう方もいるでしょう。

それで、このイントネーションの選択においては、「マンボウ」起源説に由来しているということも実際にはあり得るのではなかろうか?、という一部のコアな識者もいるのかもしれませんわね。

また、まさかとは思いますが「かもめの玉子プレミアム」の中身が「マンゴーピューレ」であるっていうことから、実はこちらが起源であると唱える方もいるでしょう。
でもあなた、そもそもとある県には「妙ちくりん」ってお店があるってこと、ご存知ありませんの?

さらに、
 
「でも、私はやっぱり、アップルマンゴーに由来しているのではないかと、最近そう思いますわ。」

「あらまぁ。あのね、アップルマンゴーといったらいわば赤いボクスターよ。いい?ボクスターっていうのは路面に張り付いて走るものなのよ!」

「それだったら、あたしはむしろ白い自転車をイメージするわ!でもでも、やっぱり少し浮いてるって気がするので、浮いているといえばヤシの実だわ!ヤシの実といえば島崎藤村!はい!ヤシの実に由来すると思うわ!」

「うそよ!浮いているのはドラえもんだわ!島崎藤村の代表作は初恋でしょ。初恋といえばリンゴ。だいたいボクスターなんだからスターフルーツに決まってるわ!」

「何言ってんの!スターフルーツの隣はだいたいドラゴンフルーツかパパイヤに決まってるじゃない。そのフルーツは果たして小鹿さんが挨拶してくれそうですか?、っていうか、初恋といったらツレネーゲフよ。」

「小鹿って何ですか?」

「もう!、それはつまりライラックの話。今はその入り江にたどり着いた実が何の実か?っていう話をしてるのよ。」

「栗の実よ!栗に決まりね!間違いないわ!」

「え?ユリの花の話じゃないの?」

「ユリの花の問題は、種別アイスクリームに由来してるってことで既に解明されていますわ。」

「そうよ。でもいま話してるのは、その冠がロレックスに由来しているのではないのかということなの。」

「違うわ。あちらは職人さんの手の形に由来しているんだそうよ。」

「あらぁ。では、その優美な冠は秋の風に揺れる花に由来するっていうことなのかしら?」

「わお、まるで恋する二人が背中合わせで座っているみたいな話ですか?」

「え?背中合わせっていったらそれはジャガー・ルクルトなんじゃない?、ジャガー・ルクルトっていったら、ドクター・ストレンジに決まってるわ!」

「あの〜、話を元に戻していいかしら!今はね、マンゴーのイントネーションの由来の話をしているの。」

「ちょっとみんな待って!夏みかんを忘れてませんか?白い自転車っていえば夏みかんよ!」

「夏みかんってフルーツロールに入っていると爽やかで美味しいわぁ!」

「そして季節はもう秋でしょ、今はシブーストって気分の時期なんだから。」

「シブーストっていったらリンゴよ!はい!リンゴに由来していると思うわ!」

・・・などとお話しするお嬢さんたちもいることでしょう。

しかしながら、今回こういった白熱の話題の中にぜひとも一度加えていただきたいイントネーションが、何を隠そう「シャトー・マルゴー」(フルーツじゃないのよ)なのですわ。

この響きによってとっさに夢うつつとなってしまい、まるで三大フルーツのようなそのトロピカルフルーツをカクテルにしたならいったいどんな感じなのでしょう〜、ってお思いのそこのあなた!

また、この宇宙の放送の旅に欠かせないということであるなら、むしろ若干控えめな価格である第2級の格付けであっても大変に有意義な旅を楽しめそうだわ〜、ってお思いのそこのあなた!

あるいは、結局マンゴスチンが話に全然出てこなかったじゃない!、マンゴスチンは三大フルーツなのよ!、ってお思いのそこのあなた!

もしかしたら、実のところはアボカドのその形に由来しているのかもしれませんのよ!アボカドっていつもよりもことのほか美味しい時ってありませんか?

あらまぁ、普段はお醤油にわさびで召し上がっているのですか?


大変長文になりました。それでは、お風邪などひきませんように、グランクリュのシャブリもほどほどにしましょう。お醤油も少しだけ使いましょう。そして無邪気さを思い出してみたり、また酸蝕歯にならないように気をつけましょう。時には洗濯したての真っ白いシャツを物干しに引っ掛け損なってぬかるみの上に落っことしてしまうかもしれません。それでもきっと大丈夫でしょう。しかし、なるべくならそれを最小限に予防するため、自分の腕の産毛の感度の集中力を鍛えましょう。また発酵食品や食物繊維などを上手に摂取をしましょう。もちろん私たちには皆一様に酵母がついています。まぁ、お腹いっぱいで程よく食べ終わりにして、自宅へ帰ってぬるめの湯船に浸かり、ともかく血管を柔らかくしてお過ごしください。

またお会いしましょう!


※いったいぜんたい何の話をしているのかと、ご興味がおありという方はぜひこちらから手がかりを入手してください。

💖✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨💖
✨ DAWN COLOR CROSSWALK ONE ✨✨
✨✨ https://linkco.re/DYDttd3m ✨✨✨
✨ DAWN COLOR CROSSWALK TWO ✨
✨✨ https://linkco.re/d8etVVCv ✨✨✨
✨ DAWN COLOR CROSSWALK THREE ✨

✨✨ https://linkco.re/ueEmdpEC ✨✨✨✨
💖✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨💖

                 //////////////////////////////////////////////////////////////////////

                       

      「 Episode 1027   The Praise King 」


What is the meaning of "deliciousness"?

Are our taste buds moving in the direction of what we find delicious?

Or have our taste buds remained the same, but moved closer to provide exquisite delicacies from the side of that deliciousness towards our taste buds?

In cooking, of course, you can beautifully feel the enthusiasm of the taste buds to move towards deliciousness from our side.

However, there is no way that a natural fish sashimi, for example, is going to rush at our taste buds with its deliciousness.

Is it because of the soy sauce and horseradish that our taste buds associate with natural fish sashimi?

Is it possible that a fish that happens to match our taste buds happens to be swimming off the coast of the ocean? I'm not sure.

But after all, as it was the best way to serve hot sake with a variety of fish fins, the "fugu fin" was the best choice.
The deliciousness that we eat on a daily basis is made up of the best of the best.
I want to taste it with all my heart.

         /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


When I say deliciousness, I mean...

It's just that when you're having a nice little snack, most of the time your mind is so focused on other things that you don't even notice the details of the deliciousness.

However, there are certain things that are so overwhelmingly delicious that it distracts you from your concentration.

They have a big presence in the prefecture, but the main one is in T-city.

Later on, I found out that they are from that place where there is a line of people waiting in line at the T- train station e-site, but in any case, they are very good.

I had never had any of these so-called rusks before, but

Some of the rusks are covered entirely in white chocolate, and the texture starts off moist and the rusk is exquisitely delicious.

However, the rusk I enjoyed so much that I checked the package details and found it to be a single piece covered entirely in milk chocolate with gold dust sprinkled on the surface.

It's a bit expensive, your hands might look like chocolates, and since it's a rusk, it will inevitably spill on the table.

I'm sure it would be great to eat in the garden or something. The package said "Soleil".

        ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


Lately, as I walk around town, I hear more and more people saying, "Surrender yourself to this atmosphere and take a mango," and I can feel the pleasant autumn breeze that tells me it's becoming more and more common. Speaking of the sweet olive that had been scented just a moment ago, the orange carpet seems to be escorting us to the new entrance.

To begin with, I asked myself, "Is that Alfonso? You're a pelican? But I'm sure it's Alfonso," one might think, and then go to adjust the blinds one more time, and then turn the page.

So, in this choice of intonation, isn't the "mambo" theory of origins the prevailing one? There may be some core pundits who say, "I don't know.

And although you might not think it's possible, you might agree that it's the "mango jam" that's inside the Kamome no Tamago Premium. But did you know that in the first place, there is a Daifuku shop in a certain prefecture called Myouchikurin?


Furthermore,
 
But I still think it comes from the apple mango, these days.

'Oh, dear. The apple mango is a red boxster, so to speak. A boxster is something that sticks to the road and runs!

'Then I'd rather imagine a white bicycle! Still, I still feel a little floaty, so speaking of floaty, palm nuts! This is Shimazaki Toson! Yes, sir! I think it comes from a palm tree!

No! It's Doraemon that's floating around! Touson Shimazaki's masterpiece is First Love. Speaking of first love, it is an apple. Speaking of bokster, it's a starfruit, of course!

What are you talking about? Next to the starfruit is usually a dragonfruit or a papaya. Is that fruit really going to be greeted by a fawn? Speaking of first love, it's Zrenegev.

What's a fawn? It's strangely refreshing.

'That means it's about lilacs. Now the fruit that reached that cove is what fruit? That's what we're talking about.

'What? Aren't you talking about the lilies?

No, no. I'm suggesting that the crown is a Rolex.

No, no. No, sir, the crown comes from the shape of the craftsman's hand.

Oh, dear. So you think the crown comes from a piece of fieldwork?

'Um, let's get back to the point! We're talking about the origin of the intonation of the mango.

'Wait a minute guys! Did you forget about summer oranges? Speaking of white bicycles, summer oranges are the best.

Summer oranges are delicious and refreshing in a fruit roll!

But it's autumn now, so now is the time for chiboust.

'Speaking of chiboust, it's an apple! Yes, sir! I think it comes from the apple!

……,Some of the ladies may discussion this with you.

However, in the midst of all this heated discussion, I would like to add Château Margaux to the list.

The sound of that name makes me daydream, but what would it be like to make a cocktail out of this tropical fruit, one of the three great fruits of the world?

Rather, it could actually originate in the form of an avocado! Do you ever have a time when avocados are extraordinarily tasty than usual? Huh? Do you usually eat it with soy sauce and wasabi?


This is a very long post. So let's not catch a cold or anything, so let's moderate the Grand Cru Chablis. Use a little bit of soy sauce as well. And remember your innocence and be careful not to get acid-etching teeth again. Occasionally, you might fail to catch your freshly washed white shirt on the clothesline and drop it on the muddy ground. You'll probably still be fine. But to prevent that from happening, if at all possible, train yourself to focus on the sensitivity of your arm's laying hairs. Also, consume a good amount of fermented foods and fiber. Of course, we all have yeast on us uniformly. Well, finish your meal in moderation with a full belly and go home and soak in a lukewarm hot tub to soften your veins anyway.


We'll see you soon.


※If you're wondering what on earth we're talking about, please click here to get a clue.

💖✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨💖
✨ DAWN COLOR CROSSWALK ONE ✨✨
✨✨ https://linkco.re/DYDttd3m ✨✨✨
✨ DAWN COLOR CROSSWALK TWO ✨
✨✨ https://linkco.re/d8etVVCv ✨✨✨
✨ DAWN COLOR CROSSWALK THREE ✨

✨✨ https://linkco.re/ueEmdpEC ✨✨✨✨
💖✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨💖

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このplus+では2019年に製作したINSTOCHIKAGAMIRUMENTALの作品、全44曲が付属します。 「まばゆきカワセミたち」576字/ 「何でドラマ論」705字/ 「情念とはなんぞや論」799字/ 「サトウさん」762字/ 「ドラッグ不必要宣言書論」1062字/ 「比較的美味論」957字/ 「木々の日々」610字/ 「The Winter Theory」1685字/

エッセイのようでいて 随筆のようでいて 個人的にはこう呼びたいのだ 明け方一番地Like an essay Like an zuihits…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
なんでやねん❤️!
メロディアスなジェントルマンに憧れるミュージシャン Musicians longing for melodic gentlemen https://tochikagami.com/ https://twitter.com/TETORITERITORI