見出し画像

さよならOsmo Pocket、大好きだったよOsmo Pocket(水没対策に追加保証へ入ろう)

noteでマガジンを作るくらい大好きだったOsmo Pocket。別れは突然やってきました。
まさかの水没事故。Osmo Pocketを買う方は、ちゃんと追加保証に入りましょう。

Osmo Pocketくんの追悼と、自分への戒めにこの記事を贈ります。。

別れは突然、まさかの水没事故

それは突然でした。
子供を公園に連れて行こうと用意した時。Osmo Pocketを入れたカバンから水が滴っていました。

水筒から水漏れ事故。そう、Osmoくんが水没しました。

でもね、この時は軽く思っていたんです。「はぁ、少し修理代取られるのかな」って。

え、買い直しと変わらないやん

早速DJIのサポートに連絡。本体を発送し、着くやいなやすぐに回答がありました。

有償対応水没修理不可の為、OSMOPOCKET本体をリフレッシュ品との交換販売で15%割引対応となります。

え?

ええ?

Osmo Pocketユニット(ハンドル/ジンバル含む)
金額: 42,300

Lightning 変換ポート
金額: 1,620

送料
1,500

小計金額(税込み)
45,420

割引
- 6,588

消費税(8%)
2,876

合計金額(税込み、割引済み)
38,832

いや、買い直しと殆ど変わらないやん!

悪いのは僕です

ちゃんと断っておきますが、悪いのは僕です。
DJIはこんな時に備えて、追加保証「Osmo Shield」を用意してくれています。

これにちゃんと加入していれば、無償で修理ができたのです。

悪いのは水没修理不可を確認せず、保証の存在も知らなかった僕自身です。


ただ、


ただ、


大好きなOsmo Pocketくんとの別れは悲しいのです😭

なぜ買い直さないのか

大好きならば、ほぼ同じ値段だろうと買い直せば良いと思います。
そうしないのは、もちろん理由があります。

Osmo Pocketくんは大好きですが、苦しんだポイントもありました。

・画角が狭い
・物理ジンバルの故障を気にして、意外と小回り効かない

大きいのはこの2つです。地味にツラいポイントです。

買ったからにはこれも含めて愛そうと思いました。
でも、またほぼ同じ値段を払って、苦しみを許容するのか...?

正直、悩んでしまいました。
この半年、それだけの価値を発揮できたのか?
家庭内決裁は通せるのか。
新製品「Osmo Action」も発売したぞ?(え

保証に入りましょう

Osmo Pocketを買い直すかはもう少し考えたいです。
仮に買い直すなら、追加保証に加入するために新品を買います。
残念ながら、リフレッシュ品では加入はできません。

いずれにしろ僕が言えるのは、

これからOsmo Pocketを買う人は、必ず「Osmo Shield」に加入しろ

この一言に尽きます。
絶対だぞ!


時を戻せるのなら、せめて新しいタイムラプスを試したかった。。
はぁ(´;ω;`)

Osmo Pocketマガジン

活用記事を掲載中!ぜひご覧ください〜!