見出し画像

【全文無料】この定期購読マガジンと、この活動に込めた想いについて

この記事では、定期購読マガジン「松井のライブ配信ノウハウMagazine」と、この活動に込めた思いについてご紹介します。

マガジン購読をご検討いただいている方や、私の活動に興味をお持ちの方に、ぜひご一読いただければ幸いです。

※この記事は全文を公開範囲に設定しているため、未購読の方もお読みいただけます

マガジンの概要

このマガジンは、私が日々ライブ配信する中で得たノウハウを皆さんと共有する、配信ノウハウマガジンです。配信ノウハウを中心に、関連する機材やサービスなども紹介をしていきます。 

このマガジンには大きく3つの特徴があります。それぞれについて、説明をしていきます。

1.毎日更新
2.小さな学びの紹介
3.無償マガジンへの流用

1.毎日更新

原則として、このマガジンは毎日更新を行います。一つ一つは小さなノウハウでも、毎日の発信によりトータルでは中身の濃いマガジンになっています。

例外として、無償公開のマガジンに記事を掲載した日は、こちらのマガジンを更新しないことがあります。そのため、併せてフォローいただくことをオススメ致します!

2.小さな学びの紹介

このマガジンで紹介するのは、一つの整理された大きなノウハウというよりも、日々の小さな学びの連続となります。

今までnoteやYouTubeを通じて分かりやすく整理したコンテンツを発信してきました。しかし、これはアウトプットまでに時間がかかり、こぼれ落ちるノウハウが山ほどありました。

そんな一つずつは小さなノウハウでも、大事な日々の学びをこのマガジンでシェアしていきます。連続するノウハウが、ぜひ皆さんの参考になれば嬉しく思います!

3.無償マガジンへの流用

日々の学びが積み重なった結果、一つのまとまったノウハウになることもあります。その時は整理したノウハウとして、改めて無償のnote・YouTubeの動画を公開することがあります。

これは、この活動自体が「誰でも配信できる世界」を目指した活動の一環だからです。この想いについては、次項で紹介をさせていただきます。

「誰でも配信できる世界」を目指して

私は「誰でも配信できる世界」を目指して、副業としてライブ配信をサポートする活動を行っています。まだ配信が広がる前の2019年、当時は様々なイベントが都心に集中し、地域との情報格差がある状況でした。ライブ配信はこの格差を無くすことができるツールでした。

2020年に世界の状況は一変し、ライブ配信は急速に広まりました。誰もが配信をしようとする世界となり、私の掲げたミッションは達成できたかのようにも思えました。

しかし、実際には安定配信ができないことに悩む人は多く、理想とする世界には程遠い状況でした。より安定・高品質な配信を誰もができるようになるには、依然としてハードルが高いままだったのです。

これに気がついたことが、改めてノウハウ発信への注力に繋がりました。

マガジンが有償購読の理由

「誰でも配信できる世界」を目指す上で、オープンなノウハウ発信は非常に大事な活動です。ありがたいことに、私のノウハウがライブ配信の役に立ったという声をいただいたこともあります。今後も、note・YouTubeでの無償のオープンな発信は、より一層力を入れていく活動です。

ただし、その為には発信の時間作りが大きな課題でした。この活動は副業のため、定期的にまとまった時間を作ることが難しかったのです。発信が滞ることもあり、この改善は喫緊の課題でした。

更に、発信できないままのノウハウが増えていることも改善をしたい悩みでした。分かりやすいコンテンツ作りには時間がかかり、この間の細かな学びは発信できないまま。これはあまりにも勿体のない状況でした。

この状況を改善する為、更に週20%の時間を発信活動に割くこととしました。これにより一層分かりやすいノウハウを定期発信し、またこぼれ落ちていたノウハウはこのマガジンで発信していきたいと思います。

マガジンを有償購読にしたのは、本業の勤務時間・給与を20%減らすことで時間を捻出しているためです。活動を継続していくには、何かしらの形でこれをカバーする必要があり、定期購読マガジンにチャレンジしてみることを決めました。

このマガジンをオススメしたい方

有償化により、このマガジンのノウハウは一時的にクローズドな情報となります。ただし、ノウハウがまとまったものについては、分かりやすい形に整理して無償のnote・YouTubeで発信していく予定です。

つまりこのマガジンは、ノウハウを整理していく過程を先行公開をしていく内容となります。そのため、これまでの無償公開のノウハウよりも荒く、分かりにくい点もあるはずです。

その点で、このマガジンをオススメしたい方は大きく2種類の方を想定しています。

1.いち早くノウハウを知りたい方
普段の私の発信を見ていて、より早く様々なノウハウに触れたいと感じた。または、私の活動に共感して、応援したいと感じて下さった方です。

2.活動をサポートしてくださる方
普段の私の発信を見ていて、私の活動に共感した、または応援したいと感じて下さった方です。

もちろんこれ以外の方や、特定の記事を見るために一時的に購読いただくのも大歓迎です。初月無料にしていますので、お気軽に購読いただきたいと思います!

この続きをみるには

この続き: 0文字

購入済みの方はログイン