見出し画像

透明のウイルスタイプ論の入門

何人かの学のある読者の方は気づいていましたが、透明のウイルスは二重構造になっています。簡単にいうと、難しい内容が簡単になるよう親しみやすいメタファーを被せてあるわけです。

じゃあ実際に解読しながら、お手本を見せます。

ライン1深層:概念的な用語や理論
ライン2表層:しゃべり言葉、カジュアル表現、換言、メタファー


まずはこの記事から。

ライン2表層:
"ドローンを天高く飛ばして中に積んだ生卵を太陽光でゆで卵にしよう、とか思い立ってドローンを買った翌週には、袋ラーメン100個を同時にゆでられる方法を編み出そうとしている人たち、それがENTPです。"

ライン1深層:
倫理的快楽主義者


よし、次いこう。

ライン2表層:
"無政府状態における哲学的実践主義者"

ライン1深層:
アナーキズムを前提としたプラグマティストであること。


よし、次の記事はこれ。

ライン2表層:
神であるためには、少なくとも現人類の中で最高、過去の人類の中で最高でなくてはならないでしょう。

ライン1深層:
一神教のこと。


さていかがでしたでしょうか。真似る人多いですがそれ自体は良いんです。つまり、僕の文体は膨大な研究と訓練のたまものであるわけだから、文体自体をまねて書くのはいいと思うんです。だけど。ライン2→ライン2で真似ると、粗悪品になるんですよ。ライン1が分からないまま読めば、浅いことを浅くやり直しただけになる。それはつまり、"おっぱいがおおきいね"ということを、"おー、おっぱいがおおきい"、と言い換えているレベルだからです。おっぱいが大きいことがなんであるか熟慮したうえで、"そのシルエットは、私にとってはふたつの太陽にも等しかった"、とか組み替えられないと、浅いことを浅いままやるはめになる。なぜ、分かりやすくライン1だけを記述しないのかって?そういう書き方はフランスでは幼稚と言われるんですよ。単純明快すぎると、高得点がもらえないんです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート楽しみに待ってます!

Merci!
3
学ぶことは、自由に生きるためには必要だ!ヨーロッパの学生、ENTJ/ISTP、IQ136、バイリンガル、プラグマティスト。16分析カレッジ4月開校→https://www.theodorex.org ラジオ→https://radiotalk.jp/program/27374
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。