画像1

第1回 F.O.P JUNE

トチカガミ
00:00 | 00:30

※試聴版。オリジナル版(04:57)は購入後に視聴可能。

さて、それからそれから、あたくしはまるで界王様のような眼差しで、この文明堂の一片をやんわりとミルクティで解き明かしてまいりましょうって思いながら、

実際には、ペンネみたいな言葉を使いお部屋の地図上で世界中をアラビアータしていたわけではございましたが、

それは、あたくしの心のうちの中というよりは、小学生の頃にガラス瓶に入れて持ち歩いていた手芸のビーズ玉はいったいどこで無くしてしまったのでしょうか、

あるいは、あたくしの心のうちの中というよりは、幼少の折ピン留めで止めていたさらさらのストレートヘアはいつの間にちじれるようになったのでしょうか?、

あるいは、あたくしの心のうちの中というよりは、左耳の中の海峡の渦によってあたくしはどの程度のこと船酔いしていたものなのでしょうか、

そういった一見塩っ辛くも見えるザラメ糖の数々は時の魔法細工をあしらい、羅針盤のようなウインドノットとなってその先を指し示し、この現代のこの時間のこのあたくしの心へとダイレクトに響いてきます!

といった感じで、今回はまたぜひともCDやレコードプレーヤーでも聴いてみたくなる、重さのある浮かびそうな作品の一枚です。期間限定でラジオ風にしてお届けしましょう。


『 1st F.O.P JUNE 』

Well, I felt like KAI-OU-SAMA (see "Dragon Ball") trying to figure out the sponge cake in Civillization Hall with a cup of milk tea, but

In fact, I used to fly around the world on the map in my room shouting "arrabbiata" in a language like Penne.

And it's not so much in my mind as it is in my heart, where are those crafty beads I used to carry around in a glass vial when I was in elementary school?

Or maybe it's not so much what's in my mind, but rather when did my straight hair, which I used to pin up when I was a child, start to become frizzy?

Or was it the vortex in my left ear that made me seasick for how long, rather than in my mind?

Many of these seemingly salty zarame sugars have been worked with the magic of time to become a compass-like wind knot that points out beyond and dynamically resonates in my heart in this day and age!

As such, this is one of those heavy floating pieces of work that you'll definitely want to listen to again on a CD or record player. For a limited time, let's bring it to you radio style.

📻
In the audio I say that the soup curry from the convenience store was delicious.
In the second half, I'm saying that the music we have on the air this time is one of the trilogy and the other two are also very nice and I would love to share them with you when I get a chance.
That is, throughout this trilogy, the mood of the story all became relatively harmonious as the storm subsided.
And as we stood there, the story emerged in a mirage.
It can also be interpreted this way. Let's get it on the air another time.

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)
この記事が含まれているマガジンを購入する
このplus+では2019年に製作したINSTOCHIKAGAMIRUMENTALの作品、全44曲が付属します。 「まばゆきカワセミたち」576字/ 「何でドラマ論」705字/ 「情念とはなんぞや論」799字/ 「サトウさん」762字/ 「ドラッグ不必要宣言書論」1062字/ 「比較的美味論」957字/ 「木々の日々」610字/ 「The Winter Theory」1685字/

エッセイのようでいて 随筆のようでいて 個人的にはこう呼びたいのだ 明け方一番地Like an essay Like an zuihits…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ホントなのォ?嬉しい!
メロディアスなジェントルマンに憧れるミュージシャン Musicians longing for melodic gentlemen https://tochikagami.com/ https://twitter.com/TETORITERITORI