スクリーンショット_2020-02-16_16

toasterとは?


チームで生まれている「もったいない」

皆さん、チームや組織で働いているときにこんなご経験ありませんか?

1 業務の属人化で標準化されていない
2 情報がどこに何があるのか わからない
3 紙やファイルに情報が分散
4 情報が更新されているかどうか わからない
5 誰に聞いていいのか わからない
6 チャットツールの情報が追いきれない

スクリーンショット 2020-02-16 15.53.22

毎日のように情報が更新され、経験も知見も増えていく一方でその情報がバラバラになっていたり、先進的なITツールやドキュメント管理ツールを導入していても、書き方やテンプレートがバラバラで「誰の何のためのものなのか」理解するのが困難だったり・・・。

結局のところ、個々人で蓄積されたノウハウや技術は属人化が進み、その人にとってはベストパフォーマンスを生み出す経験や知見が、チームの最大化につながる情報資産につながっていなかったり。

とっても、もったいないですよね?

スクリーンショット 2020-02-16 15.53.54

従来の情報共有は、誰か発信したい人が情報をまとめて、一方通行で配信したり共有すことが殆どでした。端的に言うと「伝える」「配る」ことがゴールでした。

でも、伝えることをゴールにしてしまうと、受け取った仲間がそれを見たとき、読んだとき、本当に理解しているか、明日からの業務に役立つか、知識化につながるかといえば、ちょっと別だったりしますよね。伝えることよりも、実は伝わったのかが大事だと思うのです。

あなたのチームでは、誰かが作った情報が置きっぱなしになっていませんか?

「知識や経験、スキルを自らシェアしあい学びあう」

toasterでは、ナレッジシェアを根本から考えました。

ナレッジを作成してくれる仲間って、ナレッジを共有してくれる仲間って最高だよね!と。そして気づいたんです。業務マニュアルとか手順書とかガイダンスとか当たり前のように業務に存在するものですが、「マニュアル作成課」とか「ガイドライン制作グループ」と名称のついた専門部署や部門って見たことがないということに。

でも、あなたのチームや組織、会社には必ず何かしらのナレッジがどんな形ですらまとまっていますよね? それは誰が作ったのでしょうか。

そう、あなたの目の前の同僚かもしれませんし、かわいい後輩かもしれません、もしかすると毎日頑張ってくれるインターンの彼や彼女のおかげかもしれません。いやいや、いつも難しい顔をしているマネージャーが作って、共有してくれたものかもしれませんよね。

つまり、ナレッジシェアは誰か特定の人が作って一方的に配信・共有されるものではないということです。そう、チームや組織で働くひとりひとり、あなたの経験や知識こそがナレッジそのもので、それはもしかすると他の部門はもとより、お隣に座っている人にも持っていない尊いものかもしれません。

スクリーンショット 2020-02-16 15.54.01

toasterでは、「チームメンバーがそれぞれ持つ知識や経験、スキルを自らシェアしあい学びあうことによって組織力を強化する」ことをコンセプトに、サービスを設計しました。また情報共有だけにとどまらず、情報をチームやひとりひとりが活用・運用することで理解や定着につながる次世代型のナレッジシェアを実現します。

かんたんと平準化にこだわりました

スクリーンショット 2020-02-16 15.56.12

従来のWikiやドキュメント作成ツールと大きく異るのはフォーマット、お作法です。「だれでもかんたんにナレッジを作れる」ことと同時に「だれでもそのナレッジがわかる」を担保しなければ意味がありません。

toasterは、ナレッジをワークフロー形式で作成できることが特徴です。レゴブロックやガンダムのプラモデルを組み立てるように、ステップの1、ステップの2、3、4...と順番に読み進めていくことで、テンポよくそのナレッジの理解促進や定着を実現します。

レシピ編集画面(ステップ)

またナレッジを作成する立場にとっても、いきなり濃密な説明文や画像などの補足情報を用意するのは難しいし、時間もかかりますよね。そのため、ステップのタイトルを入力するだけでワークフローを作成し、全体の構成を先に作ってしまうことができます。

ホーム画面

作成した情報はボタンひとつでチームにオープンなナレッジとして共有できますよ。かんたんですね!

はじめにガイド

また、それぞれのナレッジには「はじめにガイド」が用意されているので、「誰の」「何のための」ドキュメントか、読む前に理解を促すことができます。

コメント機能

共有されたナレッジはチームの仲間から「質問」や「フィードバック」「感想」などのコメントをもらうことができます。コメントをもとに、さらにドキュメントを改訂・改善していくことで、さらに活用度の高いアップデートされた最新のナレッジとして利用されます。

toasterでは、チームのナレッジをみんなで「育て続ける」ことができます。

あらゆるところに仲間のナレッジが存在する

スクリーンショット 2020-02-16 15.58.57

toasterなら、営業・マーケティング・カスタマーサポート・人事・労務・総務・経理・財務・法務・広報・IR・経営企画・商品企画・生産管理・調達・製造・購買・情報システム・品質保証・社長室・秘書室などの部門毎の手順書やお作法、テクニック、ガイダンス、マニュアル、取扱説明書はもちろん、店舗の運用や機器の利用方法などなど、あらゆるナレッジをまとめることができます。

グループ機能(拡大)

グループ毎にナレッジを整理できるので、どこに何があるのか迷う心配はありません。もちろん検索機能もありますよ。

toasterのグループに2種類あり、チームの誰もが見ることができるパブリックなグループと任意のメンバーしか見ることができないプライベートなグループを設定することができます。チームの方針やセキュリティ運用に応じて使いわけできる点も嬉しいですよね。

あなたの知識と経験をチームのみんなが待ってる

toasterについてコンセプトを中心にご紹介いたしました。

toasterは、メールアドレスをご登録いただくだけで、すぐにご利用いただける無料プランをご用意しています。もちろん初期費用や導入費用といったコストを払う必要もありません。

たくさん使ってもらって、toasterがあなたのチームのお役にたてると思っていただけたなら、とても嬉しいです。

toasterはクラウドサービスです。どんどん機能も追加されていきますし、どんどん改善されていきますし、皆さんと同じように成長していくんです。今日使ったtoasterが来週、来月にはもっと違う形になるかもしれません。

チームのひとりひとりがもっと笑顔で、もっといきいきと活躍できるように。わたしたちはチームが直面する課題解決に貢献できるよう、これからもtoasterが皆さんにとって楽しいツールになるよう開発続けていきます。

これからも toasterの成長を見守ってください。
どうぞよろしくお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
チームのナレッジ共有ワークフローツール「toaster」の開発・運営や広報・PRコンサルティング「PR Studio」の運営を行っているマイクロスタートアップです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。