見出し画像

紙の本は情報との出会いをくれる

Tatsuya Matoba


「本は出会い」という言葉を聞いた

妻と一緒に、無印良品銀座店の本屋に行きました。そこで本を眺めていたところ、いつもは見つけることがない本を見つけました。

無印良品では、本の陳列がよくある本屋の様に、ジャンルで別れているわけではありませんでした。テーマを決めて、それに対する本を集められていました。それが印象的に感じました。そして、その様に並べられているから本に出会うことになったのでしょう。

私はある本を買うか迷っていました。そこで妻の「本は出会いだから買ったら?」という言葉を聞いて購入することに決めました。

本がたくさんある世の中なので

私が本を買うかどうかで迷った理由は、本は既に家にたくさんあったからでした。そして、無印良品には本を買うために行ったわけではありませんでした。本を買うために来たわけではないのに、衝動的に本を買っていいのかどうか、が気になったので私は本を買うのを躊躇っていました。

ここで本を買わなくても自分が読む本はたくさんある様に思っていたのです。

本にはたくさんの情報が書いてある

本にはたくさんの情報が書いてあります。しかし、自分が興味のある情報の書いてある本に出会わなければ、その情報に触れることはできません。

本と出会わなければ、情報を得られないということを考えると確かに「本は出会い」というのはわかるよなあ、と思いました。

ちなみに今回、私が見つけた本はこちらの本です。

本は大切な情報をくれる

本との出会いの話を思い出すと、本は普段自分が触れることが少ない情報に触れさせてくれる気がします。

読書の歴史という本は、Amazonを探索していたり、自分が友人や同僚から勧められることはない本だと思います。でも、こういうふうになかなか出会うことがない本ではあるものの、なんとなく興味がある本を読むのは人生を豊かにしてくれる様に思います。

以前、同じ様に出会った本で面白かったものとして次の様なものがあります。

どんな本を読むか

自分が仕事をしていたり、普段関わっている分野で名著と呼ばれる本はあります。古典と呼ばれる本もあります。それらの本を読むのはいいと思います。

ただ、それだけではなくて、自分が普段関わっている分野から少しだけ離れつつ、自分が興味を持った本を読むというのは大切なことの様に思います。

そして、自分が興味を持った本を読むために、物理的な紙の本は大切だと思います。

情報が多すぎる時代だとしても本は大切

インターネットが当たり前になって、noteの様に誰もが情報を発信できるプラットフォームもできても紙の本は大切だと思っています。

なぜ紙の本が大切かというと、本は知識の境界を超えやすいからです。

本はそのうちなくなるかも

私は趣味で同人誌を書いたり、ブログを書いたりします。その経験や周囲の人の話を聞いていると、これからの時代で、少しずつ本が少なくなっていく様に思います。

でも、本という文化は丁寧に残していきたいなあ、と思っていたりします。