転職活動を振り返る(人事)

やっと、、、自分の転職を振り返るnoteが書けました。。
取り掛かりの遅さに反省です( ;∀;)

2019年11月より転職活動を始めて、2020年5月より新天地へ行きます。
今日はそんな僕の
「なぜ転職を決断したのか?」
をのんびり書いていきます。

◎なぜ書くのか?
・自分の志を忘れないこと(自分の振り返りのため)
 ⇒これがメインかも。
・同じように悩める人事の方の後押しになれば

といった想いを込めて書いています。
人事じゃなくても、キャリアに悩む同世代の方々にも届いたら嬉しいです!

◎結論

話が散乱しそうなので、まず結論から書きます。
今回の転職で 商社(人事)⇒ソフトウェアメーカー(人事)となります。
やる仕事は同じで新卒採用領域。
やることは同じなのに、なんで会社を変える必要があったのか?

理由は「転職先のビジョンに共感し、人事という側面から携わって、
そのビジョンを社会に浸透させていきたい」から。

現職に不満はないです。。
野球バカをここまで育ててもらったし、
最高の上司、同期、先輩、後輩にも恵まれました。

でも自分の中で「モヤモヤ」するものがあり、行動に移しました。

◎転職を考えるきっかけ

きっかけは若手社員でもよくある理由です。

「このままで良いのかな・・・?成長しているのかな?」という不安。

何だか「くすぶっている」自分がいました。

これを感じたのが2018年の夏。
しかし実家都合で2019年年明けまでは、毎週末は田舎に帰って、
両親のサポートがあり、そっちに全力投球してました。
そして2019年春頃、心が動く出来事がありました。

転職先の社長が出版している本に出会いました。

「うわ、すごいな。めっちゃ共感する」

普段自分が疑問に感じていることと重なりました。

しかし、いきなり飛びつくことはしないようにしました。
「まずは足元、周囲から変えてみよう」と思いました。

それから夏終わり頃まで約半年ほど、
現職の仕事に汗を流しながら過ごしていました。

◎転職へ踏み切る転機

現職に励む中で、OBの方とお会いしました。その方は元人事常務。
大学4年生だった私に「人事、やらないか?」と声をかけてくれた方。
地元が同じだったこともあり、本当に可愛がってくれました。
人柄・仕事の進め方等、全てが憧れでした。
その方が現役時から何度も言われていた言葉を思い出しました。

「人事の仕事は、会社の方向性を見極めながら考えること」

最近多くの手法や理論があるHR界隈ですが、
結局は「事業拡大すること」に人事としても貢献することが大事だということ。

その言葉を思い出した後、自分の中のモヤモヤに気付きました。

「自分の仕事やミッションの更に大きな目的に共感できていない」

日々抱えていたも悩みも、根源はここにあることにも気が付きました。

「これって自分だけではどうにもできないよな・・・転職?」
と踏み切ることにしました。

◎仕事への責任感

転職が決まった今、このきっかけを色んな方に説明しています。
「理想論過ぎない?」「採用担当が辞める?責任感ないの?」という意見も。
転職時ってこの「責任感問題」あるあるですよね。

確かに採用担当が抜けたら、
自分が採用してきた後輩たちにショックを与えます。
「かねたく失恋会」という飲み会が4月末に開かれることも決定しました。
(ネーミングセンス・・・w)

でも僕はこの責任感よりも、違う責任感を選びました。
それは採用担当者としての一番の役割=「仲間作り」です。

「その人の人生の中で、大切な分岐点に立つ存在である」
これは採用担当として大事にしています。

その立場の者がその会社(チーム)の方向性に疑問を持ち、
共感もできていないまま、仲間集めができるか?
僕にはできません。

これから旅に出るぞ!という中で、
「この旅の目的はよくわからないけど、一緒に仲間になろうよ。メンバーはいい人だし、報酬も良いんだよ!」みたいな感覚です。
極端な例ですが、全く責任感ないし、ドラマも何も起こせない。

どんなストーリーにもビジョンがあって、
それに共感しているから、
ドラマが起き、共感が生まれ、新たな仲間が加わっていくのだと思います。

桃太郎が「鬼を倒す!」という明確なビジョンを持っていなければ、
どんな報酬があっても、誰も付いてこなかったのだと思います。
大ヒットしているアニメ例えば「鬼滅の刃」「進撃の巨人」でも
主人公に強いビジョンがあるから、
仲間が集まりドラマが起きています。

だから僕は、目先の責任感よりも、
もっと大きな意味での責任感を選びました。

◎新天地が決まるまで

上記の通りカッコいいことを思いながら、
転職活動を始めましたが、大変でした(笑)

参考までに書類提出~内定までの数値実績を書いておきます。
・書類提出⇒10社(通過6社)
・最終面接⇒4社(内定3社)
転職活動方法は、後日書きます!

転職活動の軸は
「ビジョンに共感できるかどうか」
他にもいくつか視点はありましたが、ビジョンを一番大事にしました。

「成長したい」という漠然としたものではなく、
ビジョンに共感し、それを広げる行動をし続けていれば、
成長は勝手に付いてくると。

そして第一志望は、冒頭から記載している転職先。
2019年冬に読んだ本を読み返すと、
共感が増大し、そこだけ受けるのでもいいくらいでした(笑)

じゃあなぜ、複数受けたのか。チャンスだと思ったからです。
どれくらいの企業がビジョンを大切にしているのか、
どのように人を採り、チームを作るのか聞きたかったからです。
聞いてみたかったからです。

実際聞いてみると、色んな企業様がいました。
・反応① ビジョン?なんだっけ(笑)
・反応② ビジョンは認識しているけど・・・
・反応③ もちろん認識しているし、そのためにこんな事業を行い、
     今後はこうしていく予定だよ
新天地は③でした。むしろ聞く前から教えてくれました。
オフィス作りとかメディアでの発信内容等も圧倒されました。
(本当に入っていいんですか・・・って内定ブルーになる時もあります笑)

なので、内定もらった時は迷わず決めました。
この道を自分で正解にしていくのだと、覚悟を決めました。

◎退職交渉

上司に言い出すとき、ぶっ飛ばされるんじゃないかと思いました(笑)
でも部内、外の人達は特に咎めるでもなく
・おめでとう!
・退職しても関係性変わらないから!
・転職先から色々学びたいから、勉強させてね!
・出戻り制度作ってやる!
といった言葉を数多くいただきました。

特に上司からは
「息子同然だからな。。何か悩んだらいつでも言いに来い。何も無ければ来なくていい。大したアドバイスはできないけど、応援するから」
とエールまでくれて、、、。

きっと最終日はボロ泣きなんだろうな。。。
※毎年新人研修最終日は、ボロ泣きするほど涙腺ユルユルです。

転職先での活躍は、現職の方々にも届けられるはず。
必ず恩返しをしてみせます。
その前に残りの1ヶ月。全力で残せるものをやっていきます!

◎最後に

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
読みづらい部分もあったと思いますが、ご容赦ください。

色んな方々が転職のことを発信されており、
年収〇〇%UP!とかすごいな~って感じですけど、
多分僕の感覚はまた違うものですね。

以前モチベーション革命という本を読みました。
モチベーションには
・達成
・快楽
・人間関係
・意味合い
・没頭
の5つの区分でなっているそうです。僕は完全に意味合いで動くタイプ。
色んな方がキャリアに悩むのだろうけど、
・自分のエンジンがどこなのか
・今の環境でそこに火がつくのか
これは見極めた方がいい気がしています。
何年いなきゃとか、恩があるから、とかではなく、自分のための人生を生きた方がいい。

成長したいと思ったところから、
・転職先との出会い
・恩師の言葉
偶然が重なった結果の転職です。
キャリアは8割の偶然から成っていると聞きますが、まさにそう。

僕のように「なんとなく成長したいけど、そのままでいる方」
って結構多いように思います。
結局会社は自分の人生を充実させるための手段に過ぎません。
だからどこで頑張るのも正解ですが、ダラダラとしては時間は足りないのだとおもいました。
偉そうなこと言いましたが、自分もこれから先、結果が出せなければ、
口だけ野郎になるので、必死に食らいつきます。
そして転職先のビジョンに貢献していく。その覚悟です。

5月1日から頑張ります!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2