見出し画像

星柄のマントの解説

今月一番読まれている、TiL探査船の作品の解説をたまにはやって行きましょう。

その作品はこちら。本文は以下からどうぞ。

"星柄のマント"は、冬はとても寒いアメリカ中西部をイメージの舞台として作っています。ちなみに、この設定は家畜の深海魚にも持ち越していて、旧ミックの転生先が家畜の深海魚の未来ミックです。まあ、本当に寒いけれど、だからこそ慕わしい故郷であるのが、あのらへん。あ、星柄のマントの登場人物は、ミックとジャックです。


詩ですから決まった解釈はないですが、構造の解説を目安にやって行きましょう。


この続きをみるには

この続き: 1,917文字

星柄のマントの解説

Oliver Arata Takahashi / 透明のウイルス

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート楽しみに待ってます!

Merci!
1
スピリチュアルリーダー&サイコアナリスト。ENTJ/ISTP、IQ136、バイリンガル、16分析の開発者。フランス-オランダ-中国への留学を経て目覚めた霊性と宇宙の真理について伝えます。”透明のアンテド” → https://www.theodorex.org/

こちらでもピックアップされています

オリの日記
オリの日記
  • 66本

日記とか、個人的な話のマガジンです

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。