トーア

謎の人、トーアさんの私小説。信じても信じなくても、全てフィクションということにしてもらえると助かります。当然、noteの内容についての質問は一切受け付けません。

case01-22 :幸福

「そ、そんなこと言われても事情が分かりませんし関係のしようがないですよ!」 今井が俺が肩に置いた手を、身をよじるように振りほどき声をあげる。 「狩尾さん、今井さ…