Tom Waits
見出し画像

Tom Waits

ガルシア

おとこの美学#02
「格好いい」について真剣に考える

前回はこの三つについて書きました。

・格好つけるとは自分に合っていることを追求すること

・格好いいとはその人らしい、または「似合う」という意味として定義付けした

・女性から見たいいおとこ、いわゆるモテるおとこ像と格好いいおとこを区別して考える


ここからもそれを念頭においたうえで書き進めていく。


今回は格好いいおとこ達の中から1人にスポットライトを当てることにした。

シンガーソングライターで俳優の酔いどれ詩人ことTom  Waitsという人物だ。

ここでは彼の経歴やら何やらの説明は省く

ただこの1本の映像の中に美学が詰まっている

和訳がついているので歌詞にも注目したい。


Tom Waitsは歌に入る前のMCでよく気の利いたジョークでお客さんの笑いをとっている。

インタビューでは本当なのか嘘なのかわからないようなことを適当にこたえて煙に巻いたりすることが多い。

この映像では歌い始める前にたばこを吸っている。

やる気あんのかい?

と思われてもおかしくはないが

歌い始めると真剣そのものだ。

この真剣さが格好いい。

僕は思う

普段いい加減な奴が真剣な表情を見せる瞬間

これシビれるなっ

この歌ではジョークでもなんでもない真実を語っている。

ここに1つ美学を感じるね。


ファッションについて思うこと


シャツを腕の力こぶの辺りまでまくっているところが50年代アメリカにタイムスリップしたような古臭い、またはワイルドな不良っぽさを感じるが

ネクタイを締めているところから紳士な面も垣間見れる。

まさに彼の性格が服装にも出てるというか

それが似合っているから本当に格好いい。


それから僕は去り際にも注目した

あれだけ歌に入り込んでいたのにも関わらず
この歌のしみったれた余韻を残そうともせずに立ち去ろうとするところ

上着をはおらずに担ぐように後ろにまわしてさっさとステージを降りようとしているところ

この後腐れのない感じが格好いい。

終わりに
もしここまで読んでくれた方がいましたら本当にありがとうございます。
数少ないあなたのことです。

フォローと好きとコメントお願いします!!

ってなかんじでyoutubeみたいな終わり方にしたら見てくれる人増えるかな。








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あなたに幸あれ♪
ガルシア
のんびり生活している30代です。 野菜を育てたり、ギターを弾くのが趣味です。 日常の出来事を元にしたエッセイや日記を中心に書いています。 創作や日常のこと、応援し合ってホッとする noteがそんな「居場所」になったらいいなと思います。