トーア

謎の人、トーアさんの私小説。信じても信じなくても、全てフィクションということにしてもらえると助かります。当然、noteの内容についての質問は一切受け付けません。

case01-05: 過去

最初から感じる妙な明るさ、そして具体的に貸付を始めてからも手慣れた質疑の様子。違和感を感じるには充分だった。 「あんた、こういう貸し借りの経験があんの?」 「あ…

case01-04: 懸念

「わーひろーい!」 後ろの素っ頓狂な声を無視して薄暗いカラオケボックスのドアを開ける。手早く光量をMAXにし、流行りの曲のBGMをOFFにする。 恐らく6人程度で使う想…

case01-03: 彷徨

大井町にデニーズがあるだなんて… やるじゃないか、大井町。 「では、そのデニーズに行きましょう」 自然に先導を促す。平静は装えたはずだ。俺は甘いものには目が…

case01-02: 出会

2日後の金曜日、JR大井町駅での待ち合わせとなった。 大井町というところは不思議な街だ。 東側には昔ながらの昭和のにおいのする繁華街が広がり、西側には洒落た店が点…